【完全版】憧れのGRAFF(グラフ)婚約指輪(エンゲージメントリング)♡気になるお値段や魅力を一挙ご紹介** - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース - Page 5

【完全版】憧れのGRAFF(グラフ)婚約指輪(エンゲージメントリング)♡気になるお値段や魅力を一挙ご紹介**

313クリップ

views

英国発のジュエラーGRAFF(グラフ)は、世界でも類を見ない極上のダイヤモンドを採掘からカッティングまで一貫して行うダイヤモンドジュエリー専門ブランド!その名に相応しく扱うダイヤモンドはどれも一級品で見る人の目を奪います!本日はそんなGRAFF(グラフ)で人気を集める婚約指輪&結婚指輪をご紹介しますので是非ご覧あれ**

コピーしました

▶ ECでも特別なリングの制作が可能!

GRAFF(グラフ)のこだわりや強み

グラフの婚約指輪の特徴

半世紀以上にわたりグラフは、大粒、極上、希少なダイヤモンドの代名詞となっています。グラフファミリーはダイヤモンドジュエリー制作の全ての工程においてクオリティーコントロールを徹底してきました。創業以来扱うすべての貴石を厳選し、極上のダイヤモンドジュエリーをクリエイトする豊富な専門知識と数多くの経験を積み重ねてきました。どの工程においても常に最善を尽くし近道を歩むことはありません。完璧かつ極上のダイヤモンドジュエリーをクリエイトすることこそが我々のゴールなのです。

原石の調達

極上のダイヤモンド原石を発見するには地中の奥深くまで探索することが必要となり、その宝物探しは非常に困難を極め通常の想像を遥かに絶するものだと言われています。日々グラフのジェモロジストたちは、これまで発見された極上のダイヤモンドと同等、もしくはそれ以上のものを発見しようと努めています。数百万年前のダイヤモンドを扱うことも多いグラフでは、扱う全てのダイヤモンドに責任をもって取り組んでいます。

ダイアモンドの分析

原石の状態のダイヤモンドは、まだその美しさが内側に隠されています。それはネックレスなどのジュエリーの一部となるかもしれませんし、大粒のソリテールリングになるかもしれません。グラフの宝石鑑定士は時として何ヶ月もかけてその可能性を探ります。ダイヤモンドの運命が決まるのは、グラフの宝石鑑定士がその原石にとって最も適した道を発見した時となります。

完璧を一途に追求するカット&ポリッシュ

グラフでカットとポリッシュを専任とする職人には、高度な精密さと忍耐力が必要とされます。世界で最も美しい宝石の隠された輝きを原石から解き放つことができるのは、まさにそういったグラフの匠の職人技と彼らのビジョンによるものです。無限の情熱と丁寧な手仕事を以って、グラフの職人たちは一つひとつの原石に生命を吹き込みその卓越した美しさを引き出します。

時を超えた美を創造するデザイン

グラフは独自のルートにより世界で最も素晴らしいダイヤモンドを入手することでデザインのアトリエに唯一無二、かつ極上のジュエリーを創り出す特別な機会を生み出しています。トレンドやファッションの流行を超え、グラフのジュエリーは一見シンプルでありながら完璧なバランスとプロポーションを備え、魅惑的でフェミニンなパワーを宿しています。

受け継がれる匠の職人技

グラフのマスタークラフツマンになるプロセスは秘伝書を託されたことにも似ています。他のどこでも学ぶことのできないスキルや技術に日々アクセスすることができるのです。グラフのロンドン工房では数世紀にわたる伝統と最先端のイノベーションが融合し、ジュエリー制作におけるクリエィティブな夢が現実のものとなっています。

伝説を生み出すクリエイター

グラフの工房では常に物語るべき奥深いストーリーを持つ、この上なく美しい宝石を創り出しています。世界のダイヤモンド史においても、グラフのクリエイターたちが主要な役割を担ってきたことはグラフにとって最高の誇りであり、まさに今日カットしたダイヤモンドが明日の伝説のダイヤモンドとなる、その重要な役割を丁寧に果たし続けています。

 

▶ ECでも特別なリングの制作が可能!

GRAFF(グラフ)のリングで差を付けて!

いかがでしたでしょうか?
本日は、数多くのセレブを顧客に持つ一流ブランド「GRAFF(グラフ)」の婚約指輪&結婚指輪をご紹介いたしました!お気に召すリングはございましたでしょうか?

この記事が少しでも多くの花嫁さまのお役に立ちましたら幸いです◎

ウェディング診断
minaho

minaho

卒花としての経験も踏まえてプラコレのアドバイザーとして多くの花嫁さまにたくさんの情報をお届け中⸝⋆ 日々楽しみながら花嫁さまの参考になる記事もたくさん発信しています♡

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME