結婚式を終わってみてどうだった?本音のカップルインタビューレポート〜ヴィラアンジェリカ近江八幡〜

0クリップ

views

結婚式を終えて1ヶ月。 そろそろ落ち着いてきて、友人、ご家族からも結婚式についての本音が漏れ聞こえてくる頃。 結婚式ってその日1日が良ければそれで良し!というわけではありません。 今回紹介するヴィラアンジェリカ近江八幡では、結婚式を終えられた卒花カップルにインタビュー。大変だった頃、楽しかったこと、

結婚式を終えて1ヶ月。

そろそろ落ち着いてきて、友人、ご家族からも結婚式についての本音が漏れ聞こえてくる頃。

結婚式ってその日1日が良ければそれで良し!というわけではありません。

今回紹介するヴィラアンジェリカ近江八幡では、結婚式を終えられた卒花カップルにインタビュー。大変だった頃、楽しかったこと、結婚式を上げた後の本音で語ってもらいました。

■会場名:ヴィラアンジェリカ近江八幡

■住所:滋賀県近江八幡市西本郷町西3-4

■アクセス:【電車】JR近江八幡駅南出口 イオン側より徒歩約5分/【お車】名神竜王インターより 国道8号線西横関交差点を右折、近江八幡方面へ約15分/ 国道8号線友定 六枚橋交差点より約5分

結婚式後のカップルインタビュー

 

二人のプロフィール


新郎:亮太さん

カメラが趣味。公務員の亮太さんは爽やかな好青年。幼いころは家族とよく出かけた思い出があり、今でも旅行が大好き。

新婦:美穂さん

亮太さん同じくカメラが趣味、お父さんから譲り受けたカメラを愛用。レゼ−クラフトや陶芸などモノづくりも好き。家族とも仲良し。

結婚式をしたからこそ、沢山の気づきがあった。人生が変わったと思う。


「こんな幸せな気持ちになれる日はないと思う。でもそれは結婚式を挙げると選択した人、結婚式を体験した人でなければわからない。」インタビューの最後にそんなお言葉をいただきました。

soramido
Q1.結婚式が決まられた時お互い結婚式についてはどのようにお考えでしたか?

亮太さん
結婚式はやりたいと思ってはいたんですが、「大変そうだなと思っていたし、結婚式のイメージが全然わかなかったですよね〜。

美穂さん
私は実は、結婚式はしないつもりだったんです。(笑)とにかく早く一緒に住みたいと思ってたし、結婚式を挙げることより、入籍が大事だと思ってたんですよね。

soramido
Q2.ではなぜ、結婚式を挙げることにされたんですか?

亮太さん
一番大きなきっかけと言えば、新婦のお母さんに結婚の挨拶に言った時に、結婚式は挙げたほうがいいよ!の一言ですね。

美穂さん
まずは結婚式場の見学をはじめました。見学しているうちに、やっぱり結婚式の日が一番の思い出になるし大切な日になるんじゃないかと思って。それに何より、おじいちゃんに花嫁姿をしっかりと見せたかったんです。

soramido
Q3.おふたりの結婚式が「さんぽ道」というコンセプトですがなぜそのコンセプトになりましたか?

亮太さん
ふたりの共通点が「旅行」だったので、最初は「旅」という提案をもらいました。

美穂さん
でも家で話をしているうちに、ちょっとスケールがおおきいかなぁ・・・って思いがあって、次の打ち合わせで相談しようってことになったんです。

亮太さん
そして次の打合せに行くと、プランナーさんからふたりの出会いの場所がローザンベリーのBBQだったり、色んな背景から「ピクニック」や「散歩」といった提案をもらって、それがすごくしっくり来たんです。

美穂さん
ガーデンを使いたかったこともあって、堅苦しい「式」ではなく、ワイワイ楽しめる、ゆっくり、ゆるい・・・そんなイメージがふたりの結婚式にぴったりだと思ったんです。

soramido
Q4.結婚式の打合せや準備で大変だったり不安に思ったことは?

亮太さん
お互いに仕事をしながらの準備で、手作りも多く、ちょっと相手に悪いな…って思うこともありましたが、正直、準備をしていく段階で苦痛に思うことはありませんでした。

美穂さん
コンセプトから決めてくれるの!?実はそれがやりたかった!!・・・ってワクワクしてばっかりでした。だから打合せや準備はとても楽しかったです♪

亮太さん
不安…強いて言うなら、自分たちが見たり出席した結婚式とは全然違うものになっていくので、正直どうなるのかな…っていう不安はありました。

美穂さん
うんうん。ゲストにどう思われるかな…特に親族や上司は?最終決まった「さんぽ道」のコンセプトにちなんでドレスコードに皆さんにスニーカー持参とか、当日の服装のこととか招待状に書いたしね。

亮太さん
でも、その都度親には「こんな風になる」「こんなことをしようと思っている」って確認もとっていたので、大丈夫かなとは思っていました。

soramido
Q5.では、その準備で一番印象に残っていることは?

亮太さん
いっぱいあったけど、特にムービーづくり!!お義兄さんが作ってくださったんだけど、僕達のために本当に沢山の時間を割いてくれた。お義兄さんは、誰かのために、「全力」を尽くす人なんですよね。

美穂さん
とにかく打合せが楽しかったです!!プランナーさんとの打合せだけじゃなく、ドレス選び、ヘアメイク・・・すべてが!!そして、毎回来るたびにどのスタッフさんも自分たちのことを知っていてくれる。ここで結婚式を挙げたいと思った理由の一つも、スタッフさんだったんです。制作途中のものなども画像で経過報告してくれて、それも毎回楽しみでした。

soramido
Q5.結婚式が近づくにつれふたりの心境に変化はありましたか?

亮太さん
とにかくワクワク。そして気持ちがどんどん引き締まっていきましたね。「婚姻届」を出すだけならこんな気持にはなってないと思います。だっていろいろな方が協力してくれて、楽しみにしてくれている。結婚式はふたりだけのものじゃないんだなという思いと、夫婦としての初めての責任みたいなものを徐々に感じていました。

美穂さん
家を離れることでだんだん寂しさが増してきました。毎日「ただいま」「おかえり」という日常があったけど、それがなくなるんだなぁ…って。結婚式が近づくに連れて母の気持ちが凄くよくわかっていった気がします。

soramido
Q7.結婚式当日、一番印象に残っていることは?

亮太さん
両家の親族が自分たちに内緒で一緒になってやってくれた余興がい1番!!「自分たちふたりの幸せ応援団」「自分たちを見守ってくれる見方」がいっぱいいることを感じた瞬間でした。

美穂さん
今でも思い出すたびに頑張れるし、色んな人たちが、こんなにも何かしてくれるんだという気持ちが大きいです。あの時に余興の曲を聴くたびに涙が出てくるし、あのときの結婚式や余興を思い出すと感動したり、幸せな気持ちになれる。

亮太さん
ゲストもあれが1番!!と言ってくれます。

美穂さん
色々なことを計画してきたけど、実は親族みんなに「全部もっていかれた〜」という感じです。(笑)

亮太さん
あとはメインテーブルを置かなかったことかな。ステージとソファのみで、テーブルがなかったことで、ゲストとの距離が近かったし、耳元で上司が結婚生活のアドバイスをこそっと言っていかれました。(笑)

soramido
Q8.あの日を振り返って。2人にとって「結婚式」とは?

亮太さん
この日に向かって準備をしてきたある意味「区切り」ではあるけれど、新しいことが始まる「スタート」だと思います。

美穂さん
本当に夫婦として良いスタートになったと思う。

亮太さん
沢山の方に支えたれた「新しい家族の始まり」で社会的決意や責任の気持ちが生まれました。

ウェディング診断

のむ〜

横浜の女子大を卒業後、自分が好きなものを発信してたくさん人を笑顔にしたいとプラコレにJoin♡大学時代は、ご当地ライターをしておりました◎記事を書くのも読むのも大好き♡たくさんの花嫁様がDRESSYを通して笑顔になれるようどんどん発信していきます♩**

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME