待ちに待ったXmas…♡**楽しいクリスマス女子会やデートで使えるクリスマスの豆知識!これでトークテーマに困らない! | DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

待ちに待ったXmas…♡**楽しいクリスマス女子会やデートで使えるクリスマスの豆知識!これでトークテーマに困らない!

1クリップ

views

みなさま、こんにちは♡DRESSY編集部です! 今回は今日、クリスマスイブと 明日、クリスマスに使える クリスマスにまつわる豆知識をご紹介いたします♡ 合わせて今さら聞けない基礎の基礎「クリスマス」について、 最近のトレンドも合わせてお届けしますね!

みなさま、こんにちは♡DRESSY編集部です!

今回は今日、クリスマスイブと
明日、クリスマスに使える
クリスマスにまつわる豆知識をご紹介いたします♡
合わせて今さら聞けない基礎の基礎「クリスマス」について、
最近のトレンドも合わせてお届けしますね!

そもそもクリスマスって何?

みんな知ってはいるけれど、
実際どんなものかよくわからない、
「クリスマスって何? なんでツリーを飾るの?」
あなたは知っていますか…?

クリスマスはイエスキリストの誕生を祝う日

クリスマスは、キリスト教の救い主である
イエス・キリストの誕生を祝うお祭の日。
12月25日がイエス・キリストの誕生日と思われていますが、
実は誕生日は不明なんですよ!◎
誕生日については古代から、いろんな研究がされていて、
12月25日が誕生日と宣言した偉い人もいるんです><
ただ確かなのは、12月25日は「誕生を祝う日」ということ♡

日本でのクリスマスを祝う方法は、
クリスマスツリーやリースを飾って
プレゼントを用意して、ご馳走を食べて大切な人と過ごす!
というイメージがありますが、
当日の過ごし方や記念日は世界によって様々なんです!

日本ではキリスト教の行事としてではなく、
冬の楽しいイベントとして定着していますよね♡

イギリスやアメリカ、フランスなどでは、
クリスマスは家族とともに過ごす日。
24日のクリスマスイブの夜は家族とともに夕食を取り、
深夜はクリスマス・ミサに出かけるのが一般的。
オランダやドイツの一部地域などでは、
聖ニコラウス(サンタクロースのモデル)の日である
12月6日にプレゼントをもらうそう!

キリスト教では復活祭(イースター)の方が重要視されていますが、
昨今ではクリスマスも力の入った行事になっていて
街全体もキラキラと装飾されるんです**

サンタクロースって?

サンタクロースの起源は、
4世紀の小アジア(今のトルコ)に実在した、
ニコラオス(ニコラス、ニコライ)という司教。
ニコラオスは、貧しい人や子供達を助けたことで
多くの人に慕われ、後に聖人とされて聖ニコラオスと呼ばれました。

そして、カトリック教会によって、聖ニコラオスは
クリスマスのお祝いと結び付けられるようになったんです*
それはオランダで続き、17世紀になってオランダ人が
ニューアムステルダム(今のニューヨーク)を建設した際に、
その伝統も一緒にアメリカに渡りました。
オランダ語で「Sinterklaas」と呼ばれていたのが、
英語的な発音になおされて、「Santa Claus」、
サンタクロースとなったんです!!◎

19世紀に入るとサンタクロースが夢物語のように受け継がれ
トナカイのそりに乗ってやって来て、
煙突から入って来るといったイメージになりました♡

そしてプレゼントを贈る習慣は、
12月6日の「聖ニコラウスの日」から始まったそう。
この時に、子供たちが靴下を置いて暖炉の前で待っていたのが、
後にクリスマスに受け継がれたんだとか…。

国によってはサンタクロースに代わって
魔女や男の人がプレゼントを配るのだそう!
良い子へのプレゼントだけでなく、
悪い子には罰を与えることもあるそうです><

クリスマスツリーはなんで飾るの?

クリスマスを象徴するものといえば、クリスマスツリー♡
ショッピングセンターで大きなツリーが飾られていたり、
ポスターやメッセージカードでも
クリスマスツリーが描かれていたりしますよね?
そんなクリスマスに欠かせないツリーは、
常緑樹であり古くから「永遠の象徴」を表現した存在とされているんです!
他に「神の永遠の愛や神が与える生命を象徴する」と
いった意味も込められているのだそうですよ!

オーナメントにはどんな意味があるの?

そして、ツリーの1番上に飾られている星型のオーナメントは、
イエス・キリストの降誕を知らせた
ベツレヘムの星を表現していると言われているんです!

また、ツリーの飾りにリンゴを見たことがある方も、
多いのではないでしょうか?
このリンゴのオーナメントも、
かわいいという理由だけではなく、
「創世記」に登場する「知恵の樹」の実(禁断の果実)
とされている「リンゴ」であると言われています。
アダムとイブが食べた禁断の果実(リンゴ)を、
イメージしたものだったんですよ!♡

Francfrancのツリーグッズが可愛い♡

フランフランのクリスマスグッズは
毎年とっても可愛いんです♡
クリスマスをすぎてもお部屋に飾れる冬っぽい
インテリアもたくさんあるので是非チェックしてみてくださいね!

View this post on Instagram
View this post on Instagram

クリスマスのご飯ってなんでチキンなの?

元々はアメリカの七面鳥料理に由来していて、
七面鳥料理には「感謝」という意味があるそう!

ちなみに、日本でクリスマスに
チキンを食べるようになったのは明治時代からだそうですよ!

View this post on Instagram

また世界中ではチキン以外にも
クリスマスに様々な食べ物を食べるんですって!

ローストビーフ
アメリカではクリスマスには
七面鳥を出すというイメージがありますが、
七面鳥は11月末の感謝祭に出されるごちそうでもあります。
クリスマスディナーでは七面鳥を出すご家庭もありますし、
ローストビーフ、ハムなどの場合もあるそう!

ブッシュドノエル(ビュッシュ・ド・ノエル)
フランスで生まれた、丸太の形をしたケーキです。
ブッシュドノエルには「クリスマスの薪」という意味があるんです◎

シュトーレン
ドイツの菓子パンです。
クリスマス前に作り、クリスマスまで毎日、
1枚1枚スライスして食べるパン*

クリスマスプディング
イギリスのクリスマスには定番のスイーツ。
日本のプリンとは異なり、
ドライフルーツや卵、小麦粉、アルコール類などを混ぜて蒸し上げ、
長時間熟成させるという手間暇かけた一品です。

アドベントって知ってる?

「アドベントカレンダー」をご覧になったことはないでしょうか?
アドベントとは、救い主であるイエス・キリストの誕生を
待ち望む時として設けられる期間のこと♡

期間は11月30日に最も近い日曜から4つの日曜日を含む約4週間で
2020年は11/29~12/24となります。

この期間の日曜日には、日曜日ごとに1本ずつ、
合計4本のろうそくを点灯する「アドベント・クランツ」が行われるそう。

最近日本でもよく聞くようになったのは
クリスマスまでの日を1日ずつカウントダウンしていく
「アドベントカレンダー」
カレンダーの窓を1日ずつ開けて、
クリスマスには全部開くという仕掛けになっていて、
チョコレートや飴などのお菓子をカレンダーを潜ませたり、
積み木のような立体的なカレンダーだったりと様々な商品がありますよね♡
あのお洒落なクリスマスのアイテムには
こんな意味があったんですね♡

2020年はもう間に合わないけど、
2021年は絶対にチェックしておくべき
おしゃれで可愛いアドベントカレンダーもご紹介♡

ピエールエルメ
『カランドリエ ド ラヴァン シニャチュール ノエル 』
高級パティスリー「ピエール・エルメ・パリ」の
アドベントカレンダー♡
リース型のボックスの側面全てが引き出しとなった
「カランドリエ ド ラヴァン シニャチュール ノエル」は、
中にはそれぞれ異なるスイーツが入っており、
ブランド自慢の味わいが堪能できます。

2021年も絶対にチェックしておいて損はなし!

View this post on Instagram

ジョーマローン

贅沢な季節の始まりに向けて、
香り高いギフトの数々を取り揃えているジョー マローン ロンドン。
2020年も旗艦店であるジョージアン様式のタウンハウスを模した、
アドベントカレンダーがとってもキュート♡
12月1日から24日までカウントダウンできるよう、
数字付きのボックスで、
洗練されたコロンやリッチなテクスチャーのボディクリームなど、
優雅に香るアイテムがセットされています…♡

View this post on Instagram

いかがでしたか?

今回はクリスマスにまつわる豆知識と
トレンドを交えてご紹介いたしました♡
素敵なクリスマスを迎えてくださいね…**

ウェディング診断

yua**

福岡のドレスショップで働き、キラキラ輝く花嫁様に魅了され、
もっと花嫁様を幸せにしたい!とブライダル業界に♡
花嫁様の為になる情報をたくさん発信します**

ウェディング診断

FOLLOW ME