【フランス 結婚式】すぐに取り入れたいおしゃれな要素が豊富なフランスの結婚式♡ - DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース - Page 3

【フランス 結婚式】すぐに取り入れたいおしゃれな要素が豊富なフランスの結婚式♡

284クリップ

views

おしゃれ花嫁さんにおすすめの衣装や演出が見つかる、こだわりたっぷりなフランスの結婚式。新郎新婦をおしゃれに見せるアイテムや、簡単に取り入れられてゲストと一緒に盛り上がる演出、一味違う結婚式場の雰囲気まで、今フランスでトレンドのおしゃれな結婚式についてご紹介いたします!

コピーしました

 

ゲストとみんなで行くフランスの入籍

 

ここからはフランスの市役所での入籍方法をご紹介します!

 

結婚を法的に有効なものとするためには日本と同じく、フランスも市区町村の役所に届出を出す必要がありますが、入籍のアプローチがびっくりするほど日本とは異なります!

結婚式の一大イベントとして位置しているのが「市役所での入籍」です。通常は新郎新婦、家族と、結婚式に参列するゲスト全員で市役所の入籍に出席します!わたし自身初めて市役所での結婚式について聞いた際は、よく意味がわからずあまりピンときませんでしたが、このイベントが数日かけて行う結婚式の中で最も重要です。少し詳しく解説しますね。

この投稿をInstagramで見る

 

フランスのどこの街の市役所にもあるのが入籍専用の部屋、Salle de Mariage(サル ドゥ マリアージュ)です。一般的にフランスは、市役所の建物そのものが小さなお城のようで厳かな雰囲気のものが多く、そこの一室である入籍専用の部屋Salle de Mariage(サル ドゥ マリアージュ)は少し豪華に大きめに造られています。

ここに新郎新婦や家族、友人が集まり、入籍を許可するAdjoint au maire(アジョワン オウ メール)という方が加わり、入籍をとりまとめます。
新郎新婦や家族、保証人が全員の前でスピーチをして、入籍を許可するAdjoint au maire(アジョワン オウ メール)が出席者全員の承諾を得ます。その後、正式な書類に直筆でサインをして晴れて夫婦になれます!この一連の作業を全てSalle de Mariage(サル ドゥ マリアージュ)で列席者が見ているもとで行います。

 

 

入籍が終わったあとはゲストが先に外へ出て、新郎新婦をお迎え。紙吹雪やシャボン玉で新郎新婦をお祝いします。このときは通行人の方々からもたくさんの祝福の言葉をかけてもらえる幸せ時間です♡

 

新郎新婦のおしゃれ度を上げるアイテム

ウェディング診断
【フランス公認】美帆

【フランス公認】美帆

夫はフランス出身で、わたし自身はアロマテラピーとハーブの資格を持ち、国内外の美容情報を集めています。結婚式の準備中から感じる、ワクワク感やきらめきが好きで、挙式を終えてからも、日々結婚式について考えています。プレ花嫁さんの幸せな気持ちが高まる情報をお届けします。

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME