【ラメやグリッター?スパンコールとビジュー?】違いがわからない*キラキラ素材大好きな花嫁さまのために解説します♩*

111クリップ

views

動くたびに煌めき、輝きを放つ存在感のあるドレス♡でもこのキラキラってグリッターやラメ、スパンコール、ビジューなどなんだかよくわからなーい!ってなっている花嫁さまも多いかと思います!そんな花嫁さまのために、今回はいろんなキラキラ素材の違いについて説明していきたいと思います♩

コピーしました
【5月はとっても豪華◎*】式場探しで特典が貰えるサイトランキング♡♥各社のキャンペーン内容をまとめました♡

 

みなさん、こんにちは!
Dressy編集部のmikiです!

キラキラしたウェディングドレスって
本当に美しくてつい目で追ってしまったり、
なんだかとっても憧れちゃいますよね><

動くたびに煌めき、輝きを放つ存在感のあるドレス♡

でもこのキラキラって…
*グリッター?
*ラメ?
*スパンコール?
*ビジュー?
なんだかよくわからなーい!ってなっている花嫁さま
も多いかと思います!

そんな花嫁さまのために、
今回はいろんなキラキラ素材の違いについて
説明していきたいと思います♩

実は素材によって輝き方が変わったり、
使い方がちょっと違ったりと
知ると奥深いグリッターの世界!!

自分が求めているキラキラってこれなんだ!と
素材の違いを理解して、
好みを見つけることによって、
運命のドレスに出会うきっかけにもなるかも?

ぜひキラキラに癒されながら、
たくさん参考にしてみてくださいね♩

グリッターってなに?

まず最初に『グリッター』について説明していきます!

BuzzTMZさんのページはこちら

グリッターの語源は英語で、
意味としては「きらめき」や「輝き」などが挙げられます!

一般的にも「キラキラしたもの=グリッター」
という認識をもつことも多く、
素材としてのグリッターは実は存在しないんです!

しいているなら、後ほど説明いたしますが、
「ラメ素材」を使っている素材やファッションを
グリッター素材と読んだりもします!

つまり、キラキラしているものは何でもグリッターと呼んでしまって正解なんです!
ラメもグリッターも言い方の違うだけで、
意味は同じなんです!

では具体的にラメについても説明します!

ラメってなに?

View this post on Instagram

グリッターの次によく聞くワードはラメ!
ラメには実は2つの種類があります!

①キラキラしたパウダーのようなもの(原料)
この点在感のある原料のことをラメ剤とも呼びます!

②金や銀などのキラキラと光る糸をや
それによる織物のことをさします!

以上の2つの『ラメ』が存在します!

もともとは織物に使われた金糸や銀糸のことをラメと
読んでいたそうで、反射でキラキラと光る姿から
次第にラメ=キラキラしたものと
一般的に普及したそうです!

なので素材として2つの意味が込められているものの、
グリッター同様にラメも「キラキラしたもの」
という認識で使われてもOKです!

View this post on Instagram

グリッターとラメの違い

グリッターもラメも日常的に使われることが多いですが、
なかなかその違いについて理解している人も多くないですよね!

ラメは原料や素材として存在するも、
グリッターはキラキラしたものを指すワードです!

ラメのところでも説明しましたが、
グリッターもラメも『キラキラしたもの』を指す言葉として
使って問題ないです!

語源の違いでいうと、
グリッターは”Glitter”と英語
ラメは”lamé” とフランス語
という違うもあります!

ただ大きな素材の違いなどはないので、
そこまで気にしなくていいらしいです!

View this post on Instagram

ラメやグリッターを使ったウェディングドレス

ウェディング診断

mikki

中学生の頃からブライダル業界で働くのが夢でした。そこから5年間結婚式場でのサービスアルバイト経験。たくさんのカップル達に結婚式の良さを配信していきたいです♡

【2022年最新版】指輪迷子必見!芸能人の結婚指輪ブランド”全てをまとめました💍
ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME