【ラメやグリッター?スパンコールとビジュー?】違いがわからない*キラキラ素材大好きな花嫁さまのために解説します♩* | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

【ラメやグリッター?スパンコールとビジュー?】違いがわからない*キラキラ素材大好きな花嫁さまのために解説します♩*

1クリップ

views

動くたびに煌めき、輝きを放つ存在感のあるドレス♡でもこのキラキラってグリッターやラメ、スパンコール、ビジューなどなんだかよくわからなーい!ってなっている花嫁さまも多いかと思います!そんな花嫁さまのために、今回はいろんなキラキラ素材の違いについて説明していきたいと思います♩

 

みなさん、こんにちは!
Dressy編集部のmikiです!

キラキラしたウェディングドレスって
本当に美しくてつい目で追ってしまったり、
なんだかとっても憧れちゃいますよね><

動くたびに煌めき、輝きを放つ存在感のあるドレス♡

でもこのキラキラって…
*グリッター?
*ラメ?
*スパンコール?
*ビジュー?
なんだかよくわからなーい!ってなっている花嫁さま
も多いかと思います!

そんな花嫁さまのために、
今回はいろんなキラキラ素材の違いについて
説明していきたいと思います♩

実は素材によって輝き方が変わったり、
使い方がちょっと違ったりと
知ると奥深いグリッターの世界!!

自分が求めているキラキラってこれなんだ!と
素材の違いを理解して、
好みを見つけることによって、
運命のドレスに出会うきっかけにもなるかも?

ぜひキラキラに癒されながら、
たくさん参考にしてみてくださいね♩

グリッターってなに?

まず最初に『グリッター』について説明していきます!

BuzzTMZさんのページはこちら

グリッターの語源は英語で、
意味としては「きらめき」や「輝き」などが挙げられます!

一般的にも「キラキラしたもの=グリッター」
という認識をもつことも多く、
素材としてのグリッターは実は存在しないんです!

しいているなら、後ほど説明いたしますが、
「ラメ素材」を使っている素材やファッションを
グリッター素材と読んだりもします!

つまり、キラキラしているものは何でもグリッターと呼んでしまって正解なんです!
ラメもグリッターも言い方の違うだけで、
意味は同じなんです!

では具体的にラメについても説明します!

ラメってなに?

View this post on Instagram

グリッターの次によく聞くワードはラメ!
ラメには実は2つの種類があります!

①キラキラしたパウダーのようなもの(原料)
この点在感のある原料のことをラメ剤とも呼びます!

②金や銀などのキラキラと光る糸をや
それによる織物のことをさします!

以上の2つの『ラメ』が存在します!

もともとは織物に使われた金糸や銀糸のことをラメと
読んでいたそうで、反射でキラキラと光る姿から
次第にラメ=キラキラしたものと
一般的に普及したそうです!

なので素材として2つの意味が込められているものの、
グリッター同様にラメも「キラキラしたもの」
という認識で使われてもOKです!

View this post on Instagram

グリッターとラメの違い

グリッターもラメも日常的に使われることが多いですが、
なかなかその違いについて理解している人も多くないですよね!

ラメは原料や素材として存在するも、
グリッターはキラキラしたものを指すワードです!

ラメのところでも説明しましたが、
グリッターもラメも『キラキラしたもの』を指す言葉として
使って問題ないです!

語源の違いでいうと、
グリッターは”Glitter”と英語
ラメは”lamé” とフランス語
という違うもあります!

ただ大きな素材の違いなどはないので、
そこまで気にしなくていいらしいです!

View this post on Instagram

ラメやグリッターを使ったウェディングドレス

ウェディング診断

*miki*

幼少期からずっとドイツで暮らし、高校で帰国!海外ウェディングと海外セレブニュースはお任せください♡将来は全員が楽しめる自分だけのウェディングを挙げたく研究中!!素敵な情報を沢山発信してまいります♩ぜひ見てくださいね❤

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

FOLLOW ME