結婚式費用は新郎側が多めに出すのが普通?!福岡ならではの風習について | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

【福岡の結婚式】結婚式費用は新郎側が多めに出すのが普通?!福岡ならではの風習について

1クリップ

views

結婚式費用の支払いは通常新郎側と新婦側が折半するものであると思われていますが、必ずしもそうとは限りません。 ここ福岡では比較的「新郎側が多めに出す」ケースが多いのが特徴です。今回は、結婚式に関わる福岡ならではの風習について、元プランナーが紹介します!

結婚式費用の支払いは通常新郎側と新婦側が
折半するものであると思われていますが、
必ずしもそうとは限りません。

ここ福岡では比較的「新郎側が多めに出す」ケースが多いのが特徴です。

今回は、結婚式に関わる福岡ならではの風習について、
元プランナーが紹介します!

 福岡の文化と言えば「九州男児」!

福岡は九州の中でも特に中心的存在と言える県ですよね。

九州ならではの文化や風習が強く根付いているところや、
現代的な都会の要素も感じられるところもあり、
福岡はなんとも面白い独特な雰囲気を持った地域です。

福岡と言えば、やはり忘れてはならないのが「九州男児」。

福岡は「男が引っ張っていくべき」、
「男たるもの、強くあるべき」という考え方が
とても色濃く残っています。

結婚式のアレコレを決める際の主導権は新郎側にある

結婚が決まったら、
結婚式を挙げる日取りや式場を選びにいくわけですが、
ここでも新郎側の家族の意向は最重要視される傾向が強いです。

新婦が気に入った式場であっても、
新郎側の両親が反対すれば却下される、
という話は珍しくありません。

逆に、新婦側の両親はどちらかというと控えめ。

「向こうの(新郎側)ご両親が良いとおっしゃるなら、それでいいから」
と言うように、常に相手方の両親の意向を優先する
姿勢であることが多いですね。

結婚式費用は新郎側がほぼ支払うケースも!

極端な例ではありますが、
結婚式の費用を全て新郎側が支払うというケースも、
私は過去にウェディングプランナーをしていて
何件か見てきています。

また、全額新郎側が負担するのではなくても、
例えば300万円の結婚式費用のうち200万円を新郎側、
100万円を新婦側が支払うなんてことはよくある話です。

【福岡の結婚式二次会会場】ご当地ライターのおすすめ会場をご紹介♡*

打ち合わせに新郎母が同席するケースも!

他県(関東や関西)から赴任したウェディングプランナーが、
福岡に来て驚いていたのが、
「新郎新婦との結婚式の打ち合わせに両親が参加する頻度の高さ」です。

特に、新郎側のお母さまが直接結婚式前に
式場を確認しに来られたり、
打ち合わせに同席したりするケースはとても多いです。

結婚式に対する新郎側の親御さまの強いこだわりが
垣間見えるとも言えます。

【2020最新版:結婚式費用ガイド】結婚式のお金って何にいくらかかる?基礎知識をマスターしよう◎

結婚式費用はどうやって支払うのが普通?

ウェディング診断

【福岡公認】mayumi

海外・国内のウェディングプランナーを10年経験し、ウェディングメディアのライターに転向しました。趣味は旅行とワークアウト(筋トレ)です。たくさんの結婚式をさまざまな舞台でお手伝いさせていただいた経験を元に、これから結婚式を挙げられるみなさんのお役に立てれば幸いです。

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

FOLLOW ME