婚約指輪をもらわないと離婚率が上がる | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

婚約指輪をもらわないと離婚率が上がるって本当!?

0クリップ

views

近年では、婚約指輪を贈らなかったり婚約指輪の代わりに違う代物を贈ったりする人が増えています。そんな勢いからか、実は国内における離婚率も上昇中なんです!今回は「婚約指輪をもらわないと離婚率が上がる」と噂されている件に対して、詳しく調べてみたいと思います*ぜひ参考にしてみてくださいね!

結婚の意思表示として贈られる婚約指輪は、ダイヤモンドの輝きが美しく、多くの女性が婚約指輪に対して憧れを抱いています。
しかし近年では、婚約指輪を贈らなかったり婚約指輪の代わりに違う代物を贈ったりする人が増えています。
そんな勢いからか、国内における離婚率も上昇中!今回は「婚約指輪をもらわないと離婚率が上がる」と噂されている件に対して、
詳しく調べてみたいと思います。

結婚しても恋人みたいな夫婦になりたい♡恋人夫婦になるコツ10選*

そもそも「婚約指輪」とは?

 

婚約指輪の歴史は古代ギリシャから始まり、男性が女性にプロポーズをする際に「決意の証」として贈られたものです。
婚約指輪には「永遠の愛」「潔白」という意味を持つダイヤモンドが用いられることが多く、婚約指輪を受け取った女性には、今後一切「ほかの男性と関係を持たない」という誓いが立てられるのだそう。
日本で婚約指輪が普及し始めたのは高度成長期以降のことで、世界的な歴史と比べるとまだまだ歴史が浅い印象を受けます。

婚約指輪の相場価格は?

 

日本における婚約指輪の相場価格は30〜40万円といわれていて、ほとんどがダイヤモンドをあしらった華やかなデザインです。
よく「婚約指輪は給料の3ヶ月分」などといわれますが、実際には給料の約1ヶ月分といったところ。
そして、一昔前までは「特別な日にだけ着用する」という婚約指輪ですが、欧米の流れを受けてか、近年では「日常使いをする」「結婚指輪と重ね付けをする」という女性も増えてきていますよ。

婚約指輪をもらえないと離婚率が上がるって本当?

 

結婚の意思表示の証として男性から女性に贈られる婚約指輪ですが、結婚指輪をもらわなかった・贈らなかったカップルの離婚率が、婚約指輪をもらった・贈ったというカップルよりも高いということをご存知でしょうか?
リクルートブライダルが行なった「総研夫婦関係調査2011」によると、離婚経験のある人の特徴として「婚約指輪をもらっていない・贈らなかった」「挙式や披露宴を行わなかった」という共通点があると発表されています。

参考:http://www.recruit-mp.co.jp/news/library/pdf/20110606_01.pdf#search=%27夫婦関係調査2011がリクルートブライダル総研%27

「婚約指輪が離婚率につながるなんて…」とにわかに信じられませんが、これは明らかな事実なんです!
その証拠に、さまざまなメディアでも「婚約指輪なしだとその後の結婚生活に影響を及ぼす」といわれているほど。
では、なぜ婚約指輪の有無が離婚率につながってしまうのでしょうか?次の章で詳しくご紹介したいと思います。

婚約指輪がないとなぜ離婚率が上がるの?

 

愛する2人が晴れて夫婦となった日…きっとその瞬間は感動で言葉にも表しきれない幸福感で満たされていることでしょう。
しかしそこから始まる結婚生活とは「楽しい」「幸せ」「愛がいっぱい」という優しいものではなく、育った環境が異なる2人が家族として定着するためにさまざまな試練が課せられるもの。

・食の好みが違う
・洗濯物のたたみ方が不満
・育児や教育に関する考え方の違い
・金銭トラブル
・嫁姑問題
・ときに異性面の問題も

愛に溢れた家庭でも、時間が経つにつれて多くの問題や衝突が発生してきてしまうものです。
衝突をいかに丸く収めることができるのか、そして衝突を一つのきっかけとして、より深い夫婦の絆に変えていくことができるのか。
これこそが真の夫婦として求められていることであり、試練に立ち向かっていけない場合は残念ながら「離婚」という結末を迎えてしまいやすい傾向があります。
では、どのようにしてその試練に立ち向かっていくことができるのでしょうか?
その答えが先ほどご紹介した「婚約指輪」や「挙式や披露宴」につながっていくと考えられます。
例えば、もう別れたくなるくらいの喧嘩をしたとしましょう。
そんなときに、彼からもらった「ダイヤモンド輝く婚約指輪」を眺めてみると、なんだか付き合っていた頃の気持ちを取り戻すことができそうな気がしてきませんか?
もしくは「挙式や披露宴の写真を見返す」ことで初心の気持ちが蘇り、仲違いをしていた夫婦でも「もう一度頑張ってみよう!」と思える気力を養えたりするものです。
これこそが「婚約指輪がないと離婚率が上がる」といわれている理由の一つといえるのではないでしょうか。
長い夫婦生活の中にはトラブルが付きものですが、婚約指輪を見て離婚を踏みとどまったという人も存在しています。
それに、婚約指輪を贈る男性というのは「イベントごとを大切にする」人が多く、長い結婚生活の中でもイベント事を通して愛情や感謝の気持ちを伝えることができているもの。
そんな男性の優しさやマメさを知っている女性は、よほどのことがない限り離婚には踏み込まないはずです。

かわいい妻になるコツ10選♡**結婚してからもずっと愛される妻でいるために♩

みんなは婚約指輪、もらっているの?

 

「婚約指輪の有無が離婚率につながる」とご紹介しましたが、実際にどのくらいの割合の人が婚約指輪をもらっているのでしょうか?
「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、婚約指輪をもらった人は全体の約77%。逆に婚約指輪がなかった人の割合は23%という結果に!
参考:https://souken.zexy.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf#search=%27ゼクシィ結婚トレンド調査2017%27

10人に7人は婚約指輪をもらっているという調査結果が出ましたが、中には「指輪よりも時計が欲しい」「ネックレスがいい」などと、指輪以外の婚約記念品を贈るケースも少数派ではありますが確認できました。
半数以上の人がもらっている婚約指輪ですが、女性の中にはアクセサリーに興味がなかったりほかのことにお金を使いたいと考えたりしている人もいるようです。

「婚約指はいらない」という女性の本音を信じてはいけない!?

 

多くの女性が憧れる婚約指輪ですが、同調査では「婚約指輪にお金をかけるのはもったいない」と考える女性が31%存在していることを報告しています。
新生活には「引越し資金」「家具家電購入費用」などさまざまな出費がかさむため、女性の中には婚約指輪にお金をかけることへの抵抗感が高まってしまう人も少なくありません。
しかし、婚約指輪に対する考え方に対する調査では「昔から憧れていた」「婚約の証として欲しい」と考えている女性が85%いることもわかっています。
この矛盾点をじっくり考えてみると、どうやら「男性の懐事情を気にかけて婚約指輪を遠慮している」女性像が浮かび上がってもきますよね。
もしも女性から「婚約指輪はいらないよ」といわれても、そこは素直に従わず、女性の心理をしっかりと探る努力を怠ってはいけないということです!

・なんでいらないの?
・遠慮しているの?
・他に欲しい物があるの?
・婚約指輪を着けて欲しいのだけど…

男性側もいらないという女性の言葉を鵜呑みにしてしまうのではなく、上記のような声かけをして本音を聞き出す努力をしてみることが大切。
婚約指輪の相場は30〜40万円ではありますが、控えめなデザインのものであれば10万円以下でも購入することができます。
大きなダイヤモンドの婚約指輪でなくても、女性は「彼が婚約指輪をくれた」という事実を大切にするものです。
そしてその気持ちは、これから続いていく結婚生活にも大きな影響を及ぼすことはいうまでもありませんよね♡

婚約指輪を用意してサプライズ♡

いかがでしたか?

婚約指輪を贈るということは、男性の女性に対する結婚や愛情の証を贈るということ。
たとえ女性が「いらない」といったとしても、負担にならない金額で婚約指輪をサプライズ演出してみてはどうでしょうか?
「婚約指輪はいらない」と意思を曲げない女性であったとしても、男性がこっそりと考えたサプライズ計画に怒り出す女性は少ないはず!
そういった粋な計らいが、離婚につながらない「真の夫婦の絆」を深めていってくれるのではないでしょうか?

【プレ花嫁のうちに学びたい!】恋人夫婦ってどんな感じ??♡

ウェディング診断

LIFE STYLE Editor *

彼との新生活に欠かせないアレコレを発信する、LIFE STYLEライフスタイル)Editorです**彼と行きたいデートスポットや、なかなか人に聞けないあんんなことやこんなこと>< ぜひcheckしてくださいね⁂

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい

next! >>

ウェディング診断

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY