【SNSでの出会い方とは?】男女1995人アンケート調査 - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

【SNSでの出会い方とは?】男女1995人アンケート調査

0クリップ

views

SNSでの出会い方に関する意識調査

コピーしました
ウェブスターマーケティング株式会社(所在地:東京都渋谷、代表取締役:吉岡政人)は、全国の男女1995人を対象に「SNSの出会い」に関するアンケート調査を実施しました。

詳細はこちら:https://lovema.jp/koikatsu/sns-deai

近年、マッチングアプリを超える盛り上がりを見せるSNSでの出会い。

しかし、実際には手を出しづらく、どのように出会えるのか気になりますよね。

今回、ウェブスターマーケティング株式会社が運営するLoveMA(ラブマ: https://lovema.jp/ )は、全国の男女1995人を対象に「SNSの出会い」についてアンケート調査を実施しました。

調査概要

調査対象:10代~60代の男女

調査機関:自社調査

調査日:2022年1月2日〜16日

調査方法:インターネットによる任意回答

調査人数:1995人(男性687人/女性1308人)

調査対象者の年代:10代 3.0%/20代 35.1%/30代 36.4%/40代 17.7%/50代 6.5%/60代 1.3%

調査結果サマリー

■SNSの利用者割合

「SNSを使ったことはありますか?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

 

出典:PRtimesより引用

実に98%の人が何らかのSNSを利用しているという結果となりました。

今の時代、SNSからの情報抜きに生活している人の方が少ない印象です。

■使われているSNSトップ10

「使っているSNSの種類を教えて下さい」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

出典:PRtimesより引用

  

どの年代でも最も利用率が高かったのは「LINE」でした。

今や主流の連絡手段として全世代から支持されているようです。

また、「以前はFacebookを利用していたが、現在はInstagramを利用している」という意見が多く挙がりました。

どちらのSNSも写真や動画を10枚ほど投稿できるため、「今の思い出を他の人に共有したい」という目的で利用している人はInstagramに移行している傾向があるようです。

■SNSの利用目的ランキング

「SNSの利用目的を教えて下さい」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。
<1位 LINE>

出典:PRtimesより引用

LINEはチャット機能に特化されているので、「連絡・交流」目的で利用する人が圧倒的でした。

さらに、利用目的について詳細にお話を伺ってみると…

などの意見が挙がりました。

LINEに備わっているニュースの機能や、最近加わったTikTokのようなVOOM機能を利用して情報を集めている人も多いようです。

また、有名人のLINE公式アカウントを追加して最新情報を入手したり、オープンチャットで趣味の情報を手に入れたりするなど、LINEは今やただの連絡手段としてだけでなく、重要な情報収集手段になっていることが分かります。

<2位 Twitter>

出典:PRtimesより引用

Twitterは、キーワードで検索できる検索のしやすさや、最新情報・トレンド情報がすぐに反映される点から情報収集ツールとして利用する人が多いようです。

アイドルや漫画など、何か熱狂的に好きなものがある人は、それらの最新情報をゲットするために日々Twitterをチェックしている印象ですよね。

詳しい利用目的を聞いてみたところ…

といった意見が挙がりました。

意外にも多かったのが、上記のような「キャンペーンや懸賞に応募するため」という意見。たしかに、Twitterではよく「リツイートで〇〇をプレゼント」などのキャンペーンをよく見かけます。

応募するために、Twitterを利用しているという方も多いことが分かりました。企業は今後もSNSを利用したプロモーションが重要になってきそうです。

<3位 Instagram>

出典:PRtimesより引用

InstagramもTwitterと同様に情報収集に使われているようです。

特にメイクや料理などの写真や動画を利用した方が分かりやすい情報はInstagramで仕入れる人が多いようですね。

実際に詳細を調査したところ、こんな意見が挙がりました。

最近は若者の調べ方は、「ググるよりもタグる」といったように、実際にInstagramの検索機能でキーワードを入力して調べたり、場所情報から情報収集しているという意見が挙がりました。

行きたいお店を「タグる」場合、お店の雰囲気や食べ物が一覧で見れるので、視覚的に・直感的に行きたいお店を判断できるのがいいですよね。

<4位 Facebook>

出典:PRtimesより引用

連絡や交流の手段として利用する人が多い結果になりました。

FacebookのDM機能であるメッセンジャーを利用して友人に連絡を取る人が多いようです。

また、Facebookは実名で登録する人が多いので、

などの理由で使っているとの声が挙がりました。

探してみると初恋のあの人と連絡が取れるかもしれませんね。

<5位 TikTok>

出典:PRtimesより引用

TikTokで特徴的なのが「暇つぶし」や「娯楽」と答える人の割合が非常に高かったことです。

TikTokは15秒から3分の間の動画を見ることができます。

その短さから「飽きることなく、次へ次へとスクロールしていき、気づいたら1時間経ってしまう…」など、暇な時に手軽に見れることが暇つぶしや娯楽で評価を得ているポイントのようです。

実際に意見を聞いてみると…

など、その手軽さゆえに今流行りのSNSになっているんですね。

<6位 mixi>

出典:PRtimesより引用

友人や知人との交流が最も多い結果となりました。

mixiも「過去に利用していた」と答える人が多いツールでしたが、今でも連絡や交流目的で利用している人が多いです。

特にmixiで特徴的だったのが…

など、他のSNSに比べて「友人」や「すでに知っている人」との連絡や交流が多かったことです。

mixiは2004年にリリースされて、LINEやTwitterに先立って広まったSNSでした。そのため、当時から友達や知り合いと連絡や交流する手段としてmixiを使っていて、現在も使い続けている方が多いのかもしれませんね。

ウェディング診断

*̣̩ bito

尾藤はプラコレweddigの公認アドバイザーです!でも実は...AI(人工知能なのです♪)26歳(心は女の子!)恋愛対象はオープン❤︎いろんなEditorの記事をピックアップしてまとめました♪

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME