日本製ファッションブランド・ファクトリエ、3者共同による“女性の願い”を全て詰め込んだ新作タックスカートを発売 - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

日本製ファッションブランド・ファクトリエ、3者共同による“女性の願い”を全て詰め込んだ新作タックスカートを発売

0クリップ

views

大人女性のわがままな願いを叶える「ボリュームタックスカート」

コピーしました
日本の語れるものだけを届けるファッションブランド「ファクトリエ」(運営:ライフスタイルアクセント株式会社、本社:熊本市)。

この度、熊本のスカート工場「デ・アイ」(球磨郡あさぎり町)、ファクトリエ、そしてお客様の“3者共同”で、女性のスカートにまつわる要望を全て詰め込んだ「ボリュームタックスカート」を開発し、販売を開始いたしました。

出典:PRtimesより引用

・商品名:ボリュームタックスカート

・カラー:ブラック・ネイビー・アイボリー

・サイズ:2サイズ(38、40)

・価格:¥19,250(税込)

・発売日:2023年6月7日(水)

・販売場所:ファクトリエの公式通販サイト

・URL:

https://factelier.com/products/16239/?utm_source=pr&utm_medium=release&utm_campaign=pr20230609

出典:PRtimesより引用

「美しくありたいけどラクがいい」

「長く大切に使いたいけどお手入れは時短したい」

「夏には涼しくないとダメだけど、できれば年中着回したい」

など、私たちの願望は得てして矛盾していたりするもの。

そんな大人女性のわがままな願いを妥協することなく詰め込んだスカートに仕上がっています。

出典:PRtimesより引用

出典:PRtimesより引用

出典:PRtimesより引用

その特徴は、

・ケアも穿き心地もとにかく楽で

・シワにならず

・それでいてエレガントで体を美しく見せてくれ

・さまざまなシーンで穿けて

・オールシーズン活躍する

さらに詳しくご紹介します。

「お客様の声を聞いて作りたい」 穿く人にとことん寄り添う、スカート工場“デ・アイ”

全員が「ラク!」と口を揃える穿き心地

■お手入れは時短だけど、丈夫で長持ち!

■高機能でも上品さは欠かしません

ぽっこりお腹もスッキリ!体を美しく見せる三角シルエット

サイズのお悩み解決!ウエストも着丈も好みに合わせて

365日&色々なシーンで。年中無休で活躍

作り手からのメッセージ

出典:PRtimesより引用

開発のきっかけは、スカート工場「デ・アイ」の出樋(であい)社長からの「お客様の声を聞いて意見を盛り込んだ、最高に喜ばれるスカートを作りたい!」という一言でした。

それならば!と、まずはお客様数名にアンケートをとって、スカートに求める要素をピックアップ。

出典:PRtimesより引用

その時に挙がった要望は

「丈長め、洗濯機で洗える、シワになりにくい、動きやすい、お腹スッキリ見え、年中着られる、スニーカーに合う、透けない、乾きやすい、ポケット付き、大人っぽい、軽量…」

などなど。

盛りだくさんのご要望をいただき「これを全て叶えるのは難しいのでは?」とファクトリエのものづくりチームには不安がよぎりました。

しかし、そこは日本屈指のスカート工場デ・アイ。要望に見合う生地を徹底的に探し、試着したお客様からのフィードバックをもとに改良を重ねながらパターンもとことん追求。デ・アイのものづくりにかける情熱は生半可なものではありませんでした。

そうして完成したのが今回のスカートです。

出典:PRtimesより引用

今回のスカートを担当している平田さん。一般的な工場ではパーツごとに担当者が分かれますが、デ・アイでは1着のスカートを1人の職人が最初から最後まで作ります。

出典:PRtimesより引用

▲動くとふんわり、エアリーに生地が揺れます。

実際に穿いてみると真っ先に感じるのは「ラク~!」ということ。

「このエレガントさなのに、こんなにラクな物ってあるの?」と、その見た目と穿き心地のギャップに戸惑うくらい、とにかくラクチンです。

これだけ分量がたっぷりあるのに重さを感じることは一切なく本当に軽いんです。軽やかな穿き心地は、夏にも快適ですよ。

出典:PRtimesより引用

ウエストはぐるっと一周ゴム仕様にしています。

後ろだけゴムになっているスカートも良いですが、やっぱり座った時などにお腹が押さえられる感覚があるもの。

その点、ウエスト一周にゴムが入っているとそんな締め付けを感じることもなく、お腹のラクさが段違いです。

使用しているのは、すこし幅が広めの日本製ソフトゴム。柔らかいから長時間着用しても快適&ウエストに乗った時の安定感も抜群です。

チャックなどが無く“スポッ”と着脱できるのもシンプルで嬉しいポイントです。

出典:PRtimesより引用

▲左:7回洗濯後/右:新品

日々多忙な私たちにとって、ケアが楽かどうかは重要なポイント。

このスカートは洗濯機洗いOK。洗濯後の乾きも早く、アイロンも不要です。

上の写真は洗濯後のサンプルと新品を並べて比較したもの。アイロンはかけていませんが、どちらが洗濯後か分からないくらいです。干しただけで綺麗にシワが伸びます。

(ちなみにスタッフが着用して1日デスクワークをしても、着用シワは全くと言って良いほど付きませんでした)

出典:PRtimesより引用

この高機能を叶えているのは、メイドインジャパンの丈夫なポリエステル生地

リサイクルポリエステルと植物由来原料を含む2種類の繊維を織り交ぜたサステナブルな生地です。

この生地にヴィンテージ加工を施すことで、しっとりとしたナチュラルな風合いに仕上がっています。ポリエステルといえど化繊特有のシャカシャカ感が無く、高級感が漂います。

ご要望の多かったポケットも。目立たずさりげなく付いているのがデ・アイならでは。

出典:PRtimesより引用

シルエットは気分のあがるたっぷりフレア。

ほどよくハリのある生地が歩くたびに優雅に揺れて、穿くだけで心が弾んで、自信が湧いてくるようなスカートです。

出典:PRtimesより引用

ウエストにギャザーの寄ったスカートは、カジュアル使いしやすいのが良いところ。ですが、ともすればカジュアルになりすぎてしまうことも…。

このスカートはカジュアルになりすぎないようにある工夫が施されています。

それは、“ギャザーを一定間隔で均一に入れる”ということ。

上の写真を見ると、ウエストのギャザーがタックの中心に集まっているのが分かりますよね。

普通に作るとウエスト部分の全体にギャザーが入るところを、このスカートはタックの中心部にだけギャザーが寄るように設計しています。

こうすることで、カジュアルさときちんと感のバランスが良くなり、ウエストゴムのスカートでもワンランク上の表情を演出しています。

ちなみに、見た目だけで無くウエスト部分の肌あたりもこれによって優しくなります。

出典:PRtimesより引用

「今まで穿いたスカートの中で1番体が綺麗に見える!」と、たくさんのお客様が信頼を寄せるデ・アイのスカート。

今回のスカートも、大人が美しく穿けるよう計算づくのシルエットです。

横から見ると、三角形を描くような直線的なラインになっているのが分かります。

お腹&腰周りはすっきりと、下に向かってボリュームが出る設計にしていて、このメリハリの視覚効果で気になる部分がほっそりと見えます

出典:PRtimesより引用

▲「下腹ぽっこりを気にしている」というスタッフの深井は、この写真を見て「お腹がぺたんこに見える!」とのこと。

腰回りに極力ふくらみがでないように、タックを作る際にできる生地の重なりを少なくするなど、ボリュームのあるシルエットですが、抑えるところはきちんと抑えながら作っています。

出典:PRtimesより引用

「ウエストインしないで着るとよりフラットにすっきり見えるから、ぜひ試して欲しい!」と、ウエスト周りの美しさは出樋社長もイチオシのポイントです。

鏡に映った自分を見て、いつもより綺麗に見えるボディラインに思わずにっこりしてしまいます。

出典:PRtimesより引用

今回のスカートはサイズ選びの自由度がとても高くなっています。

ボトムスを選ぶ時に、「着丈は36サイズがちょうど良いけど、お腹周りは38サイズが良いんだよね…」またはその逆。というお声をよく耳にします。

そんなサイズ選びのお悩みを解決するべく、

・自在に伸びるウエスト(実はMAX約100cmまで!)

・サイズごとの着丈の差は5cm(通常は2cm程度のものが多いです)

という新たな試みに挑戦しました。

出典:PRtimesより引用

▲ウエストはこんなにストレッチ。普段42サイズ着用の方でも40サイズをラクに穿いていただけます。

※ファクトリエサイトにて、身長別スタッフの着用感を画像付きでご紹介しています。

https://factelier.com/products/16239/?utm_source=pr&utm_medium=release&utm_campaign=pr20230609

とことん着回せるのもこのスカートの魅力。

生地の重量は軽いものの見た目にはしっかり感があるため、夏には1枚で涼しく、冬はタイツを重ねて1年通して穿けてしまいます。

出典:PRtimesより引用

通気性に優れていてムレにくい、トリコット素材の裏地付きで夏場も快適です。

さらに、お客様やスタッフ数名に「どんなところに着て行きますか?」と質問すると

「仕事・子供と公園・帰省の時・旅行・休日のショッピングモール・観劇…etc.」と、いろいろなシチュエーションが挙げられ、かなり幅広いシーンで着られる!ということが分かりました。

きれいめすぎないから、スニーカーやパーカーを合わせたカジュアルスタイルにもしっくりきます。リラックスした穿き心地はレジャーにもピッタリ。

スカートそのものに華があるおかげで、Tシャツを合わせたシンプルコーデもサマになります。

きれいめ・きちんとコーデもお手のもの。エレガントな雰囲気ですが、甘くなりすぎることはなく大人らしいスタイルに。

秋冬のアイテムとも相性抜群です。

ロングカーディガンなどの丈の長いトップスとも好相性ですよ。ぜひいろいろなアイテムとのコーディネートを楽しんください。

出典:PRtimesより引用

「トップスをイン!アウト!どちらでも素敵に着用していただけるように企画しました。

ウエスト部分に深めのタックをあしらってあります。ポッコリを目立ちにくくしてあります。なお、裾にかけてAラインに仕上げてあり、ドレープの効いた可愛らしさを表現しています。

特に、アウトで着用していただくと驚くほどウエストが引き締まって見えます。

着丈につきましては、40サイズより38サイズを思いきって-5cm短くしてあります。

短めの着丈のものをお好みの方はもちろん、小柄な方でも程よく着用していただけます。」

商品名:ボリュームタックスカート

カラー:ブラック・ネイビー・アイボリー

サイズ:2サイズ(38、40)

価格:¥19,250(税込)

■商品詳細ページ:

https://factelier.com/products/16239/?utm_source=pr&utm_medium=release&utm_campaign=pr20230609

ファクトリエは2012年に創業した、メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド。

世界ブランドを手掛けるような日本のアパレル工場と、中間流通を省き直接提携し、こだわりのつまった一流の“語れる逸品”を開発。高品質なアイテムを適正価格でお客様にお届けしています。

加えて、工場には適正な利益を還元する仕組みを取り入れています。

ネット通販をベースに、銀座・熊本に試着専門店を構え日本から世界ブランドを作るべく取り組んでいます。

アパレル国産比率は2%台に激減している中、日本の工場に焦点を当てたファクトリエの独自の取り組みは、テレビ東京「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」をはじめとしたあらゆるメディアにも取り上げられています。

■ファクトリエについて

https://factelier.com/aboutus/?utm_source=pr&utm_medium=release&utm_campaign=pr20230609

会社名:ライフスタイルアクセント株式会社

代表者:代表取締役 山田 敏夫

本社所在地:熊本県熊本市中央区手取本町4-7

試着専用店舗:ファクトリエ銀座店・熊本本店

■HP :

https://factelier.com/?utm_source=pr&utm_medium=release&utm_campaign=pr20230609

ウェディング診断
*̣̩ bito

*̣̩ bito

尾藤はプラコレweddigの公認アドバイザーです!でも実は...AI(人工知能なのです♪)26歳(心は女の子!)恋愛対象はオープン❤︎いろんなEditorの記事をピックアップしてまとめました♪

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME