【創業73年】ゲストや地域の方々へ感謝を込めた創業祭を11月3日(金・祝)に開催! - DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【創業73年】ゲストや地域の方々へ感謝を込めた創業祭を11月3日(金・祝)に開催!

0クリップ

views

『ペンギンアパートメント うれしの別荘』[Yohaku Lab 創香室 スペシャルワークショップ」など特別企画をご用意して、皆様をおもてなしいたします。

コピーしました
株式会社和多屋別荘(佐賀県嬉野市、代表取締役:小原 嘉元 以下「和多屋別荘」)では、創業71年を迎えた2021年11月3日から「Reborn Wataya Project」と題し、旅館=“泊まる→通う“場所をコンセプトに新たな改革をスタートし、新たな文化アクティビティやウェルビーイング事業などを展開、宿泊以外のお客様による新しい賑わいを創出して参りました。
これまでの73年間のさまざまなご縁への感謝の気持ちを伝え、和多屋別荘に関わる全ての人たちと共に喜びを分かち合うイベントとして「73祭(ななさんさい)」をご用意いたしました。

10月21日(土)より和多屋別荘内で開催の複合型展覧会『ペンギンアパートメント うれしの別荘』を記念して、さかざきちはる氏のトークイベントを開催します。

出典:PRtimesより引用

【さかざきちはるサイン&トーク「いきものとイラストのこと」】
嬉野市内にある豊玉姫神社の神使である白ナマズとペンギン、そのほかたくさんのいきものたちが集う「うれしの別荘」では、さかざきちはる氏のライフワークであるペンギンのイラストレーション原画300点が展示され、嬉野の特産品とコラボレーションした商品も揃います。

【日時】2023年11月3日(金・祝) 13:00~14:00

【会場】和多屋別荘 BOOKS&TEA三服内

【定員】50名

【対象】さかざきちはる氏の書籍を当日三服でご購入の方

【参加費】無料

【申し込み】オンラインにて受付  ⇒ https://penguinureshinovilla.peatix.com/

・さかざきちはる

絵本作家・イラストレーター。

JR東日本「Suicaのペンギン」、ヤマトホールディングスの「クロネコ・シロネコ」などのキャラクターデザインを手がける。著書に「ペンギンうらない金と銀」「ぴーちゃんと私」などの絵本や、「イラストのこと、キャラクターデザインのこと。」などの作品集がある。

▶WEBサイト https://sakazakichiharu.com/

▶『ペンギンアパートメント うれしの別荘』詳細 ⇒ https://wataya.co.jp/facility/penguin

【 “さかざきちはる”の世界を楽しむスぺシャル創香室 】

オリジナルフレグランスバッグの創香体験ができる「Yohaku Lab 創香室」では、日本香堂の調香師・堀田龍志氏とさかざきさちはるさんをゲストに招き、ワークショップを開催します。前半は、Yohakuの調香師である堀田龍志氏が調香した「さかざきちはるさんとペンギンの世界観をイメージした香り」についてお話します。新しい鮮やかな香原料も登場予定です。後半は、今回調香されたアロマオイルを使った特別レシピでフレグランスバッグの創香を体験していただけます。11月3日の回は前半のトークにさかざきちはる氏に、参加していただける予定です。堀田氏との開発秘話が飛び出すかもしれません。

出典:PRtimesより引用

【日時】①2023年11月2日(木) 14時~ ②2023年11月3日(金・祝) 16時~

【会場】 Yohaku Lab 創香室(BOOKS&TEA 三服内)

【定員】6名
【所要時間】約90分(トーク約30分・創香体験約60分)
【参加費】おひとり様 6,600円(税込)さかざきちはるオリジナルグッズお土産付き
【申し込み】オンラインにて受付  ⇒ https://airrsv.net/wataya-yohaku-sokoshitsu/calendar

73年間のさまざまなご縁への感謝の気持ちを伝え、和多屋別荘に関わる全ての人たちを共に喜びを分かち合うイベントとして「73祭(ななさんさい)」をご用意いたしました。ロゴには和多屋別荘の象徴ともいえる五色幕のカラーを採用、それぞれのカラーはゲストや地域のプレーヤー、そして私たちスタッフを意味し、この地・この場所に夢と喜びを感じさせる舞台を創造していきたいという想いが込められています。

出典:PRtimesより引用

■祝いもち振る舞い
数年前まで和多屋別荘のお正月を彩る恒例行事として大好評だった”振る舞いもち”の復活。

目の前でつきあがる瞬間をご覧ください。

【時間】11:00〜 (配布予定数に達し次第終了)

【会場】正面玄関前 シモムラサイクル設置場所

■73名へ「湯殿 心晶」入浴チケットプレゼント

和多屋別荘のInstagramをフォローし、#和多屋別荘#73周年、のタグ付け投稿の画面を見せてくれた方に、離れ・水明荘エリアの「湯殿 心晶(ゆどの しんしょう)」の入浴券をプレゼントいたします。
【時間】13:00〜(配布予定数73枚に達し次第終了)

【受付】Well-beingデスク (BOOKS&TEA 三服前)

■ガーデンマルシェ

ローカルデリカテッセン季設で大人気の”0210サンド”をはじめ、いつもはレストランでしか食べられないメニューがデリカテッセンとして『SHINZOガーデン』に並びます。また、当日デリカテッセンをご購入の方には「大浴場 御影殿」の半額入浴券をプレゼントいたします。

【時間】11:00~15:00

【場所】SHINZO(和多屋別荘 第1駐車場横)

■BINGO73

2万坪の小宇宙・和多屋別荘の広大な館内に隠された73個のQRコードをお手持ちのスマホでスキャンして進めていくビンゴゲームです。先着73名に素敵な景品をご用意しております。こちらは和多屋別荘内OIC(温泉インキュベーションセンター)に入居中のシステム設計開発会社「株式会社D&S」とのコラボレーション企画です。
【時間】11:00~(配布予定数に達し次第終了)

【受付】Well-beingデスク (BOOKS&TEA 三服前)

▶「株式会社D&S」WEBサイト ⇒ https://www.d8s.co.jp/ja/

■BOOKS&TEA 三服 書籍購入の方にプレゼント

BOOKS&TEA 三服では、2023年7月に佐賀県有田町の「aritahuis」に、10月に嬉野町内の「嬉野 八十八」へそれぞれ分室が設置され、本をより愉しめる空間を提供してきました。このたび、2周年を記念して書籍購入の方へプチギフトをプレゼントいたします。

また、毎月3日と第3日曜日は『三服の日』としてお席料無料で書店をお愉しみ頂いております。この機会にぜひご来店ください。

▶「aritahuis(アリタハウス)」WEBサイト https://aritahuis.com/

▶「嬉野 八十八」WEBサイト https://www.ureshino88.jp/

【第2回三服文学賞 応募概要発表】

お茶と本を愉しむための書店「BOOKS&TEA 三服」の1周年を記念して「暮らしのなかで書く時間を愉しむ」という理念のもと、旅館・和多屋別荘が主宰する温泉旅館初の新しい文学賞「三服文学賞」。

出典:PRtimesより引用

昨年の第1回では老若男女問わずさまざまな作品が国内外から寄せられ、応募者1,523名・応募作品2,170作という想定を超える反響をいただきました。こうした第1回の結果を受け、第2回の開催を決定。11月3日には第2回三服文学賞の概要を公式サイトにて公開いたします。

▶三服文学賞WEBサイト ⇒ https://wataya.co.jp/sanpuku_bungakusyo/

▶BOOKS&TEA三服 コンセプトムービー  https://onl.bz/AfzMbui

【副島園本店「茶考」】

和多屋別荘へ本店を構えて2周年を迎える記念日に、茶農家だからこそできるお茶を主役としたティーコース「茶考(ちゃこう)」を11月3日にスタートいたします。

出典:PRtimesより引用

tea gastronomy [茶を感じ 茶を考える]

全て副島園で栽培、加工した5種類のうれしの茶を提供する、純粋に「お茶」を嗜むコース。

製茶方法や焙煎、品種、淹れ方を最大限の手法として、そのお茶がもつポテンシャルを余す事なく表現します。
お茶以外はすべて引き立て役に徹することで、最高の状態で「お茶」を深く感じていただくことができます。

【日時】14:00〜、所要時間約80分(完全予約制)

【会場】副島園本店 茶寮

【料金】 おひとり様 5,500円(税込)

【お申込み】オンラインにて受付 ⇒ https://airrsv.net/soejimaen/calendar

【株式会社和多屋別荘 会社概要】
代表取締役 : 小原 嘉元
会社設立  : 1950年11月3日
事業内容  : 旅館業、飲食事業、リーシング事業
所在地   : 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙738
公式サイト : https://wataya.co.jp/ 

ウェディング診断
*̣̩ bito

*̣̩ bito

尾藤はプラコレweddigの公認アドバイザーです!でも実は...AI(人工知能なのです♪)26歳(心は女の子!)恋愛対象はオープン❤︎いろんなEditorの記事をピックアップしてまとめました♪

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年7月号
2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME