【受付を頼まれた方へ】これで安心!受付時の流れやマナー、当日の服装まで抑えておきたいポイントをまとめてご紹介♥ | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

【受付を頼まれた方へ】これで安心!受付時の流れやマナー、当日の服装まで抑えておきたいポイントをまとめてご紹介♥

1クリップ

views

結婚式に参列する場合 受付をお願いされることもありますよね◎ 新郎新婦に代わってゲストを出迎える結婚式の受付係。 中にはご祝儀の管理など、 ふたりに信頼されているからこそ、 大事な役割も担うとっても重要な立ち位置。 そんな「結婚式の顔」ともいえる受付係の 服装や立ち居振る舞い、 マナーをご紹介させていただきます。

みなさま、こんにちは!
DRESSY編集部です♡

結婚式に参列する場合
受付をお願いされることもありますよね◎
新郎新婦に代わってゲストを出迎える結婚式の受付係。

中にはご祝儀の管理など、
ふたりに信頼されているからこそ、
大事な役割も担うとっても重要な立ち位置。
そんな「結婚式の顔」ともいえる受付係の
服装や立ち居振る舞い、
マナーをご紹介させていただきます。

結婚式の受付係の役目って?

両家に代わってゲストを出迎える
大事な役でもある受付係。
記帳の案内とご祝儀の受け取りが主なお仕事なんです。
自分自身がゲストとして招かれていても、
受付係をしているときにはホストの立場になるので、
マナーや、気を付けておきたいポイントはたくさん。

▼受付係の仕事内容
・ゲストへ列席のお礼を伝える
・芳名帳への記入やゲストカードの提出を依頼する
・ご祝儀を受け取る
・席次表を渡す
・お車代を渡す
・披露宴が始まるまでの案内をする

事前準備を忘れずに

受付係はほかのゲストよりも少し早めに会場について、
準備を進めておくのが一般的。
前日までに集合時間と開始時間を
必ず確認して把握しておきましょう。
迷ったり遅れたりすることのないよう、
招待状や、場所、交通面についても
あらかじめ入念にチェックしておくのことが重要◎

▼前日までに確認しておきたいポイント
・集合時間
・挙式の開始時間
・会場までのアクセス方法
・当日の天気や気温

受付係は他のゲストより早めに着いておくように
新郎新婦さまから依頼されていることがほとんど。
前日までに必ず集合時間と
挙式の開始時間を確認しておくと安心ですよ◎
会場までのアクセス方法もチェックします。

また、電車が止まることや遅延した場合も考え、
複数の経路を確かめておくのがおすすめ。
当日の朝に服装で慌てないように、
天気や気温も前もって確認しておくといいですよ!

▼受付の仕事を始める前に確認しておきたいポイント
・担当の割り振り
・テーブルに用意されているものの確認
・ゲスト名簿の確認
・会場内設備の確認

会場に着いたら、受付の仕方について
会場スタッフの方が説明をしてくださることがほとんど。
受付係は通常、新郎側、新婦側
それぞれ2人1組で行われます。

担当する者同士が初対面の場合は、
まず自己紹介をしましょう。
複数人いる場合は、ご祝儀を受け取る人や、
芳名帳を書いてもらう人など、
誰がどの役目をするかを振り分けましょう。

次に芳名帳やご祝儀袋を置く台、席次表など
受付テーブルに用意されている物を確認し、
必要なものはすべて揃っているか、確認しましょう。

それから招待しているゲストの名簿を見て、
誰にお車代を渡すのか、
ご祝儀を受け取らない相手などを、
事前に全員で確認しておきます。
また、化粧室やゲストの控室、
エレベーターやエスカレーターの場所など、
ゲストに聞かれそうな設備を
事前に合わせて確認しておくと安心です。

結婚式によって流れが変わってくるので、
準備の段階で新郎新婦とこまめに連絡を取っておくことで、
新郎新婦さまも安心して当日を迎えていただくことが出来ますよ◎

テーブルに用意されているもの

多くの場合、受付係が到着した際には
すでに受付テーブルには必要なアイテムが並べられています。
テーブルに芳名帳と筆記用具、ご祝儀を置くトレー、
ゲストに渡す席次表があることを確認しておきましょう。

お車代は、受付が始まる前に
ご両親やご親族の方が持ってくることがほとんど。
受け取る際には封筒の数や
渡す相手についてその場で確認しておくと安心。
また、出席の確認とお車代を渡す人に
きちんと渡せたかどうかをチェックするために
受付係の手元には、席次表を1部広げておきます。
会場や新郎新婦が作った出席者リストがあるなら、
そちらを使用して、抜けていたことがないように注意をしましょう。

▼受付テーブルに用意されているもの
・芳名帳
・筆記用具
・トレー
・席次表
・お車代
・ゲストのリスト

当日の基本的な流れ

①受付係の打ち合わせ

多くの場合、ゲストの受付開始は
開宴30分前からがほとんど。
ただ、早めに来場するゲストも必ずいるので、
受付係は少なくとも開宴1時間前には集合して、
確認事項や当日の流れなど打ち合わせしておきましょう。

受付係同士が初対面のことも多いので、
まずは顔を覚えて、役割分担を確認しておきましょう。
多くの場合、受付係は新郎側新婦側がそれぞれ2名ずつで、
1名がおもにご祝儀を受け取る係、
もう1名がおもにご案内・誘導をする係になります。

②式場スタッフとの打ち合わせ

多くの場合、会場側で備品を用意してくれているので、
しっかり説明を受け、必要な人に
必要なものが手渡せるように段取りを組んでお
開始前に確認しておきましょう◎

③出迎えの挨拶を

受付開始前に時間があれば、
新郎新婦さまのご親族に挨拶に行きましょう。

挨拶は、
・お祝いの言葉
・自己紹介
・受付をしっかり務めることなどひと言
をしっかりと伝えましょう。

ゲストが来たら、必ず立って一礼をして迎えます。
ゲストが、「本日はおめでとうございます」と
お祝いの言葉を述べたら、出席への感謝を伝えましょう。
ゲストが新郎新婦の親族と分かった場合には、
こちらからお祝いの言葉を伝えられると◎

④ご祝儀を受け取る

挨拶が終わると、ゲストからご祝儀が差し出されます。
両手で受け取り、お礼を伝えましょう。

このとき、おもにご祝儀係はゲスト名簿を確認し、
ご祝儀を受け取った記録をチェックなどで残していきます。
そして確認が取れた後、ご祝儀をお盆の上に納めます。
このとき、ご祝儀がお盆の上に
適度に積み重なった状態が「おめでたい」ことでもあるので、
お盆の上から目を離さないようにしつつ、
お祝い気分を演出するといいですよ!

⑤芳名帳への記帳をお願いする

芳名帳はゲスト側に向けて置き、
記入していただく箇所を
手で指し示しながら、ペンを両手で手渡します。

芳名帳への記帳は受付が渋滞しがちな場面ですが、
ゲストに対して失礼な態度にならないよう心がけましょう。
配布物を手渡し、控え室を案内する
ゲストに芳名帳への記帳をしてもらったら、
次に席次表を手渡し、控え室の方向に
手を向けてご案内をします。

⑤遠方ゲストなどに、頼まれていた「お車代」を渡す

なお、お車代や無料駐車券などを
お渡しする必要がある場合は、このときにお渡しします。
お車代を渡すように頼まれている人には、
席次表と一緒に「○○から預かっております」と言って渡します。
渡す人と渡さない人がいるので、
受け取る人が気兼ねしないようさりげなく渡すのがポイント。

⑤ゲストに席次表を渡しながら、案内を行う

席次表を渡した後は、
ゲストに開宴まで控室で待ってもらうのでその案内をします。
化粧室や喫煙場所などを聞かれることもあるので、
一通り設備を事前に確認しておきましょう。

⑥自分たちの記帳をする

受付係を頼まれたときには、
自分たちの記帳は最後に行います。
自分が持ってきたご祝儀も合わせて、
新郎側と新婦側でまとめます。

ご祝儀と芳名帳は指定された人に

最後に、受付を閉める段階の流れです。
ゲストが全員揃っていたら、
ご祝儀と芳名帳を袋に入れて、
決められた人に直接手渡しましょう。

袋は会場で用意されていることがほとんど。
ご祝儀を会場の金庫に保管する場合は、
決められた担当スタッフと金庫に出向き、
きちんと保管されたところまでを確認して、鍵を預かります。
そしてその鍵を、決められた人に手渡します。

まだ会場に到着していないゲストがいる場合は、
基本的に受付係のうち1、2人だけが残り
ほかの受付係は会場に向かいます。
いよいよ開宴となる頃に、
会場スタッフが「そろそろ入場されてはいかがでしょうか」
と声をかけてくれることが多いようです。
その場合は、ここで受付を閉め、
ご祝儀と芳名帳を専用袋にまとめて決められた人に渡します。

受付の注意点や服装のマナーは?

ウェディング診断

nana♡

関西の大学卒業後、憧れのブライダル業界へ。おしゃれなもの、かわいいもの、ドレスが大好き♡*゜全国の花嫁さまに素敵なかわいい情報をたくさん発信してまいります♡⑅

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

FOLLOW ME