【5年未満に離婚してしまう夫婦が多い?!】~新婚さんこそ必見!離婚原因はどんなものがあるのでしょう?離婚回避するために知っておきたい離婚原因6選*~ - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【5年未満に離婚してしまう夫婦が多い?!】~新婚さんこそ必見!離婚原因はどんなものがあるのでしょう?離婚回避するために知っておきたい離婚原因6選*~

393クリップ

views

元々他人同士であった夫婦が一緒に暮らしていく中で、思っていたことと違う...ということは多々あると思います。それがいつしか大きな離婚原因になってしまうこともあるかもしれません。今回は、そんな悲しい結果にならないように、離婚原因にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきたいと思います*

コピーしました


プレ花嫁の、みなさま、こんにちは!
神奈川県のご当地ライターのゆいまるです♡*

元々他人同士であった夫婦が一緒に暮らしていく中で、
思っていたことと違う…ということは多々あると思います。

それがいつしか大きな離婚原因になってしまうことも
あるかもしれません。

今回は、そんな悲しい結果にならないように、
離婚原因にはどんなものがあるのか、
詳しく見ていきたいと思います*

離婚危機は5年未満が多い?!

 

結婚後、離婚してしまう夫婦が一番多いのは
結婚“何年”の夫婦かご存知ですか?

実は、結婚2年目の離婚が最も多いのです。

そして、結婚5年未満は「魔の期間」といわれるように、
5年未満での離婚は約3割を占めています。

いかに“結婚5年未満”が夫婦にとって
大事な期間であるかということがわかりますね。

離婚の原因は?

1.子供の有無

 

一つ目は、子どもの有無です。

結婚して間もないころというのは、
子どもがいる夫婦もまだ少ないため、
“子どもがいるから離婚を思いとどまる”
“我慢する”などといった、
子どもに与える影響を考慮して
離婚を思いとどまる必要がないため、
早い離婚に繋がってしまうようです。

つまり、ストッパーとなる子どもの存在がないため、
何か夫婦間で問題が発生してから
離婚するまでの決断が互いに早まってしまうためです。

子どもが居ないということは何のしがらみもないので、
離婚後の再婚もしやすい
という現実的な面もあるかもしれません。

2.結婚までの交際期間が短い

 

二つ目は、交際期間が半年未満と短いケースです。

もちろん交際期間が短くても
幸せな婚姻生活を送っている人もいますが、
相手のいいところしか見ていないまま結婚に至ってしまい、
実は暴力的な人だった、
性格や価値観がまったく合わなかった…
ということもあります。

交際が長ければ、マイナス部分もある程度知っているので、
「こういうタイプだしな~」
「またこのパターンだ」と、
自分の中で納得材料を作ってしのげたりするものです。

結婚生活は恋愛気分の延長では成立しません。

そこをわきまえずに、相手のいいところしか
見てなかったお付き合い期間の延長で結婚に至ってしまうと、
相手の嫌なところばかり目について
幻滅の度合いが大きくなってしまいます。

一般的に、交際期間が半年未満だと
注意が必要だとされており
相手の嫌な部分を知らないでいる人は危険かもしれません!

できちゃった結婚

ウェディング診断

【神奈川公認】ゆいまる

法政大学を卒業後、ウェディングプランナーのお仕事のお手伝いを経て、ブライダル業界へ♡*全国の花嫁さんのお力になれるように、沢山の素敵な最新の情報をお届けしたいと思います♡

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME