パートナーをその気にさせるセックステクニック5選 | DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

もっとセックスしたい♡パートナーをその気にさせるテクニック5選

95クリップ

views

日本は世界的に見ても「セックス頻度が低い」国ですが、それよりも気になるのが「セックスの満足度も世界最下位」だという事実。世の中の夫婦やカップルの中には「もっとセックスしたい!」と思っている人が多い反面、なかなか身を結ばないという悲しい現実があります。そこで今回は、セックスを積極的にしたいという人に向けて、パートナーをその気にさせるセックステクニックについてご紹介していきたいと思います。

コピーしました

「もっとセックスがしたい!」「性欲が満たされない!」という元気なそこのあなた♡
性欲が強いということは健康的な証拠でもあり、何よりもパートナーを愛しているということであるのでとても喜ばしいことです。
しかしいくらこっちが「やる気」でも、肝心のパートナーにその気がなければ充実感のあるセックスにつながることはあり得ませんよね。
そこで今回は、その気がないパートナーにその気を起こさせる、マル秘セックステクニックをご紹介していきます♡

 

そもそもなぜ「セックス」が重要視されるの?

日本は世界的にみても有名な「セックスレス国家」ですが、なぜセックスが少ないといけないのでしょうか?
セックスなしでも夫婦仲良く過ごしているところもあるのに…。
古今東西、夫婦のセックス頻度についても話題はとても盛り上がるトピックとして注目され続けていますよね。
それは、人間が本能的に「セックスは男女間でとても重要な要素である」と考えているからではないでしょうか?
セックスの頻度を各国別に調査している団体も存在しているほどで、夫婦関係を良好に保つために、セックスをすることが大きな役割をしてくれると示しています。
では、セックスを頻繁に行ったりセックスの満足度が向上したりすると、夫婦間にどのような変化が現れるのでしょうか?

・夫婦間の絆が深まる
・女性ホルモンが安定してキレイになる
・男性は性欲が満たされると精神的にも安定する
・家庭が和やかな雰囲気になる
・やる気が出て仕事もはかどる
・生活にうるおいが出る

など、セックスは男性と女性が愛情を表現する究極の行動です。
そのため、セックスを定期的に行うことでお互いの愛情を感じられるため、付き合いが長くなっても「空気のような存在」にはなりにくいもの!
結婚生活が長くなってくると、どうしても「いいたいことをズケズケといってしまう」「遠慮がなくなる」「異性として意識しなくなくなる」といった問題点が生じがちですが、セックスを行うことによってこれらのトラブルを回避することもできるそうです♡
いつまでも仲のいい関係性を保つためにも、定期的なセックスでお互いの愛情を確認し合うことはかなり重要なことだといえるのではないでしょうか?

 

夫婦の営みってどのくらいが一般的なの?なかなか聞けない「性生活」のホンネを大公開!

マル秘テクニック5選♡

ウェディング診断
ご当地 花嫁ライター⁂*

ご当地 花嫁ライター⁂*

47都道府県に在住のご当地花嫁ライターさんそれぞれの記事です⁂* 住んでいるからこそ分かる「地域ネタ」や「地域の結婚式の感覚」を記事に盛り込んで、ライターさん自身が「これから結婚する花嫁」「その土地に嫁ぐことになった女性」の気持ちになって、自分たちがしている当たり前の結婚式情報はもちろん、最近地元ではやっている手土産さん、ドレスショップ、ブーケ、フォトスポットなど、地元ならではの情報を純粋に書いて発信します♡♥

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME