白無垢ってそもそも何なの?由来や名称、白無垢の選び方まで紹介。 - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

白無垢ってそもそも何なの?由来や名称、白無垢の選び方まで紹介。

111クリップ

views

最近前撮り写真で目にする白無垢って何!?人生でたった一度の結婚式。白無垢もドレスも着たい花嫁さんに必見です!!前撮りで白無垢を着るために知っておくべきこと、注意点などを紹介していくので、是非是非チェックしてみてくださいね*

コピーしました


皆さんこんにちは♡
Dressy編集部です!

結婚を決めたらまず迷うのが
結婚式で何を着るかではないですか?

ウエディングドレスか白無垢か…
日本人だから白無垢も捨てがたい
でも、ドレスも着たい!

そんな花嫁様に!!!
最近では前撮りや後撮りで白無垢を着る
花嫁様が増えているんです*

今回はその白無垢について説明していきます◎

白無垢とは?

View this post on Instagram

白無垢とは室町時代から用いられている
最も格式の高い婚礼の衣装のことなんです。
神様に仕える人の衣裳が白だったことから、
邪気を払い神聖な儀式に臨むときの衣装として
用いられたとも言い伝えられています♪

最近では神社や寺院での挙式のみならず
前撮りで撮影する方が増えています!

白無垢の由来

View this post on Instagram

日本人にとって白というのは太陽の光であり
神聖な色として古くから好まれてきました*
この色は花嫁様の清らかさや
心の美しさを象徴しているそうです♪

生まれたときに着る産着は白、
死者に着せる色も白。
体を白でまとう瞬間とは
必ず大切な瞬間であります♡

また、白無垢が白であるということから
「婚家の嫁として、嫁いだ先の家風に染まる」
「清廉潔白」
という意味が込められています*

昔は「純潔無垢」の意味としても
大切にされていました。
白一色の衣装を身にまとうことで
花嫁様をより綺麗に凛と際立たせてくれること
間違いありません!

白無垢の名称や役割

View this post on Instagram

半衿(はんえり)

半衿とは着物の下に着る
長襦袢(ながじゅばん)の衿に縫い付け、
汚れを予防するためのもので、
汚れたら半衿を外して洗濯して
付け替えられるものなんですって!
長さが衿の半分程度であることから
「半衿」と名付けられました!
現在では顔まわりに近いこともあり、
装飾品の役割が大きくなっています♡

もともとフォーマルな場では
白の無地が基本とされていましたが、
現在では衿もとの着こなしとして、
刺繍などによる華やかな装飾を施したものも
多く見られます*
様々な素材やデザインのものが出回っていますが、
結婚式で花嫁様がお召になる場合は
白く光沢のある塩瀬羽二重や、
ふっくらと優しい印象を与えてくれる
縮緬(ちりめん)が人気です♡

筥迫(はこせこ)

筥迫は江戸時代に武家の女性が打掛を着用する際に
ふところに入れていた紙入れの一種で、
お金やお守りだけでなく
化粧道具などが入れられてたそうです♪
現在ではこのような実用性はなくなり、
装飾品として胸元を着飾ります♡
鮮やかな刺繡がほどこされており、
胸元を優美に飾るのでアクセサリーとしての
要素が強い小物となっています*

「いつまでも美しく身だしなみを整える」ようにと*
そして夫への親愛の思いがこもった小物になっています♡

帯揚げ(おびあげ)

帯枕にかけ、帯結びの形を支えたり、
帯の結び目が下がらないようにするために
用いるんですって!
白無垢には真っ白な帯揚げを使います。
帯揚げには「子宝に恵まれますように」という
深い意味が込められています♪

帯締め(おびじめ)

帯の上から締め、抑える装飾品となっていて
婚礼衣装では「丸ぐけ」という中に綿が入った
ふっくらしたものを用いるそうです*

この丸ぐけには「永遠に続く幸せ」という
素敵な意味が込められています♡

伊達衿(だてえり)

伊達衿とは衿の下に別の衿を重ねて、
衿元だけ何枚も着ているように
見せかけるために用います。
昔は礼装といえば二枚重ね、
花嫁衣装は三枚重ねと着物を重ねて着る
しきたりがあったそうです!

半衿と伊達衿は顔回りに近いこともあるので
違いを知っておくと良いかも◎

半衿は着物の衿が汚れるのを防ぐのと同時に、
コーディネートを楽しむアイテムになります♡
伊達衿は着物を重ねて着ているように見せることで、
コーディネートに華を添えるアイテムです♡

半衿は色や柄によって顔周りの印象を変化し、
伊達衿は小物や柄、全体のバランスを見ながら
挿し色として使うのがポイントになります!

 掛下(かけした)

白無垢はたくさん重ね着しているイメージを
持たれるかもしれませんが、
白無垢はもともと小袖の上に羽織る上着だったそうです!
つまり、白い着物の上に白無垢(白い打掛)を
羽織っている状態のことです!
掛下とは白無垢の下に着る専用の振り袖のことなんです!
打“掛”の“下”に着るから“掛下”と呼ばれるようになりました*
通常の着物を着るのと同じように、
肌襦袢(はだじゅばん)と呼ばれる肌着、
長襦袢(ながじゅばん)、掛下の順に着ます♪

白無垢には白地が基本ですが、
現在はお洒落として色ものの
掛下着を合わせることもあるそうです♡

懐剣(かいけん)

懐剣とは昔武家の女性が自衛のために持っていた
短剣のことで布の中に入れ、
帯の左側に挿していたそうです!
「自分の身は自分で守る」という意味が込められており、
また剣には古くから神が宿っているとされており
魔除けとしての役割も示しているそうです*
現代ではアクセサリーとして見られることが多く、
袋や房の色でコーディネートを楽しめる
小物の一つになっています♡

末広(すえひろ)

末広とは打掛を着用する際に持つ小さな扇のことで、
末広がりでおめでたい縁起物とされています♡
しかし気をつけなければいけないことがあり
扇を開くのはマナー違反なのです!
閉じた状態で手に持ったり
帯に挟んだりするのがマナーになります*

掛下帯(かけしたおび)

掛下帯とは掛下に用いる専用の帯のことです*
婚礼衣装に用いるのは、最も格式の高い丸帯で、
幅は24~26cmと一般の帯幅(約30cm)
よりも小さめに作られているそうです!
通常の帯は裏地に異なる生地を使用しますが、
丸帯は表も裏も同じ生地を用いるのが特徴的です*

抱え帯(かかえおび)

本来は着物の裾をたくし上げ、
押さえておくために帯の下のほうで
結ぶ細い帯のことだったそうです!
現在では花嫁衣裳のみに用いられ、
装飾的な役割になっています♪

前撮りで白無垢が人気の理由

View this post on Instagram

結婚式ではウエディングドレスで行う人が
多いのではないでしょうか?
和装とドレスどちらも着たい人には
「前撮りでは白無垢を」、
「結婚式ではドレスを」という人が増えています♡

また、白無垢は日本に伝わる伝統的な婚礼衣装でもあります!
そのため、両親や祖父母などの親戚は
喜んでくれること間違いなし!

次のページでは白無垢の選び方についてです♡

ウェディング診断

mikki

中学生の頃からブライダル業界で働くのが夢でした。そこから5年間結婚式場でのサービスアルバイト経験。たくさんのカップル達に結婚式の良さを配信していきたいです♡

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME