【鳥取県】鳥取花嫁さま必見♡鳥取県ならではのしきたりや結婚式事情をご紹介♡♥ - DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【鳥取県】鳥取花嫁さま必見♡鳥取県ならではのしきたりや結婚式事情をご紹介♡♥

114クリップ

views

コピーしました

プレ花嫁のみなさま、こんにちは!
DRESSY編集部です♡

本日ご紹介するのは
鳥取県の結婚式◎
これから知らない土地に嫁ぐことを
考えていらっしゃる花嫁さまは
きっと不安がたくさんですよね。
今回はそこで、鳥取での結婚式の風習をご紹介。

これから鳥取県に嫁ぐ予定の花嫁さま、
また鳥取県での挙式を考えている
鳥取花嫁のみなさまはぜひ参考にしてみてくだいね*

鳥取県の結婚式披露宴が気になる♡

鳥取県の結婚式披露宴は、
観光地の土地柄もあり、
ホテルウエディングが人気なんですって◎
また、土地柄もあって、
自然を満喫できるロケーションも人気♡
宇部神社や白兎神社、
大神山神社をはじめとする
由緒ある神社が多いこともあり、
神前式が人気のエリア◎

この投稿をInstagramで見る

また、ホテルウエディングなら、
遠方から来る親族にも
対応出来るという理由もあり、
遠方からのゲストにも安心して参加していただけ、
喜んでいただけることまちがいなしですよね♡

ご家族の方のなかには
結婚に関するしきたりや
風習を重んじる傾向もあるため、
結婚式は、神前結婚で
と考えるカップル実は多いんだそう!

ホテルウエディングは、
そうした神前結婚も可能ということもあり、
根強い人気の理由の一つになっているんですって◎

この投稿をInstagramで見る

しかし、ここ最近では
海辺の近くのゲストハウスも鳥取県にはあるので、
海に面した最高のロケーションの下、
シーサイドウエディングを
希望する新郎新婦さまも
増えてきているようですよ*
また、雄大な大山を代表する
自然豊かなロケーションが魅力の
ガーデンウエディングなど、
開放的な雰囲気の中で行える結婚式を
選ぶカップルも増えていて、
挙式スタイルではふたりの言葉で誓う
人前式が増加傾向にあるんですって◎

結婚式披露宴の費用ってどのくらい?

鳥取県の結婚式にかかる費用は、
全国的に見ると抑えられているようで、
ある年のデータでは、
全国38位の、213万円だったことも!

最近の結婚式の傾向の一つとして、
親族と本当に親しい友人だけで行なう、
いわば手作りの、温かみのある
アットホームウェディングも人気◎

この投稿をInstagramで見る

ゲストは65人前後がボリュームゾーンといわれており、
親の意見や気持ちを大切にする鳥取のカップルは
結婚式のための親からの
援助額は年々減少傾向にあるものの、
一緒に準備を進めて楽しい思い出をつくる
という考え方が根強いのが特徴的♡

この投稿をInstagramで見る

鳥取県では少人数でのアットホームウェディングにも
対応してくれる式場もいくつかあるので、
結婚式にかける費用も必然的に
少なくなってきているのかもしれませんね*

そしてかかる結婚式の費用は6分4分の割合で
新郎側が多く負担するのが習慣なんだそう◎

この投稿をInstagramで見る

もしくは、新郎側か新婦側の
招待客が少なかった方の人数に合わせて、
その内の、5、6名ほどの分を
新婦側が負担するという場合もあるようですよ*

おもてなしも忘れずに♡

鳥取ならではの演出も夏のしゃんしゃん祭や、
2年に1度開催される聖神社神幸大祭があり、
結婚式では傘踊りや屋台と呼ばれる
みこしを使った演出が人気なんだそう♡

お料理へのこだわりが高めなのも
鳥取県の結婚式の特徴◎

この投稿をInstagramで見る

ゲストに振る舞う料理では、
境港など地元の新鮮な魚介類を取り入れた
おもてなしが主流。
また、最近では余興にDVDや
映像を使った演出が多く、
7割ほどのカップルが取り入れているんですって!

引き出物のおすすめは?

鳥取県の名物といえば因幡の白うさぎ
1969年に誕生して以来、
鳥取県民に親しまれる鳥取を代表する銘菓に!
うさぎをかたどった焼き菓子は可愛く、
お土産にもとってもおすすめなんです。
また、カレーの聖地でもある鳥取は、
かつて消費量1位をとっていたほどに人気なんですって◎

また、鳥取和牛がやっぱり
先輩卒花嫁さまの中でも大人気!
ほか、砂丘のらっきょも
ギフトとして選ばれやすいそうですよ!
ぜひ参考にされてみてくださいね。

鳥取独特の儀式やしきたり

年々減少傾向にはあるものの、
今も多くのカップルが結納を行っている鳥取県。

古くから伝わる風習も多く、鳥取県西部では、新婦に、
傘と下駄や草履を送るという、
「迎え傘と迎え草履」
のしきたりが残る地域もあるんですって◎
この「迎え傘と迎え草履」は
「結婚式の日に雨が降っても来てください」と
準備を整えあなたを待っています、
という男性側の心遣いを表したものだとか♡
なんだか、とってもロマンチックですよね♡

またそれに、布袋に入れた
米一合を付ける場合もあるんだとか。
結納品の品数は5~9品で、

結納金の金額は全国平均からすると、
やや高い印象で平均100万円くらい。

結納当日は婿方の仲人が、
嫁方に納めに行くのが基本ですが、
中には、嫁方の仲人が一緒にいったり、
婿本人が行く場合もあるんあだそうですよ◎

嫁方は、両親、本人、
親族でこれを受け取ります。
そして、「家喜栄納」と称する
記念品と祝儀を包むのが習慣。

また、鳥取県米子市独特の風習として、
男性が女性のお家に
羊羹を贈るというものがあるんですって!
これを女性側が受け取る時、
婚約を承諾したことになり、
婚約が成立したという意味になるそう!♡

さらに、鳥取市の結婚式には、
仲人が花嫁を迎えに行くという習慣が
あるんだそうですよ◎
また、地域によっては、
新郎がお酒を持って迎えに行くことも..!♡
このことを、「嫁入り」「婿入り」と呼ぶことがあります。

このように、鳥取県の人々は、
昔ながらの伝統を大切にし、
重んじる傾向があるからこそ、
まだこれほど、古来からの習慣が残っているんですね◎

いかがでしたか?

今回は鳥取での結婚式しきたりや、
基本情報をご紹介させていただきました!♡

これから鳥取県の嫁がれる、まだまだ不安も残る花嫁さまも
ぜひ参考にしてみてくださいね◎
素敵な結婚式になりますように♡

ウェディング診断
nana♡

nana♡

関西の大学卒業後、憧れのブライダル業界へ。おしゃれなもの、かわいいもの、ドレスが大好き♡*゜全国の花嫁さまに素敵なかわいい情報をたくさん発信してまいります♡⑅

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年7月号
2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME