ウェディングドレスに似合うベールとは?**ヘアスタイル別の髪型13選♪ - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

ウェディングドレスに似合うベールとは?**ヘアスタイル別の髪型13選♪

105クリップ

views

コピーしました

美しい花嫁さまだけが身に着けられる「ウエディング用のベール」。頭に被るだけでもOKですが、どうせだったら似合う髪型を知りたいですよね?

ここでは、ウエディングドレスに似合うベールのポイント、ベールの種類、髪型別のアレンジを紹介します。あなたのウエディングドレスを引き立たせるベールの使い方を学んでくださいね。

ベールに似合う髪型って?

結婚する女性が気になる「ウエディングベール」。しかし、普段の生活でベールを使うことがないので「どんな髪型だと似合うんだろう」と悩んでいるかもしれません。

花嫁さまでも簡単にできる「ベールに似合う髪型」「ベールのコーディネート術」「アレンジスタイル」を紹介します。

ウエディング用のベールを使いこなすには?

ウエディングドレスのベールを使いこなすには、ポジション、髪の長さ、挙式のタイプを学びましょう。これだけで、美しい花嫁さまになるベールの使い方がわかります。

定番の「ゴールデンポイント」を知ろう!

花嫁のみなさんは、ゴールデンポイントを知っていますか?ゴールデンポイントは「あご下から耳にナナメの線を入れて、突き当たるところになります。簡単に言えば、頭のナナメ後ろにある所です。

女性らしいヘアスタイルの「お団子」や「ポニーテール」をつくる場所になります。顔のリフトアップ効果もあるため、いつまでも若く見られたいアラサーやアラフォーの花嫁さまにおすすめです。

ゴールデンポイントは、アレンジをするとゲストからの印象が変わります。例えば、髪を下に束ねるとユニークな雰囲気になりますが、両サイドだとフランクな印象になるでしょう。

ゲストが見とれてしまう「シニヨン」を使おう

シニヨンといえば、ポニーテールをまとめたヘアスタイル。後ろにボリュームを持たせることで、ゲストからの視線を集められるかも♪

そんなシニヨンの下にベールを付けると、髪型が決まりやすいです。

前につけると、マリアさま風の花嫁さまへ

フロント(おでこの近く)にベールをつけると、マリア様のような神聖なスタイルになるでしょう。「かわいいよりも大人らしさを出したい」と考えている人におすすめです。

後ろの髪をハーフアップして、華やかさを演出

フワッとしたバックをつくる「ハーフアップ」も、ベールとの相性がバツグンです。花飾りをつけると、ビーチウエディングにピッタリのアレンジができます。

結婚式の前に知っておきたい!ケープの種類

結婚式を控えている花嫁さまにお聞きします。あなたは、ケープに種類があることを知っていますか?実は、スタイリッシュなものから、かわいらしいレースのケープなどさまざまです。

しっかりとケープのことを学んで、花嫁さまの好きなケープを探してくださいね♪

使いやすさNO1:ショートベール

首すじや腰に届くのが「ショートベール」です。コンパクトなベールなので、新郎さんが花嫁さまを抱きしめても、邪魔になりません。

シニヨンやお団子をつくって、ショートベールをつけるとかわいいですよ!ファッションセンスのある花嫁さまは、低めのシニヨンとふんわり系のベールを合わせてくださいね♪

ゲストの視線が集まる「ミディアムベール」

ボリューム感のある「ミディアムベール」。ゆるふわパーマでつくるシニヨンやお団子に着ければ、蝶々のようなアレンジができます。

美しさとかわいらしさを手に入れたい花嫁さまは、ミディアムベールを試してくださいね。

お姫様になるなら「マリアベール」

マリア様のような女神になれる「マリアベール」。清楚とは、このベールを付けている花嫁さまにふさわしい言葉ですね。

編み込んだ髪型に花飾りをつけたり、何もつけないスタイルもかわいい。神聖な結婚式にふさわしいベールを探している人におすすめです。

▼[2019年]おすすめヘアアレンジ特集はこちら!

【2019年アップデード版】ウェディングドレスにぴったり髪型特集♡お花たっぷり憧れのウェディングヘアに♡

【タイプ別】ベールとの相性が良い髪型とコーディネート

ウエディングドレスに似合う髪型といえば、ツヤのある長い髪をイメージしていませんか?しかし、ボブ、ベリーショート、ショートなど短いスタイルでも、明るいヘアスタイルができます。

ショートヘアでも長い髪にしたい時は、エクステを使ってくださいね。それでは、タイプ別のベールに似合う髪型を紹介します。

【ボブヘア編】ベールに似合う髪型

この投稿をInstagramで見る

前髪を揃えたのが「ボブ」です。パッツンヘアのイメージが強く、かわいらしいスタイルですよね?おでこを出したデザインにすると、オトナぽい女性のスタイルができます。

その1:ショートベールを使ったボブスタイル

髪の短いボブスタイルにおすすめなのが「ショートベール」です。レースの刺繍入りの小さなベールを付ければ、フワッとした印象を与えらえれます。

髪のボリュームがない時は、すき毛(あんこ)でボリュームをアップしてくださいね♪

その2:ボブと大きめピアスのハーモニー

ショート風のボブスタイルに、バックにベールをつけます。すると、簡単に髪のボリュームがアップします。

「イマどきのベールのアレンジをしたい」と思っている花嫁さまにおすすめ。アクセントにばかうけ(おせんべい)みないな縦長のピアスとの相性も良いです。

その3:ストレートボブと短めのベール

髪のクセがない「ストレートボブ」には、短いベールをつけましょう。バックにつけることで、芯のある女性に見えます。

「男性に媚びない、自立した女性に見られたいとき」は、このアレンジをマネてくださいね♪

【ベリーショート編】ベールに似合う髪型

この投稿をInstagramで見る

ベリーショットといえば、清潔感のある男性の髪型をイメージしませんか?たしかに、男性に多い髪型ですが、ボーイッシュなスタイルが好きな女性なら気になるでしょう。

ここでは、ベリーショートに似合う髪型とベールのコーディネートを紹介します。

名前のとおり短い髪型との相性が良く、ボリュームを抑えたスタイルもできます。ベールにつけるアクセサリーを変えることで、上品でかわいらしいアレンジのできあがりです。

「気分によってベールの雰囲気を変えたい」といった花嫁さまにおすすめ。

その1:逆三角形のベリーショートとベール

逆三角形の女性は、あごがシュっとしています。鏡で顔を見ると、細長くなっています。シャープな顔立ちなので「頭の良い女性」に見られやすいです。逆にいえば、クールすぎる印象を与えてしまうのがデメリット。

逆三角形のベリーショートには、バラ系のケープがおすすめです。スッキリすぎる顔なので、大きなケープを使ってゲストの視線を集めましょう。

その2:何でも似合うオシャレさん!丸顔のベリーショートとベール

丸顔の人は、子どものようにかわいらしいタイプが多いですね。しかし、幼く見えてしまうため「大ぽく見せたい」と感じている花様もいるかも!

そんな丸顔のベリーショートにおすすめなのが「縦長のベール」です。インパクトのあるベリーショートベールを使えば、スラっとした顔になります。

結婚式にふさわしい高級感も感じられるベールのアレンジですね。

その3: 大人ぽく見える面長のベリーショートとベール

大人ぽく見えるのが「面長」。顔のバランスが良いたまご型よりも縦幅が長いです。食べ物で例えると、ごぼうのようなコーディネートになります。

面長の花嫁さまは、花飾りをつけたベリーショートベールがおすすめです。逆三角形のようにボリュームを出すのではなく、ナチュラルなコーディネートの出来あがり。

優しそうなオトナの女性らしいスタイルができます。

【ショートヘア編】とベールに似合う髪型

この投稿をInstagramで見る

ショートヘアは、清潔感のある印象を与えますよね。女性だけではなく、男性の髪型でも多いでしょう。

ここでは、人気のショートヘアとケープのコーディネートを紹介します。

その1:えりあしをハネたショートヘア×網目付きのベール

えりあしが外にハネたショートヘアと網目付きのベールは、周りと被りたくない花嫁さまにおすすめ。

まずは、美容院で「えりあしがハネたスタイルにしたい」と頼んでください。カットが終わったら、網目付きのケープでおでこを覆います。

パリコレのモデルみたいなスタイリッシュなスタイルになります。「他人がやらないケープの着こなし方をしたい」と思っている花嫁さまは、チャレンジしてはいかがでしょうか。

その2:ミディアム系ショートヘアとベール

ショートヘアといえば、髪が短いイメージがありますよね?それよりも長いのが「ミディアム」と呼ばれていて、えりあしがデコルテ(鎖骨)に付きます。

花嫁さまがショートよりもミディアム寄りなら「ゴールデンポイント(頭のナナメ後ろに当たる部)」にベールを付けてください。

アレンジでウェーブ系のパーマをかけると、ナチュラルなコーディネートができます。

【ミディアムヘア編】ベールに似合う髪型

この投稿をInstagramで見る

短すぎず、長すぎないのが「ミディアム」です。バランスの良い長さなので、ケープを使ったコーディネートのレパートリーも多いです。

ここでは、ミディアムヘアにおすすめの髪型を紹介します。

その1:ミディアムでつくるシニヨンとケープ

ポニーテールを丸くしたのが「シニヨン」。髪の長いロングだとしやすいですが、ミディアムでもOK。

ウェーブ感を出したスタイルにして、髪の後ろにある出っ張りでシニヨンをつくります。カーテンのような細長いケープを付ければ、出来上がり。

シルバーのイヤリングを付ければ、エレガントなスタイルになります。「かっちりしすぎず、遊びすぎないコーディネートがイイ」といったミディアムヘアの花嫁さんにおすすめ。

その2:低めのシニヨンとポニーテールとケープ

さきほどのシニヨンは、後頭部の上でポニーテールを丸めています。今回のコーディネートでは、首すじの近くにシニヨンを作ります。

その上から、葉っぱのアクセサリーをつけるのです。顔を覆うケープを付ければ、天使のようなコーディネートができます。

「シンプルだけど、ゲストにインパクトを与えたい」と考えている花嫁様におすすめです。

その3:ミディアムでつくる低めポニーテールとケープ

ポニーテールといえば、しっぽみたいなスタイルをイメージしませんか?今回は、ロング寄りのミディアムさんにおすすめの「ねじり系ポニーテール&ケープ」を紹介します。

まずは、アイロンで後頭部の髪をねじりましょう。ゴールデンポイントに縦長のレース系ケープを差しを入れてください。

そして、最後に葉っぱのアクセサリーをつけると出来上がり。お庭やビーチなどの外でのウエディングにおすすめです。

【ロングヘア編】とベールに似合う髪型

この投稿をInstagramで見る

女性らしい髪型といえば「ロングヘアー」ですね。ツヤのあるケアされたロングヘアーは、色気のある女性に見られます。

そんなロングヘアにおすすめしたいケープを使ったコーディネートを紹介します。

その1:お姫様みたい!編み込み系ロングと花びらのアクセント

お姫様のようなスタイルに憧れるなら「編み込み&花びらのコーディネート」がおすすめです。ディズニーのシンデレラみたいなかわいらしい女性になれます。

後頭部にねじりを入れたら、クリスマスツリーのように「花びら」と「パール(模型)」で
飾りつけてくださいね。

最後に体をおおうベールを被れば、着飾った花嫁さまの出来上がり。ベールから見えるアクセサリーも魅力的ですね。

その2:ロングヘアならでは「低めのポニーテールとケープ」

ロングヘアといえば、美しくて長い髪が特徴ですね。今回は、ロングヘアのメリットを活かした「低めポニーテールとケープのコーディネート」を紹介します。

まずは、耳の後ろあたりにねじったポニーテールを作ります。そして、サイドに白や赤いバラの髪飾りを付けてください。

仕上げにショートまたは長めのケープをつければ、出来上がり。「ゆるくて、上品なスタイルを
作りたい」といった花嫁さまにおすすめです。

まとめ

ここまで、ウエディング用のベールに似合う髪型やベールの種類を紹介しました。花嫁さまの髪型によっておすすめのケープが変わります。

基本的には、ショートヘアならユニークな編み目タイプ。ミディアムだと、カーテンのような細長いもの。ロングヘアーでは顔をおおうケープがおすすめです。

もし「どんなケープを使えばいいのかわからない」と悩んでいる花嫁さまは、ドレスショップのスタッフや美容師さんに相談しましょう。

「忙しくて時間のないよ」といった人は、プラコレウエディングで「ケープ」と調べてくださいね。エレガントなロングベールのアレンジや帽子を使ったスタイルがあります。

あなたにふさわしい髪型とベールのコーディネートを見つけてくださいね。

▼【関東】ヘアメイクさんおすすめ記事をチェック!

【2019年最新版】関東エリアの花嫁さま必見♡人気ヘアメイクさんのおしゃれウェディングヘアをPICK UP♡

▼【関西】ヘアメイクさんおすすめ記事をチェック!

関西エリア♡[2019年最新版]人気ウェディングヘアメイクさんのおしゃれヘアアレンジをCHECK♡

ウェディング診断
ご当地 花嫁ライター⁂*

ご当地 花嫁ライター⁂*

47都道府県に在住のご当地花嫁ライターさんそれぞれの記事です⁂* 住んでいるからこそ分かる「地域ネタ」や「地域の結婚式の感覚」を記事に盛り込んで、ライターさん自身が「これから結婚する花嫁」「その土地に嫁ぐことになった女性」の気持ちになって、自分たちがしている当たり前の結婚式情報はもちろん、最近地元ではやっている手土産さん、ドレスショップ、ブーケ、フォトスポットなど、地元ならではの情報を純粋に書いて発信します♡♥

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME