【vol.14】特別な時代を過ごす花嫁へ。ご自身もコロナ禍で家族婚を執り行った タレントおのののかさんへDRESSY特別インタビュー。 - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【vol.14】特別な時代を過ごす花嫁へ。ご自身もコロナ禍で家族婚を執り行った タレントおのののかさんへDRESSY特別インタビュー。

119クリップ

views

特別な時代を過ごす花嫁へ、DRESSYが贈る、特別コンテンツ。第14回目は競泳 塩浦慎理選手と入籍、ご自身もコロナ禍で家族婚を執り行ったタレントのおのののかさんが登場!こんな時代だからこそ、彼女が語る結婚式の魅力と花嫁へのメッセージとは?そして旦那さまとの結婚生活・これから生まれてくるお子様についても、DRESSY編集長 武藤みなみよりインタビューさせていただきました。

コピーしました

 

 

 

 

──本日はインタビュー宜しくお願いいたします。まずはご結婚と妊娠おめでとうございます。2020年9月にご結婚されましたが、結婚の決め手やきっかけなどはございましたか?

おの:ありがとうございます。実は、出会って1年くらいで結婚したので、結婚を決めたのは早い方だと思います。付き合ってすぐにコロナ禍となってしまったこともあり、彼も合宿や海外遠征などが減ったことでお互い自粛期間で、思いの外、一緒に過ごす時間が増えたのが大きかったと思います。過ごしている時間の中で価値観や性格が本当に合い、2人共自然に過ごしていれたこともあり、このまま結婚して、ずっと一緒に暮らしていきたいなと思いました。もしコロナにならなれければ、本来は遠距離で過ごしていかなくてはいけない部分もあったので、本当にいろんな捉え方があって不思議だなと思っています。

 

 

 

──ありがとうございます。また旦那さまとの思い出のエピソードや結婚してよかったなと思う瞬間などあれば教えてください。

おの:そうですね、結婚してからこういう状況が続いていることもあって、やっぱり近くにいてくれる人がいるのは本当に心強いなと思います。また、たくさんの人を呼んでの結婚式は難しかったのですが、感染対策をした上で、大切な家族を呼んで結婚式ができたことはとても幸せでした。大好きなおばあちゃんも喜んでくれたのが本当に印象的です。

 

 

──素敵な写真、Instagramでも拝見いたしました。そこで投稿されていたロマンチックなウェディングフォトは、花嫁さんからも多くの反響がございましたが、撮影する際こだわったポイントなどはありますか?

おの:ありがとうございます。実は、私も多くの皆さんと同じようにInstagramでフォトグラファーさんを探しました。今って、Instagramとかでお写真をあげていらっしゃる結婚式場さんやフォトグラファーさんたくさんいらっしゃいますよね。「結婚」というタイミングは今しかないので、ウェディング専用の方にぜひお願いしたいなと思って、Instagramで見つけた好きなテイストのフォトグラファーさんに自分で連絡をして、日程の調整や撮影イメージをお伝えしてお願いしました。

この投稿をInstagramで見る

──Instagramでご連絡!そうなんですね。また、赤坂氷川神社での挙式の様子もとっても素敵でしたが、結婚式準備中の秘話などはございますか?

おの:チャペルにももちろん憧れがあったのですが、白無垢を着てみたいという気持ちがあって…今まで、ウェディングドレスはお仕事でも着る機会があったのですが、白無垢はきっとこれからも着る機会はないかなと思ったのとせっかく日本人なのでと思って今回、神社での和婚を選びました。家族だけで結婚式をするなら「絶対に美味しいお料理でおもてなししたい!」と思い、まずはレストラン探しから。そのレストランの近くにあった神社が空気も雰囲気もとても良く感じられて、即決でした。

この投稿をInstagramで見る

──では、レストランウェディングでの会場選びの決め手やこだわったポイントは?

おの:今回、会場を選ぶために、何件かブライダルフェアにもお伺いしました。私は3件お伺いしたんですが、どのレストランのお料理も本当に美味しくて…。1件目彼と試食をして「ここじゃん」2件目も「ここもいい」そして3件目で「全部良い」ってなってしまいました(笑)。本当にスタッフさんもきめ細やかなサービスをしていただいて、会場内の雰囲気もとっても良くて、すごく迷ったのですが最終的には、シェフの三国さんのお料理を家族と一緒に食べながら、特別な時間を過ごしたいなと思ったのが大きいですね。今後も私達家族の大切な記念日に訪ねたいと思うレストランを選びました。

 

 

 

──実際にブライダルフェアにも行かれたんですね。花嫁さん達にブライダルフェア、会場選びのポイントがあれば教えてください。

おの:そうですね…当たり前なんですが、ブライダルルフェア行くのが初めてだったので「お料理を無料で食べられる」ということにまずは驚きました(笑)。私達は、お料理にこだわりたかったので、全部のレストランに試食があったのは有り難かったです。ただ、本当に素敵な結婚式場さんが多いので、事前に夫婦おふたりでこだわりたいポイントや優先順位、予算などを決めておくといいかもしれませんね。実際に私達も、本当にどこのレストランも素敵!となってしまったので、夫婦間で事前のすり合わせをしておいてよかったです。

 

 

 

──なるほど、ありがとうございます!また、結婚準備中に「本気ダイエット」をしたとお伺いしました。現在結婚準備中の花嫁さまへのアドバイスやおすすめのダイエット方法など教えてください。

おの:結婚式って一生に一度のことだから、少し予算がオーバーしてもウェディングドレスにお金を掛けたり写真を撮影したり、お料理のランクをアップしたりすると思います。その中で、私はウェディングドレスは質の良いものをアウトレットセールで購入して予算を抑えた代わりに、ダイエットの優先順位を高くしました。今までお仕事の関係で、食事制限や運動程度の自己流のダイエットはしたことはあったんですが、今回はしっかりとプロの方に指導をいただき計画を立てた上でエステに通ったり、栄養士さんにサポートいただいて食事改善をしながら実施しました。全く食べないダイエットではなく、しっかりと指導いただいた食事をすることによって毎食食べていても、食事を改善するだけで痩せていきました。今は妊娠して妊婦なりの体重になっているのですが、教えていただいた知識は一生使える知識なので、本当に今回ダイエットをプロの方にお願いしてよかったなと思っています。

この投稿をInstagramで見る

──そうなんですね、ありがとうございます!インタビューやテレビ番組などでもおふたりご夫婦のエピソードをお話ししていらっしゃいますが、ご夫婦で仲良くいられる秘訣などはございますか?

おの:私も彼も、一緒に過ごす中で、感謝の気持ちをとても大切にしているなと感じます。特に何か決めている訳ではないのですが、何かあったら「ありがとう」「ごめんね」と言葉にして伝えるし伝えてくれます。もちろん生活する中で、小さな喧嘩をすることもありますが、友達のような兄妹のような関係なので、次の日にはケロッと仲直りしています(笑)。

 

 

 

──また、第一子妊娠おめでとうございます。妊娠をされたことで夫婦間に何か変化などはございましたか?また妊娠中の楽しみや過ごし方について教えてください。

おの:ありがとうございます。妊娠後も2人の関係が何か変わることは特になく相変わらず仲良くしているんですが、いよいよ家族になっている感じはありますね。もうすぐ生まれるかなと思うので(インタビュー時は妊娠8ヶ月) 、2人でパパとママになることにとてもドキドキしています。少し前までは、彼のオリンピックもあり忙しく過ごしていましたが、今は落ち着いているので、一緒にキッチンに立って料理したりフルーツを剥いてくれたりしてくれますし、赤ちゃんの名前は全然決まらなくて、考えれば考えるほど沼にハマっているのですが(笑)、そうゆう時間も楽しんでいますね。コロナ禍じゃなければ、妊娠中でも夫婦2人で旅行とかいけたかもしれないですが、なかなか難しいのでおうち時間をゆっくり過ごしています。

 

──最後に、新型コロナウイルスによって、結婚式の延期や中止を余儀なくされる方が多くいらっしゃいます。 この特別な時代を過ごす花嫁さまへメッセージをお願いします。

おの:本当に今、すごく大変な時期ですよね。本当だったら私も、お世話になった人や友人を集めて楽しく盛り上がって結婚式をしたかったなと思っていたので、最初は少し寂しいなと思っていました。ただ、結果論にはなってしまいますが、今回、大切な家族と家族婚を執り行えたことは本当に幸せでした。一般的な結婚式は、なかなか家族と過ごす時間を取れないイメージだったので、今回、家族婚だったからこそ、家族みんなで同じテーブルを囲んでお話ができたり、おばあちゃんと久しぶりに会えたり、なかなかコロナ禍で両家での食事が難しい中、お話ができたりと家族婚だからこそ出来たこともたくさんありました。やはりコロナ禍だからといって全てマイナスに捉えるより、規模は縮小しても結婚式を執り行えたことがとても嬉しかったです。

ただ、私もお世話になった方や友人を呼んで、いつか改めて披露宴はやりたいなと思っているので、今泣く泣く結婚式の中止や延期をしている方々も、夫婦での仲も深まり新しく家族が増えたり、そして世の中が落ち着いたタイミングで、ぜひ結婚式をもう一度検討していただきたいなと思います。花嫁さんも今、出来る範囲内で、出来ることを1つずつ見つけることで良い方向に進んでいくと思うので、こんな時期ではありますが、夫婦2人で、今しか過ごせない時間を過ごしてほしいなと思います。

 

11月号のカバーガールはおのののか ♡

今月はそんなコロナ禍で結婚をされ、
多くの花嫁と同じように、
結婚式の規模縮小をし、
家族婚を執り行ったおのののかさんが
PLACOLE&DRESSYのカバーガールに。

 

舞台は白金迎賓館 アートグレイスクラブ。

某銀行の迎賓館として始まった
歴史を受け継ぎ、当時の趣を残して
リノベーションされた貸切邸宅です。
天然木と大理石のバージンロード、
祭壇のレリーフなど自然のモチーフに彩られた
プライベートチャペルで、
素敵な表情を見せてくれました *

 

 

 

 

 

 

 

新番組BS12「にじいろ☆ハワイ」
ナビゲーターに就任!

毎週月曜 夜 9:55~10:00

レインボー・ステイト(虹の州)とも呼ばれるハワイ。
虹は幸運の象徴として愛されており、
「No Rain, No Rainbow(雨が降らねば、虹は出ない)」つまり「困難な出来事のあとには、きっと良いことがやってくる」という意味のことわざがあるほど。

 

 

何事も困難や苦労の後には、
きっと虹のように明るい未来がハワイで待っている!
そんな 2021 年は、
まずは、日本からハワイを応援しよう!
そして、日本にいながら
ハワイのために私たちができること。
幸運の象徴「虹(レインボー)」をテーマに
おのののかさんが「にじいろの旅」へ誘います!

【出演】
おのののか、内野亮

詳細はこちらより

撮影協力:白金迎賓館 アートグレイスクラブ

 

 

1970年からある古き良き
庭付き迎賓館を引継ぎ
それを現代の新しいウエディングとして
設備やおもてなしがゲストの心に残る
最高のひとときを提案する貸切邸宅
白金迎賓館 アートグレイスクラブ。

天然木と大理石のバージンロード、
祭壇のレリーフなど自然のモチーフに彩られた
プライベートチャペルで、
素敵な表情を見せてくれました *

ウェディング診断
編集部オススメ(PR)

編集部オススメ(PR)

DRESSY編集部の公式アカウントです♡厳選したウェディング情報、最新のオリジナルコーデ、リング、ブライダルフェア、お得なプラン情報など、特にオススメしたい記事をピックアップしてお届けします。

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME