【vol.43】ウェディングドレスに憧れるすべての人へ。女優 矢吹奈子さんへPLACOLE & DRESSY特別インタビュー。 - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【vol.43】ウェディングドレスに憧れるすべての人へ。女優 矢吹奈子さんへPLACOLE & DRESSY特別インタビュー。

241クリップ

views

ウェディングドレスに憧れるすべての人へ。DRESSYが贈る、特別コンテンツ。2月号は女優として活躍する矢吹奈子さんがWands / WEDDINGBOXのウェディングドレスを着て登場。着用したコーディネートのポイントやウェディングドレスの魅力、女優として活躍する矢吹奈子さんについて DRESSY編集長 武藤みなみよりインタビューさせていただきました。

コピーしました

 

──本日はインタビュー宜しくお願いいたします。まず、今回ウェディングドレスを着用した感想や選んだポイントはありますか?

矢吹奈子:よろしくお願いいたします。今回、ドレスは2着着させていただき、白と黒で真逆の色を着用させていただきました。どちらもそれぞれの形や素材も全く違う2つを着れて良かったと思っています。やっぱり、ウェディングドレスを着用すると胸が高鳴りますし、ワクワクしますよね。実際に今までも何度か着用させていただいていますが、いつ着てもワクワクしてしまいます。

 

 

 

 

元々、自分の骨格的には、マーメイドラインの方があってるのですが、やはりウェディングドレスを着用となるとボリューム感が欲しいな〜と考えたり、写真映えするものということも考えて今回、ティアードデザインのフワッとしたスカートを選ばせていただきました。肩にリボンもついていて、トレンドになりつつあると伺いましたが、とても可愛いですよね。

 

 

 

 

インタビューで着用させていただいた黒のドレスは、最初に着用させていただいた白のウェディングドレスと印象を変えたいと思ったのと、今まで何度かドレスを着させていただいた中で、黒はあまりなかったので着てみたい!と思い選びました。肩が出てて、トップにボリュームがありながらもラインはシュッとしたAラインなのが可愛くてお気に入りのポイントです。

──ありがとうございます。始めてウェディングドレスを着用したときのことを覚えてますか?

矢吹奈子:もちろん覚えています。ほんとに「わー!ウェディングドレスだ!!」という感じで、テンションがめちゃくちゃ上がったのを覚えていますし、ウェディングドレスは何回着てもテンションが上がりますね。やっぱり女の子の夢ですよね。こうやって私は、お仕事柄何度か着させていただくことができて本当に嬉しいですし、幸せな気持ちになります。

 

 

 

──今後、ご自身の結婚式などでウェディングドレスを着る機会があったらどんなウェディングドレスが着たいですか?

矢吹奈子:ただ今日ドレスを着させていただいて、本番かフォトかわかりませんが、黒のドレスは着たいなと思いました。最近、お洋服も黒が多かったりして…自分のお顔が、黒が映えたりするのかなと思っていたところだったんです。黒はいつまででも、人や年齢を選ばず似合う色だと思いますし、大人っぽくなれると思います。

 

 

 

──では「こんな結婚式を挙げたい」という理想の結婚式のイメージ像があれば、ぜひ教えてください。

矢吹奈子:悩みますね(笑)。でも2回したいですね、私。まず家族や身内を呼んだ少人数の結婚式。呼びたいと思う方が多すぎて、韓国にも日本国内にも是非来ていただきたい方々がいるので、今まで関わらせていただいた方やお世話になった方をご招待する結婚式の2回。余興も誰に行っていただけるかな…と考えるだけでドキドキワクワクしてしまいますね。今のところ予定もなく、いつ?って感じですが(笑)。いつかしたいです、結婚式(笑)。

 

 

 

 

 

 

──素敵な結婚式になりそうですね、ありがとうございます。では、今後の活動についてお伺いさせてください。多岐にわたる活躍をされている矢吹さんですが、今後の夢や目標などはありますか?

矢吹奈子:去年の春にアイドルを卒業して、俳優としてスタートして約1年になります。嬉しいことに、毎日忙しくさせていただきまして、いろんな作品に出させていただきたくさん勉強もさせていただいています。少しずつではあるんですが、俳優として知っていただくこともできていると思うので、今後も努力をしていきたいと思いますし、皆さんに「え〜!この子アイドルだったの?」と言われるくらいの俳優さんになれたらいいなと思います。

 

 

 

──最後に、ウェディングドレスに憧れるすべての皆さまへメッセージをお願いします。

矢吹奈子:ウェディングドレスって、見てるだけすごくワクワクすると思うので、自分が本当に着たいウェディングドレスを楽しみながら、探してもらえたらなと思いますし、実際に着用したら絶対にテンションが上がると思うので、その日を楽しみに、素敵なウェディングドレスに出会っていただきたいなと思います。

▼オフィシャルファンクラブ
「NAKO YABUKI OFFICIAL SITE」へのご入会はこちらから

 

 

2月号カバーモデル
女優 矢吹奈子

今回矢吹奈子さんに着用いただいた
ウェディングドレスはWands。

 

2wayチュールラッフルドレス

PD-WDOR-341

WANDS-ワンズ
DRESSY ONLINE限定デザインのドレス。
ラッフルとティアードの リズム感のある切り替えデザインが印象的な ボリューム感たっぷりのチュールドレス。アクセントのベロアリボンは、付けはずし可能な2wayです。DRESSY ONLINEから購入・レンタル可能です。

詳細はこちら

 

 

 

クリスタルイヤリング/ピアス-Kharis

MA-COER-02

30年以上パーティー&ブライダルアクセサリーブランドとして展開してきたMARIKOと、
PLACOLE&DRESSYがコラボ。大ぶりで揺れるデザインが、パッと顔周りを華やかに見せてくれます。シンプルなヘアアレンジや、巻き下ろしスタイルにもぴったり。

詳細はこちら

 

 

WEDDINGBOX(ウェディングボックス)

今回矢吹奈子さんに着用いただいた
カラードレスは、
WEDDINGBOXで着用できる
カラードレス&コーディネート。

WEDDINGBOXではインポートドレスを中心に、
トレンドを掴んだドレスラインナップで、
衣装にこだわったフォトウェディングを提供しています。

Instagram @weddingbox_photonews

 

 

 

 

撮影場所:【WEDDING BOX】

撮影場所も
【WEDDING BOX】表参道本店にて。
2024年1月にリニューアルオープンしたばかりのフォトスタジオ。

WEDDING BOXではスタジオ撮影もさまざまなロケーションでの撮影も、
ドローンでの動画撮影も、
お二人のご希望に合わせて幅広く対応可能です。
アットホームな撮影雰囲気の中でも、
ハイクオリティなお写真を約束します。

ドレスランクアップ料金がかからない、衣装にこだわったフォトウェディングがおすすめ。

photographer

山下 侑毅 / YUKI YAMASHITA
1986年 京都府京都市出身

東京都内撮影スタジオで3年間従事
フリーランスのアシスタントとして雑誌、
広告撮影の現場経験を経て独立 ​。
2021年 PRO CAMERAMAN FILE2021 掲載

Instagram:@photographer_y.y

PLACOLE&DRESSY
『個性が煌めく魔法の言葉』

 

 

“100人の人生に100通りに煌めく魔法をかける”をテーマに創設されたラグジュアリーブランドであるPLACOLE & DRESSY。私たちはウェディングドレスを中心に最先端で価値あるものを発信するファッションメディアです。個性を大切にするブランドだからこそ、その人の中にある、たくさんの個性も、自分自身を認めてあげたい、そんな思いを込めて。

ウェディング診断
編集部オススメ(PR)

編集部オススメ(PR)

DRESSY編集部の公式アカウントです♡厳選したウェディング情報、最新のオリジナルコーデ、リング、ブライダルフェア、お得なプラン情報など、特にオススメしたい記事をピックアップしてお届けします。

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME