【vol.5】特別な時代を過ごす花嫁へ。結婚1周年を迎えたモデル・歌手 chayさんのDRESSY特別インタビュー。 | DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース
ウェディングソング

【vol.5】特別な時代を過ごす花嫁へ。コロナ禍で家族婚を行ったモデル・歌手 chayさんのDRESSY特別インタビュー。

126クリップ

views

特別な時代を過ごす花嫁へ、DRESSYが贈る、特別コンテンツ。第5回目にはコロナ禍に家族婚を執り行ったモデル、歌手のchayさんが登場!こんな時代だからこそ、彼女が語る結婚式の魅力と花嫁へのメッセージとは?そして結婚1周年を迎えたchayさんの結婚生活について、DRESSY編集長 武藤みなみよりインタビューさせていただきました。

コピーしました

 

 

 

 

──本日はインタビュー宜しくお願いいたします。
この度はご結婚1周年おめでとうございます。10月には挙式も終えられたとお伺いしていますが、まず、ご自身の結婚報告後に制作された「永遠の針」に込められた思いを教えて下さい!

chay:ありがとうございます。「永遠の針」は、ちょうど結婚を発表したあとに制作した曲です。楽曲制作では、いつも“今しか感じられない気持ち”を大事にしているので、自然とウェディングらしいメロディが浮かんできました。実は「永遠の針」のミュージックビデオには実際に家族のみで行った結婚式の映像を使っています。前半は挙式前の緊張感溢れるシーン、中盤~後半は挙式中の映像を。花嫁の皆さんにもぜひ、側にいる大切な人を思い浮かべながら聴いていただけたら嬉しいです。

 

 

 

──そうだったんですね。とっても素敵です!!
また、chayさんが以前リリースされた「あなたに恋をしてみました」はウェディングバージョンもあるとお伺いしました。ウェディングバージョンはどのように誕生したのですか?

chay:「あなたに恋をしてみました」を結婚式で使ってくださる方がすごく多くいらっしゃると伺って。もともと「あなたに恋をしてみました」はウェディングソングとして作ったわけではないのですが、2人の特別な瞬間に使っていただけることが、本当に嬉しかったこともあり、バラード調のウェディングバージョンも作りました。

──プラコレのウェディングソングランキングにも「あなたに恋をしてみました」がランクインしていました!

chay:そうなんですね、ありがとうございます。幸せの瞬間や空間に、自分の曲を通して参加することができてとても嬉しいです。これからもそんな瞬間に寄り添えるような曲作りをしていきたいです。

──結婚式にはたくさんの場面がありますが、どんな場面でこの曲を使って欲しいですか?

chay:ウェディングバージョンは、バラード調なので 「入場シーン」や「中座」のタイミングで使っていただきたいなと思います。通常バージョンは「ケーキ入刀」シーンで使ってくださる方が多いみたいで…!私の友人は結婚式で、「ケーキ入刀」のタイミングでこの曲を流してくれたのですが、ハッピーな曲調なのではじめての共同作業にぴったりだなと、実際に見ていて思いました。

 

 

──コロナ禍で、chayさん自身も結婚式の延期を経験されたとお伺いしました。こんな時代でも、結婚式をしようと決意した背景やエピソードなどがあれば教えてください。

chay:実は、コロナウイルスが流行する前から結婚式をしようと、準備も進めていたタイミングでこのような状況になってしまい…結婚式を執り行うべきか、執り行わないほうが良いのではないかというのは本当に悩みました。もともと友人も親族もご招待する予定で、華やかな披露宴をイメージしていたんです。それが叶わないということを受け入れなければならなかったり、それ以上に安全面への考慮だったり。こんな時期に、おめでたい場を設けていいものなのか、不謹慎ではないのだろうかということも含めて、すごく考えました。

 

私は、コロナウイルスが流行りだした頃に一度延期を決めましたが、日程を再調整したあとも収束せず、再び延期になってしまい、その頃「やらない」選択肢も視野に入れ始めました。ただ、そんなとき「2人にとって大切な、忘れない1日になるよ」「次のステップに進むためのスタートラインになるんじゃない?」と両親が背中を押してくれたこともあり、やっぱり結婚式をしたいなと考え直すことができたんです。結局、友人も親族も呼ばず、家族だけの少人数での結婚式でしたが、無事決行することができました。

去年、今年のタイミングで、大勢の方が結婚式をするかしないか悩んでいると思いますし、その気持ちは本当によく分かります。今、延期をしている方も決行する決断をしている方も、それぞれの選択を、皆さん自身が信じていただきたいなと思っています。
そんな中で、私は決行するという選択をしました。自分が当初イメージしていた結婚式とは少し異なるんですが、でも、やってみたら家族だけのアットホームな結婚式はとっても素敵で、大好きな人たちに囲まれた、本当にあたたかい空間だったんです。もちろん結果論ではありますが、むしろ家族だけの結婚式で良かったなと思っています。

 

 

 

──ご自身の結婚式で印象に残っていることはありますか?

chay:そうですね・・・いっぱいあるな、選べない(笑)
結婚式のタイミングで母に手紙を書いたのですが、花束にいれて、今まで言えなかった感謝の気持ちを詰め込んで贈呈したんです。前日に書いているときから涙が溢れ出てきて「泣いたらだめ!」と思いながら、こらえながら、でも泣きながらというのが心に残っています。結婚式って当日だけじゃなくて、こうやって準備するときも1つ1つが思い出になっていくんですね。

あとは、旦那さんがすっごく緊張していて(笑) スピーチが近付くにつれ、顔色も悪くなっていったのですが、無事、しっかり挨拶できたのでホッとしました(笑)
最後の父の謝辞も、涙あり笑いありの挨拶で、良い式だったなとこうやって思い返すことが出来て嬉しいです。

 

 

 

──chayさんのウェディングドレス姿とっても素敵で、Instagramを見て憧れた花嫁も多いと思います。ウェディングドレス選びやコーディネートのこだわったポイントを教えて下さい。

chay:ありがとうございます。上品なスタイルというのは決めていたポイントです。ウェディングドレスも品があり他にないデザイン性を大事にしながら選んで、結局13着くらい試着しました。母に一緒に見てもらいながら決めていったのですが、身頃に刺繍が施されていて、スカートはツヤ感のあるシルク素材の重厚感があるものにしました。NOVARESEというブランドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヘアメイクもとてもこだわりました。いつもお世話になっているヘアメイクさんにお願いしたのですが、母が「ヘアスタイルはおでこを出したほうがいいね」とアドバイスしてくれて、少しレトロでクラシカルなアップスタイルになりました。

 

 

──先日、結婚1周年の投稿を拝見いたしました、おめでとうございます!結婚生活の中で大切にしていることはありますか?

chay:ありがとうございます。当たり前のことなんですけど「ありがとう」と「ごめんね」を口にだして伝えること。これってずっと一緒にいると意外と難しいことだなと思っていて、気をつけるってほどではないのですが、お互いがそれを意識するようにしているかなと思います。例えば、家事とお仕事の両立は最初、「こんなに大変だったんだ!」と思うほど大変で、でも旦那さんからの「ありがとう」の一言で心が救われたり、頑張って良かったと思えるんですよね。そういうちょっとした一言をお互い掛け合うことを大事にしています。

 

 

 

 

──最後に、新型コロナウイルスによって、結婚式の延期や中止を余儀なくされる方が多くいらっしゃいます。この特別な時代を過ごす花嫁さまへメッセージをお願いします。

chay:結婚式を執り行うという選択や、延期をしたり、中止するというそれぞれ様々な決断がある中で、周りに言われてどうするかを決めるのではなく、参考にしながらも最終的には自分が悔いのないようにしてほしいなと思っています。

私は実際にコロナ禍での結婚式だったので、式場に入れる人数、ソーシャルディスタンス、マスクは必須、神父さんとの間もアクリル板、聖歌隊の方もマスク着用というたくさんの制限があり、細心の注意を払いながらの実施でした。ただそんな中でも、この物理的な隔たりを越えたあたたかさがあって。幸せな気持ちというのは、ソーシャルディスタンスやマスク、アクリル板という隔たりを越えて感じることが出来るもの。当たり前のことが当たり前じゃなくなった今、そんなことにすら不安を感じていましたが、挙式を終えて”やって良かった”と心から思っています。何より、等身大の自分で大切な人に感謝の気持ちを伝えることができました。結婚式を通して改めて彼との絆も深まり、夫婦として新たな一歩を踏み出すことができたと感じています。

──

 

 

7月号のカバーガールはchay ♡

今月はそんなコロナ禍で結婚をされ、
多くの花嫁と同じように悩み、延期し、
当初の予定より少人数、そして感染対策をされて
結婚式を行ったchayさんが、
PLACOLE&DRESSYのカバーガールに。

 

 

舞台はインターコンチネンタル東京ベイ。
やわらかな光に包まれたチャペルをバックに
素敵な表情を見せてくれました♡

 

 

 

 

 

 

 

メディア出演情報

7/3(土)8:30~9:55
カンテレ「土曜はナニする!?」
7/4(日)19:00~21:54
フジテレビ「千鳥の鬼レンチャン」

 

ライブ情報

『chay Billboard Live』

8/8(日) ビルボードライブ横浜
1st ステージ 開場 14:30 開演 15:30
2nd ステージ 開場 17:30 開演 18:30

[お問い合わせ]
ビルボードライブ横浜:0570-05-6565
〒231-0003
神奈川県横浜市中区北仲通 5 丁目 57 番地 2
KITANAKA BRICK&WHITE 1F

8/14(土) ビルボードライブ大阪
1st ステージ 開場 14:30 開演 15:30
2nd ステージ 開場 17:30 開演 18:30

[お問い合わせ]
ビルボードライブ大阪:06-6342-7722
〒530-0001
大阪市北区梅田 2 丁目 2 番 22 
ハービス PLAZA ENT B2

チケット発売中

Club BBL 会員先行=2021/6/22(火) 12:00 正午より
一般予約受付開始=2021/6/29(火) 12:00 正午より

▼横浜公演
こちらよりクリック!

▼大阪公演
こちらよりクリック!

▼その他詳細はBillboard Live Official Webをご確認ください。
こちらよりクリック!

※本公演は、政府および各自治体から発表された新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを踏まえ、 各会場の最大収容人数を通常時以下になるよう調整した新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウ トを使用し、公演を実施いたします。
※なお今後の社会情勢や、政府の方針等により、公演実施可否、公演時間が変更となる場合がございます。 当店ホームページ、SNS 等で最新情報をご確認いただき、コロナ対策をご理解の上、ご来場下さいますよう お願い申し上げます。
詳細はこちらよりご確認いただけます。

レギュラーラジオ番組

全国FM38局ネット
「oggi otto Music Shampoo」
毎週日曜 11:00〜放送中

撮影協力:ホテル インターコンチネンタル東京ベイ

 

今回撮影地として選ばれたのは、
レインボーブリッジやスカイツリー、
東京タワーを臨む
ホテル インター​コンチネンタル 東京ベイ
チャペル グラシアファミリア。

ホテル創業25周年を記念し、
リニューアルしたばかりのチャペル。
最大130名収容の広々としたチャペルで
聖歌隊の歌声と生演奏が響き渡る、
幻想的な挙式が叶う結婚式場です。

ウェディング診断
編集部オススメ(PR)

編集部オススメ(PR)

DRESSY編集部の公式アカウントです♡厳選したウェディング情報、最新のオリジナルコーデ、リング、ブライダルフェア、お得なプラン情報など、特にオススメしたい記事をピックアップしてお届けします。

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME