【 持ち込み料 】#運命のドレス を提携外のショップで見つけた!会場に持ち込むときの基礎知識や注意点をご紹介♡ | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

【 持ち込み料 】#運命のドレス を提携外のショップで見つけた!会場に持ち込むときの基礎知識や注意点をご紹介♡

0クリップ

views

ウェディングドレスってとても素敵で、女性の憧れですよね。結婚式場さんの提携ショップに、あなたの気に入る運命のドレスがなかった場合、①ドレスを持ち込むことができるのか、②またその場合はいくら持ち込み料がかかるのかなど、気にしなくてはいけないことがたくさんあるんです・・・!#運命のドレス を提携外のショップで見つけた場合の会場に持ち込むときの基礎知識や注意点をご紹介。

みなさまこんにちは♡♥
ウェディングドレスってとても素敵で、女性の憧れですよね。
本日は結婚式当日に着用する、
花嫁にとっての理想のウェディングドレスについてご紹介♡

一生に一度だから運命のドレスが着たい!

やっぱり一生に一度の結婚式だからこそ、
お気に入りのドレスを着たいと思う人は多いですよね♡
最近花嫁の中では、
当日着用するお気に入りのウェディングドレスのことを、
『運命のドレス』ってよんでいるんですよ*
Instagramで #運命のドレス と検索すると、
とってもたくさん素敵なウェディングドレスを発見することができます◎
ぜひぜひcheckしてみてくださいね⁂

>>花嫁さまの運命のドレスを見てみる!

ウェディングドレスを試着した花嫁さまのレポを大紹介♡♥夏婚に役立つリアルな流行りをCheckしちゃいましょ**

ただ、結婚式場さんの提携ショップに、
あなたの気に入る運命のドレスがなかった場合、
①ドレスを持ち込むことができるのか、
②またその場合はいくら持ち込み料がかかるのかなど、
気にしなくてはいけないことがたくさんあるんです・・・!

View this post on Instagram

そこで今回は、
ドレスの持ち込み料についての基礎知識や、
持ち込む場合の注意点を詳しく説明させていただきますね♡
さらに、ドレス以外にも持ち込み料がかかるアイテム(!?)もあるんです!
そちらについても詳しく説明させていただきますね♡
ドレスの持ち込み料について知ることができ、
ドレスを持ち込むか持ち込まないか悩んでいる方にもオススメの記事です*

ぜひぜひ「結婚式」の持ち込みについて
理解を深め、素敵な結婚式をつくりましょうね♩

もし提携していない場合は持ち込み料がかかる!

View this post on Instagram

まず、「持ち込み」とは、
会場が提携していないドレスショップ/衣装屋さんの
衣裳(ウェディングドレス、カラードレス、タキシード)を会場を経由せずに、当日着用することを指します。

会場側にとっては、
普段と違う管理体制が必要なことから、
(イレギュラーな対応をしていただけるということですね!)
保管料として「持ち込み料」がかかる場合が多いんですって!

ちなみに、持ち込み料の相場はドレス1着5万円程度。
最近では持ち込み料を負担してくれるドレスショップも増えてきましたし、
格安ドレスショップなどもあり、
持ち込み料とウェディングドレスの値段をあわせても、
提携のドレスショップより値段が低い場合もあるんです。
あわせて確認してみてくださいね♡♥

持ち込み料とは「保管料」

 

持ち込み料とは、
式場が他社から預った品の保管料として発生する料金です。
多くは前日持ち込みで、
衣裳のシワにアイロンをかけてくれたり、
翌日きれいな状態で着用できるように整えてくれるみたいなので、
実際に保管中 式場側が何をしてくれるのか、
事前にきいておくことも大事ですよ!!

「外部衣装」の定義については、
レンタル業者やオーダードレスの持ち込みはもちろんですが、
自前の衣装や職場の制服(警察官だったり)も含まれる場合があるみたい!
あらゆる可能性を想定して、
やっぱり会場契約の前に「衣装の持ち込み」の内容を確認しておくことをおすすめしています^^

しかしながら、持ち込み料の相場として、
ウェディングドレス▷1点5万円-10万円
引き出物▷1点300円-500円

といわれております。
「アイロンをかけてもらうだけで5万円!?」
「引き出物を置いてもらうのに料金発生?」と疑問が生まれる花嫁さまもいるのでは?><

実は、提携のドレスショップさんやアイテム屋さんは、
式場のお客さんである新郎新婦がそのドレスをレンタルしたり、
アイテム購入することによって売り上げが上がり、
提携業者さんたちははその見返りとして式場にマージンを払う、という構図になっているんです・・・!!
新郎新婦がその業者を利用しないとなると、
式場さんは入ってくるはずのマージン分が入りません…!!
そこで、それを補うものとして「持ち込み料」が発生してしまうわけです><

なかには持ち込むことすら認めない会場もありますが、
その理由は新郎新婦さんたちに、
必ず提携のドレスショップやアイテム屋さんを利用してもらうことで、
式場さんに入ってくるマージンを確実に確保するためというビジネス的な事情が大きいのです。。!!!

ただ、もちろんマージンという理由だけではありません!
例えばウェディングケーキや飲料などは、
会場側としては衛生面の責任が持ないため、
カメラマンに関しては、
「結婚式はチーム」なので提携している業者のカメラマンの方がベストなアングルが分かるという理由も。
持ち込みを禁止してい会場さんたちにも、
ビジネス要素以外にも新郎新婦さんたちに満足していただきたいからこその理由があったりするので、
そちらは挙げたい会場でしっかりと事前にお伺いしてみるといいかもしれませんね^^

相場は多くは5万円程度

View this post on Instagram

お気に入りの「運命のドレス」を会場さんの提携ショップ以外から持ち込みたいけれど、会場へ持ち込み料を支払わなくてはいけないため迷っているという人もいますよね><

会場さんがドレスの持ち込みに料金がかかる理由は、
「会場側のドレス保管料」の他、
「持ち込みドレスに万が一トラブルが起こった際の保障のため」ともいわれています。

ウェディングドレスやカラードレス

ウェディングドレスの持ち込み料の相場は
5万円前後ですが、式場によって料金はそれぞれ違うので要チェック!
中には10万円ほどの料金がかかる場合もあるので(!!)
やっぱりドレスを持ち込む場合は、
事前にしっかりとチェックするのが欠かせません!!

またウェディングドレスだけでなく、
お色直し用のカラードレス、和装(着物)にも
同程度の持ち込み料がかかることを覚えておくのがgoodですね♡

タキシードの持ち込み料は?

持ち込み料に関しては、
ついウェディングドレスなど花嫁さんの衣装の方に注意が行ってしまいがちですが、
タキシードなど新郎の衣装を持ち込む場合にも、
もちろん持ち込み料が発生してしまうんです。。。

タキシードの持ち込み料はドレスよりも少し安く、
およそ3万円が相場と考えておくのがgood!
ただやはり 式場によって料金はそれぞれ違うので要チェック!><

では、持ち込み料がかかってでも、
ウェディングドレス持ち込みたいと思う花嫁さん!
持ち込むメリットとデメリットをまとめさせていただきました⁂*

ドレスを持ち込むメリットデメリット

View this post on Instagram

メリット

・ウェディングドレスの選択肢が多い
・着たいウェディングドレスを自由に選べる
・気になるブランドやドレスから指名できる
・“フルオーダー専門”など目的に合わせて選べる

最近では、
格安のウエディングドレスも多くあり、
ECショップなどもありますよね♡♥
持ち込み料を払っても安くすむこともあるんです!
お気に入りのドレスを着られることで気分も上がりますし、
ご自身の花嫁姿に自信を持つことができますね^^

デメリット

・会場との持ち込みの交渉が少し手間
・提携外のドレスショップでの手配をNGにしている場合も。
・会場の打ち合わせとは別に試着や打ち合わせの発生。

搬入手配等もご自身で行わなければならないケースもあり、
式前のいそがしい花嫁さんの仕事が更に増えてしまう可能性もあります><
最近は 仕事をしている花嫁さんが多いので、
時間がない花嫁さんは自ずと提携のドレスショップにしていることも。

保管については最低限のケアはしてもらえるはずですが、
当日の最終仕上げや緊急事態については、
すべて自己責任となってしまいますので、注意が必要!!

ただ最近だと
持ち込み料を負担してくれるドレスショップさんもあるので、
ドレスを探す際のポイントにするのも良いかもしれませんね。

>>東京、横浜のドレスショップはこちら!

【ドレス迷子の花嫁必見】編集オススメ!東京都内のドレスショップ11選♡♥

【ドレス迷子の花嫁必見】編集オススメ!横浜のドレスショップ12選♡♥

衣装を持ち込む注意点

選んだお店のドレスを過去に持ち込みをしたことがあるか

View this post on Instagram

気になるドレスショップさんを、
過去に一度でもその式場に持ち込んだことがあれば。
双方対応の仕方がわかっているケースがあります^^
万が一のトラブルがあっても、
安心感が高まるので、確認してみてくださいね♡♥

いつまでに会場に届くようにすればいいか相談する

持ち込みのウエディングドレスの場合は、
会場側の気持ちとしては、
前日の午前中には式場にドレスが届いていてほしいと考えているよう。
なぜなら、
万が一何か不備があった場合も対応する時間が十分にあるから!
ですが、式場によって、またはドレスショップによって、
届けることのできる時間が決まっている場合もあるのでこちらも要チェック><
届ける日時はご自身だけで判断せず、
必ず双方に確認を取ってから決めないと後から取り返しのないことになる可能性も><

会場を踏まえたウェディングドレス選びをする

View this post on Instagram

会場の作りによっては、
なるべく避けた方が好ましいウエディングドレスのライン等もあるんだとか!
提携のドレスショップであれば、
そのあたりを理解した上で紹介してくれるみたいですが、
会場がどんな作りか詳しく知らないドレスショップだとそうもいかない可能性があるので、担当のプランナーさんやドレスショップのコーディネーターさんにしっかりと相談とお伝えが必要になってきます◎
そうすれば、花嫁さんの希望を叶えつつ、
会場の雰囲気にも合うドレスを紹介してくれるはずです♡♥

View this post on Instagram

例えばガーデン挙式が人気の会場の場合は、
ロングベールだと地面に引っ掛かり、挙式の入退場時に破れてしまう可能性も。
大聖堂が厳かな雰囲気チャペルは、
あまりカジュアル過ぎないウェディングドレスのほうが向いていたり、
逆にレストランウェディングの場合も注意したほうがいい点がたくさん!

View this post on Instagram

「このドレスが着たい!」はもちろん大事ですが、
会場それぞれの注意点をお伝えした上で、
ウエディングドレスや小物を選んでみましょうね^^

>>会場に合わせたドレスの選び方もチェック!

[2019年最新版 ウェディングドレスの種類]選び方って?体型や雰囲気にあうデザイン・ブランドをcheckしましょ✦✦

持ち込み料は回避できる?

持ち込み料無料の式場をチェック

実は最近では、
ウェディングドレスの持ち込み料がかからない会場も増えてきているんです♡
結婚式準備をスタートさせた時点で、
どうしても着用したいウェディングドレスが決まっている場合は
「ドレス持ち込み料無料」を掲げている会場や、
プロデュース会社を中心に会場を選ぶのがgood!

ただし、持ち込み料は無料でも、
その他の項目の金額が高額というケースもある可能性も><
トータルの費用でしっかりと比べることが必要ですよ♡♥

式場を契約する前に交渉

たとえ、当初その会場内のドレスや引き出物、
また業者を利用する予定であっても、
途中で変更する可能性を考えて、
必ず契約前に「持ち込み料」について確認をとるのが正解!!

最近はInstagramでアップしている花嫁さんや
ドレスショップさん、アイディアがたくさんあるので、
準備をしている間に気持ちが変わってしまうは花嫁さんも多いんです!

また、実際のところ、
持ち込み料は全体の結婚式費用からすれば一部ですよね。
「この持ち込み料がなければ、こちらで決めたいのですが…><」などと交渉してみると、
1件でも契約をとりたい会場側の気持ちとしては、
「減額」あるいは「無料」を提示してくれる可能性が高いんだとか♡♥
それでも「持ち込み料は必須!」という会場さんは、それなりの事情があるはずです。
全体的な内容もよく確認したうえ、
その会場さんでの契約をするかどうか、判断するのが大切ですね*

契約後の交渉は、すこしだけ困難。。。
すでに契約書を交わしてしまっていまっているので、
内容を変更することは基本的には無理なんです><
また、会場側にとっても、
メリットのない交渉は受け付けてもらえないと思ったほうがよさそう!
とはいえ、新郎新婦さん側にも会場さん側にも、
メリットがあるように交渉をしてみると、意外とうまくいくことがあります!

たとえば…

▪別のオプションを追加でお願いするから引き出物の持ち込み料を安くしてほしい。
▪挙式のウェディングドレスは式場の提携ドレスショップからレンタルするから、お色直しのカラードレスの持ち込み料を安くしてほしい

などなど。
場合によっては、
契約後でも持ち込み料が無料になることもあるようなので、
諦めず考えてみてくださいね!

ブライダルフェアなどの参加特典

せっかく彼と決めたお気に入りの式場と、
やっっと見つけたお気に入りのドレス。
やっぱりどちらもゆずれないので持ち込み料が発生しそう・・・という花嫁さまの場合!

そんな時は、
お目当ての式場の『ブライダルフェア』に積極的に参加して、
成約時にもらえるさまざまな割引特典を活用するのが良いと思います♡♥

ブライダルフェアでの成約特典としては、
「挙式費用50%OFF!」「有料オプションが無料」
「お料理の無料グレードアップ」「ドレス着放題!!」
「20万円分プレゼント!」「送迎バス無料!」などなど!

これらの特典で浮いた費用を、
ウェディングドレスの持ち込み料にあてることで、
お気に入りの『運命のドレス』を心置きなく持ち込むことが可能に♡

View this post on Instagram

ただし、持ち込みをすることで、
一切の割引き・特典が無効になるという式場もあるので(!!)
ブライダルフェアに参加する際は、
その部分を特に確認しておくことをオススメしています!

>>ウェディング診断をして見る♡

ドレス以外にも持ち込み料はかかる!!
知っておきたい結婚式の持ち込み料

引き出物

引き出物の持ち込み料相場は一点300円~500円。
交渉によっては無料になるケースもあるので、内容をよく確認しておきましょうね♡
指定の期日までに式場に搬入することがほとんど。

カメラマン・ビデオ業者

式場側が準備する撮影スタッフ以外による
写真・ビデオ撮影は、例外なく禁止している式場は多いです!
仮に外部のカメラマンや業者を入れることがOKな場合でも、
もちろん持ち込み料がかかり、「人」に対しても「持ち込み料」が掛かるんです!
相場で1万円〜3万円ほどかかることが多いんですって!

なかには持ち込み料を回避したいために、
業者を「友人」と偽って頼む新郎新婦もいるようです!!(びっくり!)
しかし、会場さん側も黙っていられません!
「ご友人ならばお席をおひとり分ご用意ください」と、
ゲストとしてのカウントを求めてくる場合もあるみたいです!
後にもめないように、正直に申告したほうがよいですよ◎

また、神職や牧師さんも同様。
知り合いの牧師など、特別に頼みたいという人がいる場合、
「持ち込み料」が発生するケースもあるので式場さんにチェックしてくださいね。

ヘアメイクスタッフ

View this post on Instagram

「いつものヘアメイクの人にお願いしたい!」
「Instagramで人気のあの人にお願いしたい!」という要望が最近よくあるみたい!
ヘアメイクをしてくれる人を外部から入れる場合、
持ち込み料の目安は3~5万円程度となります。

一方、持ち込み料は発生しない式場であっても、
式場内の美容室を使用できないことがほとんど。
ヘアメイクさんへの日当、交通費、心づけ、式場施設の別途手配など、
持ち込む料以外にも費用がかかるのも事実なんだとか。

ブーケ、ブーケトニア

多くの会場さんで、ブーケやブートニアは持ち込み可能◎
持ち込み料は無料か、有料でも1~2万円程度で、
比較的持ち込みがしやすいアイテムとなっているみたい♡

ウェディングケーキ・料飲

オリジナル婚ということで、手作りケーキは人気ですよね。
けれども、生ものは「食中毒」を心配しなくてはならず、
自宅がお菓子屋さんという以外、自作品の持ち込みはほぼNG><

どうしても自作のウェディングケーキにしたい!という花嫁さんには、
式場内でシェフと一緒に作るサービスを行っている式場もあるようなので、
そちらを検討してみるのはいかがでしょうか?

また、料飲お持ち込み希望で
「地元のお酒や思い出のお酒を持ち込みたい」という新郎新婦さんも多いですよね。
料飲の持ち込みは条件により、
持ち込み可能な式場もありますので 相談するのがgood。

まとめ

いかがでしたか。
今回はウェディングドレスの持ち込み料についてご紹介させていただきました!

花嫁さまにとって大切なのは
好きなウェディングドレスを着用すること。
ただ持ち込み料がかかることや、
式場さんとの兼ね合いも、なにかあったときの対象方法などもありますので、
しっかりと双方と確認し、無理のない方法で運命のドレスと出会いましょうね♡

ウェディング診断
キービジュアル

♡mii

名古屋の女子大を卒業後、ブライダル業界へ。素敵で可愛い花嫁さんを日本中にたくさん増やし、幸せいっぱいの毎日をつくるのが夢。ブライダルフラワーアレジメントを取得するほど、お花と結婚式が好き♥可愛いもの大好き♥花嫁さまが気になるウェディングの可愛いアイディアをたくさん発信しちゃいます。.:*♡

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY