【2020年最新】ウェディングドレスは "購入"が良い!? メリットや節約術を紹介 | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

【2020年オススメ】ウェディングドレスは “レンタル” ではなく “購入”が良い!? メリットや節約術も紹介♡

0クリップ

views

安く購入できるとしたらあなたはどちらレンタルと購入を選びたいですか? 「ウェディングドレスはドレスショップでレンタルするもの」と思っていませんか?ただ、それは購入のほうが"高く"なるから、と思っている花嫁さまが多いからかもしれません! ウェディングドレス購入のメリットや節約術、人気のドレスショップをご紹介します。

結婚式準備の中でもウェディングドレス選び
花嫁にとって何より特別なメインイベントですよね*

ウェディングドレスは妥協したくないという
強いこだわりがある花嫁も多いことでしょう。
ウェディングドレスのデザインやブランドを
重視すれば値段は高くなります。

けど、実際のところレンタルと購入はどちらがいいか
しっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか。

予算を大幅に超えた驚愕のレンタル料を
請求される恐れもあるので、
衣装費用の相場について目安を予め知っておきたいところ。

安く購入できるとしたらあなたはどちらレンタルと購入を選びたいですか?

「ウェディングドレスはドレスショップでレンタルするもの」と
思っていませんか?
結婚式においてウエディングドレスを購入する人の割合は、
17%とレンタルに比べたらまだまだ低いのが現状です。(Dressy by プラコレ調べ)

そこでもし、”安く購入できるとしたら”
購入するかレンタルするかお伺いさせていただいたところ、
51%が購入、49%の方がレンタルという結果に。

ウエディングドレスを購入した後は?☆レンタルなら保管なしでOK♪

ウェディングドレスをレンタルする花嫁が多いのは、
購入のほうが”高く”なるから、と思っている花嫁さまが多いからかもしれません!

【2019年 速報】インスタ花嫁ユーザー1024人に聞いた! 国内&海外人気ウェディングドレスブランドランキング**

なぜウェディングドレスはレンタルが主流?

歴史的な理由

日本の結婚式において、
ウェディングドレスという文化は和装の貸衣装(レンタル衣装)からはじまったと言われています。

明治時代、東洋の文化が日本に入ってくるに連れ、
和装を着る機会減り 呉服屋の経営が苦しくなりました。

当時は結婚式という晴れ舞台に、
白無垢や色打掛、本振袖などいくつもの華やかな衣装にお色直しをおこない、
普段では着ることのできない高価な和装を借りる(レンタルする)のが一般的でした。
着物が日常着ではなく、特別の日の晴れ着としてとらえられるようになると、ますます呉服屋の経営は苦しくなります。
そこで、着物を貸し出すということを考えつき、
江戸の呉服屋とも大阪の呉服屋ともいわれ諸説ありますが、
貸衣装が一般に普及したと考えられています。

また、和装の着替えや、鬘(かつら)の支度にはとても時間がかかりますが、
着替えも洋髪のセッティングも手軽なウエディングドレスが、
和装のデメリットを解消できるものとして徐々に多くの人に好まれたんだそうです。
しかし、日本には海外の生活文化に比べ社交界やパーティーが少なくドレスに普段から全く馴染みがないため、
購入するといった発想もなかったと言われています。

このような歴史から、「ウエディングドレスはレンタルするもの」という文化が近年まで根付いているようです。

ウェディングドレスのレンタルと購入価格の記事を詳しくみる!

ウエディングドレスの相場はいくら?知らなかったじゃ済まされないレンタルと購入価格

式場による理由

ご存知の方も多いですが、
一般的にウエディングドレスやカラードレスなどを式場以外で用意をする場合、
衣装の保管や管理を行う費用として「持ち込み料」がかかることが多いんです。

持ち込み料の相場は、
1点につきおよそ3万円~高いと10万円程度かかることもあります!
実際に会場ごとに定められた持ち込み料は違うため、
ブライダルフェアなどの式場見学の際に確認しておくとgood!

また、会場によっては衣装の持ち込みができないところも。
最近はSNSの普及から
「この人はこれしてるのに!なぜできないの!?」など
会場と花嫁間でクレームになりそうなことは、
会場としても断ることも増えてきたみたいです。

レンタルと購入費用はどのくらい?

レンタルの費用

1位 25~30万円未満 18.5%
2位 2025万円未満 16.1%
3位 15~20万円未満 12.5%
4位 10~15万円未満 12.2%
5位 5~10万円未満 10.9%
6位 30~35万円未満 10.4%
7位 5万円未満 7.3%
8位 35~40万円未満 5.7%
9位 45~50万円未満 2.6%
10位 40~45万円未満 1.8%
50万円以上 1.8%

出典:「結婚スタイルマガジン トレンド調査2018」より。

レンタルの場合は20-30万が相場。
全体の半数の方が15万以上の、
ウェディングドレスをレンタルしています。

購入の費用

1位 2025万円未満 16.2%
2位 10~15万円未満 13.5%
1520万円未満
2530万円未満
5位 510万円未満 10.8%
6位 5万円未満 8.1%
35~40万円未満
40~45万円未満
9位 50万円以上 5.4%
10位 30~35万円未満 2.7%

出典:「結婚スタイルマガジン トレンド調査2018」より。

購入の場合は、
なんとレンタルをする花嫁さまより、
比較的安く抑えられているのが印象的です。

ウエディングドレスを購入するメリット

自分のウェディングドレスが着られる

レンタルとなると、
これから着る人のこともちろん考えなければいけません。
ビーチで思いっきり写真を撮ってみたり、
ハネムーン先にも持っていったり、
レンタルドレスはそういうことができませんよね。

購入してしまえば、
自分のものになりますのでその心配はありません。

自分に合わせたサイズ直しが可能

通常、レンタル式のウエディングドレスは
背中が編み上げで締め上げていくもので、
2サイズ・3サイズにも対応できるドレスに形状になっています
そのため背中の部分で調整ができても、
前側の部分はどのサイズでも基本的に同じです。

フルオーダーやセミオーダーのものであれば、
もちろん自分の体に合わせたウェディングドレスができますし、
既存のドレスを購入しても、
お直しのお店で自分用にリメイクすることもできますよね。

納得いくものが選べる

レンタルの場合、
この提携ドレスショップ内で選ばなくてはいけない、ということもあり、
「サイズが少し合ってない気がする、でもこのドレスのデザインがいい。」なんてことも。
購入だと1つのショップに絞らず、
多くの選択肢から決めれるのが魅力です

思い出として手元に残る

購入をすれば結婚式当日着たドレスを、
結婚式が終わったあとでも取っておくことができるということ。
最近では結婚式が終わった後でも、
ハネムーンでフォトウエディングをおこなったり、
友人にセルフ前撮りをしていてもらったりと、
ウェディングドレスを使用する機会は増えてきましたよね

また思い出の品として、
ミニチュアリメイクやベビードレスにするなどの工夫をしている方も!
もちろんこれらはドレスを自分たちで買ったからこそできることです。

前取りや二次会にも利用可能でお得!

費用面も気になるポイントだと思いますが、
前撮りや二次会、ハネムーンなどでウエディングドレスを着る予定があれば、
ウエディングドレスは購入した方が断然お得になると思います。

通常、前撮りで結婚式当日と同じドレスを着たり
二次会でもウエディングドレを着る場合、
二次会での使用料金や衣装の持ち出し料金という形で、
追加料金がかかることが多くあるんだとか。

一方で販売されているウエディングドレスであれば、
あなたのドレスになるためそういった追加料金は一切かかりません!

実際に購入とレンタルどちらがいいのか?これを見ればわかる!

【プレ花嫁さま必見!】ウェディングドレスはレンタル?購入?どっちがいい?♡

もしかして最大のメリット!?結婚費用の大幅な節約にも!

レンタルのほうが安いと思われがちですが、
選ぶウェディングドレスによっては
購入でも比較的 安価なものであったり、
むしろ レンタルが思ったよりも高価な場合もあります。

結婚費用を抑えたい場合は、
いくつかパターンを考えながら、
購入するか、レンタルするのか、
ウェディングドレスを使用するのは何回あるのか、
考えた上で どうするのか決めるのが良さそうですね。

[2019年最新版 ウェディングドレスの種類]選び方って?体型や雰囲気にあうデザイン・ブランドをcheckしましょ✦✦

持ち込み可能かどうか、持ち込み料金はいくらかかるかも絶対チェック!

先でも述べたとおり、
持ち込みが可能か、持ち込み料がいくらなのかに関しても、
ウェディングドレスを決定する前に事前にチェックしなくてはいけません。

このブランドのドレスが着られる式場を探したい!
ドレスのラインナップがいい式場を探したい!
提携ドレスショップが多い式場を探したい!
ドレスの持ち込み料金がかからない式場を探したい!

まだ結婚式場を決定しておらず、
式場を探しているカップルは
プラコレの”ウェディング診断”をしてみるのがオススメ♡

あなたの趣味趣向に合わせて、
ステキな結婚式場をご紹介してくれますよ。

ウェディングドレスのレンタルについて総まとめ♡人気のブランド・お店もご紹介。

ウェディングドレスをお得に買えるオススメサイト紹介!

DressyOnline (ドレシーオンライン)

>>>ウェディングドレスの購入はこちら

高級ウェディングドレスが最大90%OFFのセール開催中!

DressyOnline[ドレシーオンライン] byプラコレは、
ウェディングドレス・カラードレス・タキシード・和装・結婚式アイテムを公式扱うウェディングドレス通販サイトです。
ドレスショップや式場で実際に3回程レンタル済みのドレスをメインに掲載しています。

ウェディングドレスのレンタル相場って?格安アイテムの特徴もわかる

チュノアウェディング

>>>サイトをチェック!

ウエディングドレス・カラードレス・
タキシードのオーダー専門店。
上質なドレスが¥68,000(税別)~。
お手頃価格なのに高品質!リゾート挙式にも最適◎
1点1点丁寧に熟練の職人が仕上げており、
無料試着を代官山のオシャレな店舗で行えます。

使わないなんて損!!<マリアローザ新システム>人気ドレスブランドを全国どこの会場でも取り寄せできるレンタルドレスシステムを開始♡

DRESS EVERY

>>>サイトをチェック!

ウエディングドレスのセレクトショップ。
DRESS EVERY(ドレスエブリ)では、
新品/リユース/インポートが国内最大級の品揃え。
常時300着以上の中から『見て・触って・選んだ』ドレスをご試着いただくことで、
結婚式を自由に楽しみたい女性達のウエディングドレス を提供してくれます。

YNS Wedding

>>>サイトをチェック!

オーダーウェディングドレスが7万円台から。
1000以上のデザインをご用意し、
東京と大阪、名古屋に試着サロンを完備。
無料サンプルでご自宅試着もできるのが魅力です。

COCOMELODY

>>>サイトをチェック!

高品質・低価格【中心価格帯6~8万円】
豊富なラインナップでドレス探しのお手伝いしてくれます。
格安なウェディングドレスパーティードレスからタキシードや小物まで、
結婚式、二次会や演奏会、パーティーにも利用できます。

まとめ

レンタルがよしとされていた時代は少しずつ変わってきており、
少しずつ購入をされる花嫁さまが増えてきました。
ウェディングドレスを着用する回数や、
ドレスのスタイル、価格、保管場所など考えながら、
ウェディングドレスを購入かレンタルか考えてみてくださいね。

ウェディングドレス購入はこちら♡

ウェディング診断

Dressy Online

Dressy Online(ドレシーオンライン)の公式Editorです♡
ウェディングドレス・カラードレス・タキシード・和装・結婚式アイテムを公式扱うウェディングドレス通販サイトです。高級ウェディングドレスが最大90%OFFで購入できるのが魅力* 掲載しているウェディングドレスや、ウェディングドレスについての豆知識もご紹介**

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY