【愛知県 安産祈願】妊婦さん必見!安産祈願の基礎知識とおすすめ神社5選♡ | DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【愛知 安産祈願】妊婦さん必見!安産祈願の基礎知識とおすすめ神社5選♡

314クリップ

views

ただでさえ不安いっぱいの妊活・妊娠期間ですが、コロナ禍とあって心配事は尽きませんね。そんな愛知県の花嫁さんに朗報!実は愛知県にも安産祈願におすすめの神社が沢山存在しています。ここでは、安産祈願の基礎知識と、有名処の熱田神宮や塩竈神社を含めたおすすめ5選をご紹介したいと思います。これから妊活する方、現在妊活中の方、妊娠中の方、必見です。

コピーしました

みなさん、こんにちは..♡*+
愛知県ご当地ライターのReeです。

コロナ禍が長引き、結婚式の延長または中止をした花嫁さんも多いはず。
結婚式・新婚旅行ができないこのご時世、次に行うことは妊活♡…という方も多いのでは?
ただでさえ不安いっぱいの妊活・妊娠期間ですが、コロナ禍とあって、心配事は尽きませんね+*。
そんな愛知県の花嫁さんに朗報!愛知県にも安産祈願におすすめの神社・お寺が沢山存在しています!
本当にたくさんあるのですが、5選に厳選してご紹介したいと思います♡+.*
これから妊活する方、現在妊活中の方、妊娠中の方、必見です♡♡

安産祈願の基礎知識

今さら聞けない「戌の日」とは?

実は十二支は「年」だけでなく「日」にも振り当てられているのです。
12年に一度、戌年がまわってくるように、12日に一度「戌の日」が巡ってきます。
それが「戌の日」ということになります。

なぜ「戌の日=安産祈願」なのか?

「戌の日=安産祈願」の風習は、犬のお産が軽く、一度にたくさんの赤ちゃんを出産することに由来しています。
安産の象徴である犬にあやかり妊婦さんと赤ちゃんの無事を願い、安産祈願をするようになりました。

安産祈願におすすめの日とは?

妊娠5ヶ月めに入って迎える最初の「戌の日」♡
5か月目の戌の日にお祓いを済ませた腹帯を巻くと安産で良いといういわれがあり、生まれてくる子が岩のように丈夫に育ってほしいという意味の込められた岩田帯を締めるのが一般的な風習となっています。
妊娠5か月と言えば、悪阻が落ち着き体調が安定してくる頃♡+*。
ですが個人差がありますので、この日に固執して無理してお参りに行くことはありません。
ほとんどの神社で戌の日以外でも祈願できます。
この風習にちなんで「戌の日」に安産祈願する方は沢山いますが、このご時世密を避ける意味でも、無理のない時に安産祈願に行きましょう♪

安産祈願におすすめ 愛知県の神社5選

熱田神宮:名古屋市熱田区

出典先:熱田神宮について | 初えびす 七五三 お宮参り お祓い 名古屋 | 熱田神宮 (atsutajingu.or.jp)

・由緒
都会の中、深閑としずまる熱田神宮。古くより格別に尊いお宮として篤い崇敬を集めてきました。
境内は約6万坪あり、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されています。
また、境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。
大楠や本宮・別宮外もとても魅力的な神宮です!
体調が落ち着いているようであれば、祈願後にゆっくりお散歩してみるのもおすすめですっ♡*。

・安産祈願
♡予約不要
授与所の受付にて随時受付のため、以下を参考にしてくださいね♡

♡受付時間:8:30~16:00

♡腹帯:購入可能
初穂料:6000円、8000円、10000円以上
(価格の違いは、祈願後のおさがりの違いによるものだそうです♪)

♡場所:神楽殿(以下地図⑧)
境内は広いので以下の地図を参考にされてください♡*。

出典先:境内案内 | 初えびす 七五三 お宮参り お祓い 名古屋 | 熱田神宮

===アクセス🚙====================
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目

★電車の場合
・JR熱田駅より徒歩8分
・地下鉄(名城線)伝馬町駅・神宮西駅より徒歩7分

★車の場合
・堀田通り「地下鉄堀田」交差点から国道1号線へ、
「伝馬町」交差点右折、直進すぐ「東門駐車場」
・駐車場:約400台(17:00閉門)

=============================

次のページへ!

ウェディング診断
【愛知公認】Ree♥

【愛知公認】Ree♥

ウェディング、美容、旅行、かわいいもの、とことん拘りたい派のわたし♡そんなわたしが集めた情報を皆さまに知ってもらいたい♥ぜひcheckしてください♪♪

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME