【和婚の流れってどんなの?】神前式の流れや和婚の基礎知識をまとめました♡

89views

皆さん、こんにちわ!
編集部のmikiです♡

欧米スタイルの結婚式が王道になっていく中で、
やっぱり和婚もやりたいという人も多く
その人気は絶えることがありません♡

やっぱり日本の美しい伝統的な文化を
日本人としても体験したいなと私自身も
思ってしまいますし、
本当に海外からみてもとっても綺麗なんです。

でも実際和婚ってどんな流れなの…?
そんな風に実際の和婚ってどんな感じなのか
わからないという人も多いと思います。

なので今回は和婚の魅力、
衣装の種類や神社選びの仕方、神前式の流れまで
全てまとめてお届けしますので
ぜひ参考にしていただければと思います♩*

View this post on Instagram

和婚の魅力

最近人気が高まっている「和婚」ですが、
そもそも人気の理由や和婚ならではの魅力って何だろう。

一つあげられるとしたらもちろん白無垢や色打掛などの
伝統的な婚礼衣装を着れるってところだと思います。

実は最近は、挙式を式場さんやキリスト教式にあげてから、
披露宴のお直しで和装をするという例も増えていますので、
どっちもやりたいわがまま花嫁さまはぜひこういうこともできるので
参考にしてみてください!

他には年齢層の高いゲストから好まれるスタイルなので、
かなり評価が高かったり、
神社やお寺そのものの美しさや
美しい緑の庭園などの綺麗な景色も人気の理由になっています♡

また神社で行う神前式が一般的になっておりますが、
結婚式を終えた後も神社に訪れることができるので
それも和婚ならではの大きな魅力になっております。

毎年の初詣はもちろん、
お子さんが生まれたらお宮参りや七五三など、
用事がなくてもご自身の特別な場所として
気軽に訪れることできるは何だかとってもいいですよね♡

View this post on Instagram

では神社選びはどうする?

では実際に和婚をしたいとなった花嫁さまへ。
まず神社選びから始めなければならないですよね!
そのためにはまず最初に「情報収集」しましょう◎

1.情報収集

何か買うときや外食に行くとき、
最近では雑誌をみて事前に参考にしたり、
口コミを見たりして商品や行く場所を選びますよね!

なのでまず、2人でどのような神社で結婚式を挙げる事ができるのか情報収集を行います。

まずは簡単にエリアを決めてから調べるとスムーズに行くと思います◎
そして神社により祀られている神様も違いますので、
こだわりがある方は特に詳しく調べた方がいいかもしれません!

ただ1個1個神様を調べるのも大変です…
そこで実は神社も同じように口コミがあるんです!
もちろんそれは全てではありまんせんが、
ご自身がこれから長く通いたいと思う神社を選びたいのであれば
口コミをみて雰囲気なども考慮してぜひ一度調べてみてください!

またDressyでもたくさんの式場さんを地域別でご紹介しているので
こちらの記事も参考にしてぜひ選んでみてください!

はんなり和婚を叶えたい花嫁さま必見❁東京で和婚におすすめの結婚式場7選

【和装を着たい花嫁さま必見】神奈川県で和婚におすすめの結婚式場6選

名古屋で人気の*和婚*におすすめの会場7選をまとめました♡

2. 気になる神社への見学予約

ではいくつか神社の候補が上がりましたら、
一度見学に行くことをお勧めします!

ただ神社によって結婚式の予約窓口があったり
直営の神社あったり、式場に委託したりと色々なので
問い合わせをする時は、
HPなどもをみたり神社での結婚式の受付窓口を事前に調べてから
見学予約をすると無難ですね*

実際に見学では神社によっては挙式の説明をしてくださったり
挙式のイメージも作りやすくなりますので、
ぜひ一度ご自身で神社を訪れてみてください!

3. 会場見学と相談

では神社の見学予約が取れたら
実際に足を運んで見に行きます!

多くな場合は神社のスタッフさんか
式場のプランナーさんが案内してくれるので、
その場で希望を叶えられるか、
やりたいことやわからないなど色々と質問しておいたら
後からできないなどのがっかりなエピソード
もしなくて済むのでオススメです◎*

特に冷暖房の有無や収容人数は事前に確認しておくとGOODです!

4. ご契約と打ち合わせ開始

では実際にここがいいという神社が見つかったら
契約に入っていきます!

日程を抑え、申込金などのお支払いが
終わったり無事契約完了となります♡

お申し込みが終わった後に、
結婚式の打ち合わせがスタートしますが、
平均ではだいたい3ヶ月から4ヶ月前から打ち合わせが始まりますので、
ぜひ参考にして早めに動いていただければと思います!

そこからは他の欧米スタイルなどのウェディングとも
流れが変わらないので、最高の結婚式に向けてたくさん準備してください♡**

神社で挙げる神前式の当日の一般的な流れ

では早速ですが、神前式の当日の一般的な流れについてお話しします!
全く知らない単語だったり、知らない習慣も多いかもしれませんが、
事前に知っておくと当日の流れや希望もたくさん言えると思うので
これもぜひ参考にしてみてくださいね♩

1.手水の儀(ちょうずのぎ)

神社のお参りに行ったときに、入り口の端などにある溜めておる水で
手を洗ったり、口をすすいだりしませんか?

この儀式は実は神前式でもやるんです!
この儀式のことを「手水の儀」と呼ぶのですが
神殿に入る前に、参加者全員が身をお水で清めて行きます!

やり方としては
①まず右手でひしゃくに水を汲み、左手を清めていきます
②それに続いて右手と口も水ですすぎます
③最後に、用意されている懐紙という和紙で、口元や手などの水気をふき取っていきます。

出典:ラヴィファクトリーさんの公式ページはこちら!

2.参進の儀 (さいしんのぎ)

手水の儀が終わったら、早速神殿に導かれていくのですが、
それを「参進の儀」と呼びます!
簡単にいうと「出席者の入場」と言われることもあリます。

神社に奉仕する神職や巫女に導かれて、
新郎新婦をはじめ、両家の親、ご親族の順で本殿に向かって行きます。

出典:諏訪神社の公式ホームページはこちら!

3.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)

ここで斎主についてですが、
「斎主」はいわゆる式の進行をつとめる神職のこと言いますので
ぜひ覚えておいてくださいね◎

この「斎主」から最初の挨拶が行われたあとに神前へ向かって全員で一礼をします。
つまり、これから式を見守ってくれる神様へ挨拶する意味を持っています。

4.修祓の儀(しゅばつのぎ)

挨拶が終わり、最初に行われるのが「修祓の儀」です。
これは神職が祓詞を述べ、身のけがれをはらい清めてくれる儀式なんです。

ちなみに祓詞とは、
神社の神主さんが神事や儀礼などを行う前に唱える祝詞になります♡

5.祝詞奏上(のりとそうじょう)

そして先ほど出ました祝詞なんですが、
祝詞とは神々に対し申し上げる言葉のことなんです!

「祝詞奏上」では神職が神にふたりの結婚を報告し、
幸せが永遠に続くよう祈っていきます。

6.三献の儀(さんこんのぎ)

「三献の儀」は「三々九度の盃」とも言われておりますが、
もしかしたら年明けなどでいただくお屠蘇を
思い浮かべたらいいかもしれませんね!

お屠蘇同じく、大中小3つの盃で新郎新婦が交互にお神酒を頂き、
夫婦の永遠の契りを結びます。

お屠蘇と違って、神酒には、繁栄や魔よけの意味が込められています。

出典:諏訪神社の公式ホームページはこちら!

7.指輪交換(ゆびわこうかん)

指輪交換って和婚でもあるんだと驚かれる方もいるかもしれません。
もともとは神前式にはなかった儀式なんですけど、
希望する人が多くなって、昭和30年代から一般的にも取り入れるようになりました。

キリスト教式の結婚式と変わらず、
お互いに結婚指輪を交換することで、永遠の愛を誓い合います。

8 誓詞奉読(せいしほうどく)

こちらは新郎新婦が、ふたりで夫婦になることを神様に向かって誓い、言葉を読み上げる儀式になります。

ここでやりがちな注意点があります!

実は誓詞を読むとき、実は誓詞を目線より下に下げてはいけないのです!
誓詞奏上は神様に対して行うものなので
下の方で持ってしまいますと失礼になってしまいます。
なので目線の高さで持つようにしてくださいね◎

9.玉串拝礼(たまぐしはいれい)

玉串とは、神さまが宿るとされる榊(さかき)という木の枝に、
紙垂(しで)や麻を結びつけたものになります。

なので「玉串拝礼」とは「玉串を神様にお供えする」儀式のことを指しますが
実はこの儀式の仕方は神社によって少し異なってくるのだとか!

もちろん所作については、前もって神職や巫女が説明を行ってくれるので安心してください♡

出典:マナラボさんで詳しく知りたい方はこちらをcheck!

10 巫女の舞(みこのまい)

ふたりの門出を祝い、雅楽の調べに乗せて、巫女が舞を奉納する儀式のこと言います!
実はこちらも神社によってあったりなかったりとするので、
見学の時に一度確認してみるといいかもしれません◎

11 親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)

こちらなんですが、両家が親族となる儀式になります。
6番目に出てきた三献の儀を思い出していただければ想像しやすいかもしれません!

ここでは巫女が親族全員にお神酒を注ぎ、
全員起立して一斉に3回で飲みほします。

12 斎主祝辞(さいしゅしゅくじ)

斎主挨拶で始まって、斎主の祝辞で式を締めます。
神職が式を執り納めたことを神に報告して一拝します!

13.退場

全てが終わった後に、退場をするのですが
入場とほぼ順番が変わらず
・神職
・新郎新婦
・仲人
・親族
の順番で退場して行きます!

神前式の衣装

式の一連の流れについて説明させていただきましたが、
なんとなく想像はつきましたか??

式を知った後はお待ち遠しの衣装についてですね!!
新婦さんや新郎さんがどう行った衣装を着るのか
説明させていただきます♡

新婦さんの衣装は?

白無垢

和婚のもっとも王道な衣装であり、憧れる人も多いと思います♡

白無垢は、最も格式が高い花嫁衣装として知られておりまして。
一番上に羽織る「打掛」やその下に着る「掛下」、
そして帯と小物類も含めすべてを白色に統一するのが一般的です。

また多くの人は髪形は「文金高島田」のかつらを被っていきますが、
最近では柔軟にヘアアレンジを楽しむ花嫁さまもいます♩

View this post on Instagram

 

色打掛

こちらも最近かなり人気が出ておりまして、
白またはピンクなどの色掛下に、鮮やかな打掛を羽織る装いのことを言います!

特に赤が人気で、白と赤のコントラストも美しく
神社でも綺麗に映えます。

 

View this post on Instagram

 

引き振袖

引き振袖ってご存知ですか?

実は引き振袖は白無垢よりも前に存在していた
挙式の正装としても通用する伝統ある婚礼衣裳なんです!

引振袖の人気の理由としては、
小物も含めて色や柄を自由に選べること挙げられます。

最近では伝統的な黒や赤の他に
パステルカラーやモダンなものまで幅広く種類が豊富なので
自分の色を出したいという人はぜひ引き振袖も検討してみてください♩

出典先:CUCURUの公式ページはこちら♡

 

十二単

十二単とは、平安時代における、成人女性の正装でして、
現在でも皇族の婚礼衣装として活躍されている衣装なんです!

なのでとても格式の高い衣装となりますが
最近一部の神社では十二単も選べたりするので
ぜひ調べてみてください!

出典:十二単が気になる方はこちらをcheck!

 

またいろんな和装コーデについての最新情報をいろんな記事でも
書いているので、ぜひいろんな記事を合わせて読んでみてくださいね♡

【2019年最新版】もうすぐ秋!和婚花嫁さま必見✦*今どきの和装コーディネート事情♡*

新郎さんの衣装は?

紋付袴

新郎さんの和装については基本的に1種類のみになっています。

一般的には黒が王道となっていますが、
グレーや白のもの最近人気です!

View this post on Instagram

 

知っておきたい神前式のあれこれ

では最後に神前式についてのあらゆる疑問についても
解決して行きますので、ぜひ気になる点があれば色々参考にしてみてください!

列席者も服装ってどうすればいい?

神社での結婚式に招待されたことがある人は一度は衣装に悩まれたと思います!
せっかくの神社での結婚式だからこそ着物を着るべきなのかな
と考えている人もいるかもしれません!

ただ実は、ゲストの衣装に決まりは特にないのです!
なので洋装でも和装でも構いませんが、
新郎新婦より派手な衣装はよくないのでここだけ注意してくださいね♡

神社での結婚式に友人も呼びたい場合

もし神社の結婚式に友人を呼びたい場合は、
必ず事前確認をすることをお勧めします!

最近では柔軟に対応していただく神社は多いものの、
実は基本的には和婚は家族で行うものになっています。

厳密にルールを守っている神社もありますので、
ここは要確認ですね!

なんで親族だけなの?

実は神社での結婚式は
「新郎新婦の家族が集まって儀式を行い、両家の繁栄を祈る」
という意味があるのはご存知ですか?

神様の前で正式契りを交わします儀式でもありますので、
非常にプライベートな儀式であり、
親族とは関係を持たない友人は参加しないことが常識でした。

ただ最近ではどうしても呼びたいという方も多いと思います!
先ほど書いた通り、最近では呼べる神社も増えているので
背景を知りつつ確認を取ってみましょう!

友人を呼んだ時の注意点

一つ友人を呼ぶ際の注意点がございます。
それは、家族になる証である「親族盃の儀」なんです。

こちらの儀式では
新郎新婦の家族と親族が同じお酒を飲むことによって
正式に家族としてのつながりを持ったという意味をもつものになるので
友人がお酒をいただくことが出来ません。

ただ見学はもちろん可能なので、
もし友人が参加する際はこちらを事前にお伝えした上で
参加してもらいましょう◎

祝詞や所作は練習しておく

またこちらはアドバイスになりますが、
祝詞や所作は事前に練習して置くことをお勧めします!

誓詞奉読でも書きました通り、
神様に対して失礼にならないためには
いくつかの注意点を押さえなくてはなりません。

またふりがなが振ってあるものの誓詞奏上を行う時に
噛んだりするとちょっと恥ずかしいですよね><*

そうならないためにもぜひ何度か練習して
失礼にならないためにも事前に確認を行なっていください!

出典先:誓詞奉読の注意点を知りたい方はこちらをcheck!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

神社での結婚式にはたくさんの魅力が詰まっているんです!
衣装から儀式、その一つ一つの意味が本当に深く美しいんです。

ぜひそんな魅力が詰まっている和婚を
挙げてみてはいかがでしょうか??

View this post on Instagram

他にもこのように記事もありますのでぜひチェックしてみてくださいね!

*和装フォトでお悩みの花嫁さま必見♥*和装前撮り指示書⋈*

*miki*

幼少期からずっとドイツで暮らし、高校で帰国!海外ウェディングと海外セレブニュースはお任せください♡将来は全員が楽しめる自分だけのウェディングを挙げたく研究中!!素敵な情報を沢山発信してまいります♩ぜひ見てくださいね❤

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

おしゃれなウエディングアイディアをいつでもどこでも集められちゃう

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY