結婚式の二次会のメリット・デメリットまとめ | DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

結婚式の二次会ってやったほうがいいの?メリットとデメリットを知っておこう♡!

170クリップ

views

結婚式の二次会はした方がよいのでしょうか?ここでは、二次会を「する」「しない」場合のメリット・デメリットをご紹介します。デメリットについては、解消法や注意点もまとめました!二次会をしようか迷っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

コピーしました

結婚式の二次会は、
結婚式とは違って親しい友人だけを呼んで
楽しむパーティのようなもの。

結婚式そのものよりも
カジュアルなスタイルでおこなわれることが多いので
新郎新婦自身も格式ばることなく
リラックスした状態で楽しむことができると言われています♩

ただし、二次会を開くとなれば、
結婚式とは別に準備したり、
新たに会場を手配したりしなければならないことも….><

結婚式の準備でさえも
TO DO リストがたくさんあると思いますので、
実際に二次会をやるべきかどうか
迷っているカップルも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
結婚式の二次会はやるべきなのかどうか、
また開催する場合のメリットやデメリットを中心に
まとめていきます◎

それではご覧あれ!*

結婚式の二次会とは?

そもそも結婚式の二次会とは、
挙式や披露宴とは別に
友人などへ結婚をお披露目するために開かれる
アフターパーティのこと!

結婚式は新郎新婦のおふたりや親族にとって
大切なイベントですが、
式場のキャパシティなどの理由で、
挙式や披露宴には招待できなかった友人や
同僚などもきっといるはず。

そのようなゲストたちにも、
新郎新婦のおふたりの晴れの姿を披露し、
一緒に祝福されるために開催するのが
二次会と言います**

また、海外挙式をおこなう新郎新婦のおふたりの場合は、
海外への渡航費用などの関係上
家族のみの挙式をおこなうことも実は少なくありません><

そのような場合は、
海外挙式から帰国したあとに
あらためて友人や同僚を集めて
パーティを開くことがありますよね!

このようなパーティも
二次会の一種と見なされるんです◎

ちなみに、国内で結婚式をする場合は、
結婚式の当日に合わせて二次会をするのが
一般的だそうですが、
海外挙式の新郎新婦さまは
二次会を開催する場合は
別日をあらためて用意しておこなう
選択をするのが一般的なんだそうですよ^^

二次会のメリット・デメリットは?

二次会をする選択を
新郎新婦のおふたりでする場合、
どんなメリット・デメリットがあるか
まずは知ることがとても大切。

費用も発生するので
ぜひ確認してみましょう◎

二次会のメリットとは?

まずは二次会を行うメリットから
紹介していきます。

二次会を行うメリットは5つ!

メリット①
結婚式や披露宴に招待できなかったゲストも呼ぶことができる!

結婚式や披露宴は
会場のキャパシティや
挙式のスタイルによって
呼ぶことができる人数が限られてきます。

そのような理由によって
結婚式や披露宴では招待することのできなかったけど
おふたりの結婚を一緒に喜びたいゲストを
二次会では招待できるという点で
大きなメリットとされています◎

とくに友人や同僚の多いカップルは、
式に招待できない人が多くて
困ってしまうということも珍しくありません。

そんなときに二次会を開催すれば、
結婚式や披露宴に呼べなかった人も
招待できるようになります。
また、二次会の開催が式そのものに
招待できなかった人へのフォローにもなると言われています◎

メリット②
友人同士の出会いの場所になる!

二次会には、
新郎さまと新婦さま両方の友人が
一度にたくさん集まります。

結婚式や披露宴では、
同じテーブルに座っているゲスト以外とは
なかなかコミュニケーションを取ることができませんが、
その点二次会ではアットホームで
コミュニケーションを取りやすい空間に
アレンジすることも可能なので、
ゲスト同士の新たな出会いにも
繋がりやすいというメリットがあります◎

参加しているのは新郎新婦のおふたりの知り合いであるため、
ゲストも安心して相手を探せるという点も
二次会が恋愛に発展しやすい
出会いの場所である理由とも言えます。

大切な友人同士が仲良くなってくれれば、
新郎新婦のおふたりにとっても
とても喜ばしいことですよね^^♡

もちろん、恋愛発展だけではなく
お互いの友人同士で
新しい交友関係が生まれることも期待できます◎

そこでの出会いが仕事につながることもあり、
二次会はさまざまな人同士が
新しい交友関係を築くための
大切な場所でもありますよ♩

おふたりの結婚を祝福するだけではなく
おふたりにとって大切なゲストの幸せにも
つながるという点では、
とっても大きなメリットとなりますよね♡

メリット③
結婚式よりも近い距離でコミュニケーションを楽しめる!

結婚式や挙式では、
限られた時間の中で様々な演出などが
組み込まれているので
新郎新婦のおふたりは忙しく
過ごすことになります**

歓談の時間も限られているので
新郎新婦のおふたりは、
ちょっとした挨拶や写真撮影に
費やされてしまうのが一般的。

そのため、せっかく来てくれた友人やゲストと
じっくり話をしたりする時間は
ほとんどないのが現状です><

結婚式で久しぶりに会う友人などもいることと思いますし
せっかく来てくれたゲストに
しっかりと挨拶ができないのも
とても残念なことですよね><

一方で、
結婚式よりもゲストとの距離が近い二次会なら、
挙式や披露宴では話ができなかった友人とも
じっくりと会話をすることができるという
メリットがあります◎

結婚式よりもアットホームな雰囲気で開催される二次会は、
新郎新婦のおふたりも時間に余裕を持って
参加することもできるでしょう!

さらに、結婚式や披露宴ではできない
二次会ならではの演出やゲームによって
より近い距離でコミュニケーションを取ることができるの
二次会ならではの魅力なのではないでしょうか?♡

メリット④
結婚式よりもカジュアルに楽しむことができる!

結婚式や挙式は両親や上司も参列するため、
おもてなしや気の使い方など
新郎新婦のおふたりが気に掛ける部分が
たくさんありますよね。

ですが二次会では
新郎新婦のおふたりのゲストのみで楽しむことができるため
両親や上司にも気を使うことなく
楽しむことができますよ♡

メリット⑤
結婚式とは違う雰囲気を楽しむことができる!

最近では、結婚式のスタイルは本当に自由!
新郎新婦のおふたりのテーマやコンセプトによって
様々なスタイルの中から選ぶことが可能です◎

ただ、種類がたくさんあるからこそ
あれもやりたかった!これもやりたかった!
というようなこともあるのでは。
そんな時には、結婚式と二次会で
それぞれのテーマを決めて
後悔のないようなウェディングを楽しむことができますよ♩

また結婚式の衣装も
結婚式と二次会でガラッと雰囲気を変えるのも
とてもおすすめでございます♩

最近人気のカジュアルスタイルの花嫁コーディネートなども
二次会との相性がとてもいいです。

二次会のデメリットとは?

次に二次会を行うデメリットを
紹介していきます。

二次会を行うデメリットは3つ!

デメリット①
会費や時間、日付によってゲストに負担がかかることも!

結婚式や披露宴から参加するゲストは
その時間から二次会まで多くの時間を
新郎新婦のおふたりのために費やすことになります。

また終了時間が遅くなれば遅くなるほど
次の日に支障が出てしまうことも
考えられますよね><

特に普段忙しいゲストがいた場合は
考慮するべきポイントでもあります。

なるべく必要以上の時間がかからないようにするために、
・結婚式会場から近い二次会会場をセレクトする
・土日休みのゲストが多い場合は、土曜日開催にする
など少しでも考慮をすると
ゲスト思いの素敵な二次会になるのではないでしょうか◎

また、会費なども気にするべきポイント。
結婚式のご祝儀に加えて、二次会会費も重なると
ゲストにとっての負担にも
なりかねませんよね。

そのため、なるべくゲストに負担のかからない
会費を設定することをおすすめします◎

デメリット②
二次会の準備に手間がかかる!

結婚式の準備でさえも
会場選びや衣装選び、当日の内容など
準備をすることがたくさんあり
新郎新婦のおふたりはとても忙しいです。

さらに二次会を行う選択肢をとった場合は
もちろん会場選びなどに合わせて
当日の企画や司会進行など
多くのことを計画・準備する必要性が出てきます。

そのため、新郎新婦のおふたりから
ゲストへ司会進行を含めた幹事の役割を依頼することも
多いと言われているんです*
その際には感じに完全に任せっきりになるのではなく
打ち合わせの段階からおふたりも
一緒に参加するととても親切ですよ◎

また、幹事に準備を一任するといっても、
任せきりにすることは避けるのが礼儀!
すべてを任せてしまえば、
幹事を受けた人も困ってしまうでしょう。

お互いにしっかり連携を取り、
役割分担もしながら、
本番に向けてきっちり準備を進めていくことが大切です◎

新郎新婦のおふたりが忙しく、
頼める幹事もいないという場合は、
運営会社に準備を任せるというのもひとつの手。

細かい融通はきかないこともあるとも言われますが
運営会社に任せることによって
準備の手間を大きく省けますし、
二次会当日のゲストとの時間も
より楽しむことができるというメリットもございますよ♡

デメリット③
金銭的な負担がかかってしまう!

二次会では、
ただ会場を用意して宴会を開くだけでなく、
二次会ならではのイベントを開催するのが一般的。

ビンゴゲームなどのゲームをおこなったり、
全員で盛り上がることのできる
カラオケ大会を開いたりなど、
二次会を盛り上げるためにも
何かしらゲームや演出を
用意しておく必要があります**

しかし、そのような演出やゲームを行うためには
様々な費用がかかってしまうのが現実です。

ただ、二次会はゲストから会費をもらうのが一般的。
そのため、会費を高くすることによって
新郎新婦のおふたりの金銭的負担は
軽減されるかもしれませんが
その分ゲストへの負担がかかってしまったり、
ゲストの参加率が下がってしまうことも
リスクとして考えられます。

どこまで費用をかけるのか、
重視して内容を決めていく必要がありますよ!*

結婚式の二次会をする際の注意点3つ!

ここまで紹介した
二次会のメリットやデメリットを踏まえて
新郎新婦のおふたりで二次会をすると決めたら
次の3つのことに注意して準備を進めていきましょう^^

注意事項①
どんな二次会にしたいのかふたりで話し合う!

まずは結婚式と同様、
どんな二次会にしたいのか
おふたりでしっかりと話し合うことが重要です!

ここでは具体的なイメージを共有することが
必要となります。

また、テーマやコンセプトは
カジュアルなのか?アットホームなのか?
など様々。

ここでもおふたりのイメージを
しっかり共有すると
そのあとの準備もスムーズに進められます*

注意事項②
結婚式の日程が決まったら会場を早めに決めて
幹事を指名する!

二次会の日程と時間が決まったら
おふたりの希望する二次会ができそうな
会場を探しましょう!

人気のお店はなかなか予約が取りにくいこともあるので
早めに確認をすることをおすすめします◎

会場が確定したら
幹事を依頼する人が多いそうですよ*

お礼の品なども準備をして
幹事のお願いをするなど
感謝の気持ちをお伝えすることが
とても大切です◎

注意事項③
4ヶ月前には準備を進めることが理想的!

二次会の準備は、
4ヶ月前から準備を進めていくことが
一般的には理想と言われています。

結婚式の準備と重なると思いますので
余裕を持って動いていくことが
とても大切となっています* *

準備をすることはたくさんあります。
招待するゲスト一覧を作って
招待状の作成・送付、料理やドリンクの発注、会費などの
設定も忘れずにしましょう!

また新郎新婦のおふたりの衣装や
会場内のコーディネートをどうするかなど
二次会のイメージに合わせて
決めておくことがとても大切なことです◎

大まかな流れを決めておけば、
二次会の細かな演出の準備は
2か月ほど前からでも問題ないと言われているので
ギリギリになってばたつかないためにも
事前準備をしっかり行うことをおすすめします♩

幹事に依頼する際の注意点3つ!

二次会を成功させるために
キーとなるのが誰を幹事に選ぶか?という点でございます。

注意事項①
幹事は信頼できる友人に頼む!

大切な幹事を誰にお願いするか?
やはり、新郎新婦のおふたりが
信頼できる友人に頼むことが重要と言われます**

さらに、すでに二次会の幹事を経験したことのある友人や
大勢の前でお話しすることが得意な友人も
幹事にはおすすめと言われます◎

また、遠方から二次会に参加してくれるゲストの場合は、
幹事に適切な友人だとしても
打ち合わせや準備に手間と負担をかけてしまうので
なるべく控えるのをおすすめします。

注意事項②
2〜4名で幹事のグループを作るのがおすすめ!

幹事の人数はたくさん準備する必要はありませんが、
一人にお願いするのも幹事の負担がかかり過ぎてしまいます。

そのため、新郎さま側2名・新婦さま側2名というように
4名グループで幹事を依頼するのが
とても親切と言われます!*

さらに、新郎がわと新婦側で
すでに顔見知りの人を幹事とするのも
より親切かもしれないですね^^

注意事項③
幹事の初回顔合わせは新郎新婦さまが設定をする!

二次会の準備をする時には
まず新郎新婦のおふたりが幹事を招いた
打ち合わせをセッティングすることが
とても大切な気配りとなります◎

その初回打ち合わせにて
新郎新婦のおふたりが思い浮かべているコンセプトの共有や
注意事項などを共有するといいでしょう^^

その後の打ち合わせなどは
幹事の皆様で進めていただけるように
伝えたいことを事前に整理しておくことも
忘れずにしておくといいですね^^♩

まとめ

二次会をするにあたって
メリットやデメリット、
さらに二次会までに準備しておきたいポイントなどを
紹介させていただきました!

ぜひおふたりで確認して、
二次会をするかどうか
決めていってくださいね◎

ウェディング診断
moriko

moriko

大学卒業後から全くブレずにブライダル業界一筋10年!一貫性のウェディングプランナー、結婚式場をご紹介するウェディングアドバイザーを経験しプラコレにjoin♡会場コーディネートやブーケ、演出など結婚式の楽しさと素晴らしさを発信し続けます◎

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年7月号
2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME