【結婚式 ジンクス】結婚式にサムシングフォーを取り入れると幸せになれるってほんと…?♡素敵なおまじないをチェックしてみて* | DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース - Page 2

【結婚式 ジンクス】結婚式にサムシングフォーを取り入れると幸せになれるってほんと…?♡素敵なおまじないをチェックしてみて*

121クリップ

views

みなさん"サムシングフォー"って ご存知ですか? サムシングブルーという言葉は多くの方が 聞いたことあるのではないでしょうか◎ サムシングブルーはサムシングフォーの中に含まれる ものなんですよ。 本日はそんなサムシングフォーについて、 ご紹介させていただくので、 チェックしてみてくださいね!

コピーしました

実際にどんなアイテムを取り入れたらいいの?

この投稿をInstagramで見る

サムシングフォーについて、
簡単に解説させていただきましたが、
では具体的にどんなアイテムを取り入れたらいいのか、
わからない方も多くいらっしゃるのでは
ないでしょうか…?

ここからはサムシングフォーにあったアイテムを
ご紹介させていただきますので、
ご自身の結婚式に取り入れられそうなアイテムを
見つけてみてくださいね。

“Something new” アイテム

 

サムシングニューは、
花嫁を象徴する色・白いものが良いとされています。
もちろん、それ以外の色でも
ふたりで新調したものなら「新しいもの」になります。

例えば、
ドレスに似合うアクセサリーやシューズ

ウェディングドレスを新調するのも素敵ですが、
ドレスに合わせるアクセサリーやシューズなどの
小物を新調して用意するのもおすすめです。

ウエディングドレスの小物であれば、
他にもハンカチなども
比較的安価に用意できるのでおすすめのアイテムです◎

また、
新郎新婦でお互いにサプライズプレゼントをするのも
おすすめです。

具体的なアイテムは
新婚生活で使えるようなものが
意味合い的にもぴったりではないでしょうか。

プレゼントするものが
結婚式当日で身に着けられるものだとさらにいいですね。
男性から女性へ向けては、
日常生活でも使えるようなアクセサリーなどがおすすめ。
女性から男性へ向けては、
時計やポケットチーフなどもおすすめです。

少し変わった見方をして、
結婚式当日に入籍
サムシングニューとして扱われます。
入籍をすると新たな家族として
新しい人生のスタートになります。

結婚式の日と入籍日が同日になるので、
「結婚記念日はいつ?」ということになる
心配も入りません。
また、入籍も夫婦揃って一緒に行うことで、
結婚式というこの日を大切にしたいという
思いも増してくるのではないでしょうか?

“Something old” アイテム

 

サムシングオールドでは
幼いころの思い出グッズ
結婚式会場にディスプレイとして飾るのがおすすめです。

幼いころに大切にしていたおもちゃやぬいぐるみ、
想い出の写真をディスプレイすることで、
幼少期からの思い出とともに結婚式を迎えることができます。

幼少期や昔の洋服などがまだ残っていたら、
服をリメイクしてリングピローを作る
なんていうことも素敵ですよね。
ディスプレイすることで、
家族やご友人が待ち時間に眺めて会話のネタになったり、
幼いころからの成長を実感することができるので、
結婚式を迎えたことの喜びをより一層感じられるのではないでしょうか。

また
お母さまのアクセサリーを身に着けるというのもおすすめ。

お母さまがが身に着けているものを付けるということは、
「代々続く幸せを引き継ぐという意味合い」が込められています。

アイテムとしては
イヤリングやネックレスを選ぶ花嫁さまが
多い印象です。
ウエディングドレスを取り入れる花嫁さまも
いらっしゃいます。

アイテムはアンティークな雰囲気のままでも、
現代風にリメイクしてもOKなので、
ご自身の結婚式のスタイルに合わせて
コーディネートしてみてくださいね。

“Something blue” アイテム

この投稿をInstagramで見る

こちらはたくさんの花嫁さまが
積極的に取り入れたいアイテムなのでは
ないでしょうか?

サムシングブルーに関しては、
基本的には青いものであれば構いません。
そんな中でもおすすめのアイテムや
取り入れのアイデアをご紹介いたします。

ブルーのドレスでシンデレラ風にアレンジ
シンデレラ風の青のウエディングドレスは
カラードレスでもとても人気が高くなっています。

可愛いらしすぎず、
女性らしさを演出できることから
幅広い世代の花嫁さまから人気を集めています。

着用される花嫁さまの年代によって
ドレスの色味も変わってくる印象で、
20代前半の花嫁さまは
水色などの明るい青、
30代後半~40代の花嫁さまには
濃いめの青を選ぶ花嫁さまが多いようです。

最近では
タキシードにポイント的に青を入れる
スタイルも人気が高まってきています。

最近ではタキシードも、
ジャケットとパンツが色違いの
「ジャケパン」スタイルも人気で、
特にカジュアルテイストなパーティなどで
着用する新郎さまが多いようです。

この時に、ジャケットやベスト、
チーフ、タイなどで部分的に青を使用するのもおすすめです。

結婚式のテーマカラーやディスプレイに青を入れる
のもおすすめなアイデアです。

特に小物や、ディスプレイに
青を盛り込んでいくのがおすすめです。

会場のコーディネートの中でも
リボンなどでさりげなく入れるのもいいですし、
お花などを含めた「テーマカラー」を
青にしていくのも素敵なアイデアです。

ですが、コーディネートの時に
テーブルクロスを青にするのは要注意です。
明るい青は食欲減退の色ですので、
せっかくの料理が台無しになってしまうことも…
もしテーブルクロスに青を取り入れるのであれば、
ネイビーに近い濃い青をおすすめします。

演出で取り入れるアイデアとしては
バルーンリリースを青に
するのがおすすめです。

ガーデンウェディングでの人気演出と言えば、
バルーンリリースですよね。
このバルーンを
青系の色で統一するのも素敵なアイデアです。
もしあいにくのお天気になってしまったとしても、
バルーンはディスプレイとして
会場にも装飾することもできるので、
ブルーのディスプレイとして活躍します。

“Something Borrowed” アイテム

サムシングボローは
お母さまからアクセサリーを借りたり、
友人や先輩花嫁さんからヴェールや手袋、
ティアラ、ハンカチなどを借りたりするのもおすすめですが

すでに結婚をされている
幸せな夫婦から結婚式にまつわるグッズを借りる

というのもおすすめです。

すでに幸せな生活を営んでいるご夫婦に
あやかるという意味合いで、
結婚式で使用した小物などを借りるのがおすすめです。
中でもリングピローやドレス用小物などが人気です。

少し変わった視点で見ると
中座の時に「手を借りる」のも
サムシングボローのひとつです。

一般的にお父さまとは
バージンロードを歩くケースが多いので、
新郎さまと一緒に、
もしくはお母さまやご友人、
おばあちゃんにお願いするのが一般的とされています。

結婚式にはその他にも知らなきゃ損な言い伝えが…♡

結婚式にはサムシングフォーの他にも
さまざまな言い伝えがあります。
サムシングフォーの他にも取り入れられるような
素敵な言い伝えをご紹介いたします。

リングピローの言い伝え

 

結婚式で使用したリングピローを
二人の間にできた赤ちゃんの
ファーストピロー(初めての枕)にして3日間使用すると、
その赤ちゃんが健康に育つといわれているそうです。

パパ・ママにとっても、
結婚式で使用した思い出のリングピローを使って
赤ちゃんがスヤスヤと寝ているところを見ると
心温まりますよね。

また、弟や妹が出来たときに
ファーストピローにしてあげることで、
家族の繋がりを示す大切な宝物・思い出の一つにもなります。

ウェディングベールの言い伝え

この投稿をInstagramで見る

ウェディングベールとは、
ウエディングドレス姿の花嫁が
頭に着ける小物です。

花嫁の顔を覆う「フェイスベール」、
聖母マリア様のような
顔を覆わない「マリアベール」といった形が代表的です。
このベールには花嫁の幸せを妬む
邪悪な悪魔から守るという言い伝えがあります。

このウェディングベールを用いた
ベールダウンも上記の言い伝えが基となっています。

ベールダウンの後、
バージンロードを歩き終え挙式が始まってしまうと、
両親は巣立っていく娘を守ることが出来なくなります。

そして、そのご両親の代わりに
花嫁さまを守っていくのが新郎の役目になります。
挙式が進み、
誓いの言葉を交わした新郎だけが
ベールをあげることが出来るのです。
このときベールを上げるまでの間、
悪魔から身を守ってくれるのがベールの役目とされています。

バージンロードの言い伝え

バージンロードにも言い伝えがあり、
ベール同じ役割で、悪魔から花嫁を守るために
敷かれていたという言い伝えがあります。

悪魔は教会の床下に潜んでいると信じられており、
そこに一枚、神聖な布である
バージンロードを敷くことで、
悪魔を寄せ付けないようにした
というジンクスがあります。

またバージンロードは
男性が花嫁さまと一緒に歩くことが一般的ですが、
ここにも言い伝えが基となった意味が込められており、
男性が側にいることによって、
悪魔も近づいてこないといった理由もあるそうです。

いかがでしたでしょうか?

本日はサムシングフォーや
結婚式に伝えられている言い伝えを
ご紹介させていただきました。

みなさんの結婚式に取り入れたいアイデアは
ありましたでしょうか?
花嫁自身はもちろん、
たくさんの方からの思いが込められた
サムシングフォー。

サムシングフォーにまつわる
アイテムや演出を考えるだけで、
結婚式当日へのワクワク感が高まりますよね*
自分らしさを大切にしつつ、
上手に結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか?

DRESSYには、
他にも結婚や挙式にまつわる豆知識の記事が
たくさんあります。
ぜひチェックしてみてくださいね。

▷【2022年最新版】兄弟姉妹へのご祝儀相場について、独身と既婚、家族のルールでも変わるんです!

【2022年最新版】兄弟姉妹へのご祝儀相場について、独身と既婚、家族のルールでも変わるんです!

▷[結婚記念日 早見表]いつになっても素敵な夫婦でいたい&憧れの夫婦の記念日にお祝いをしたい♡ 絆がさらに深まるプレゼントとさすが!と喜ばれるアイデア集*

[結婚記念日 早見表]いつになっても素敵な夫婦でいたい&憧れの夫婦の記念日にお祝いをしたい♡ 絆がさらに深まるプレゼントとさすが!と喜ばれるアイデア集*

▷【 2022年 完全保存版 】いつのタイミングでも使える 『女性用結婚式の持ち物リスト17個』 をマナーと合わせてご紹介!*

【 2022年 完全保存版 】いつのタイミングでも使える 『女性用結婚式の持ち物リスト17個』 をマナーと合わせてご紹介!*

ウェディング診断
tassy

tassy

たくさんの花嫁さまの笑顔を見たい♡笑顔を増やしたい♡
こんな思いからプラコレに仲間入り!
花嫁さまに役立つ情報をたくさん配信して、
たくさんの笑顔を生み出していきたいと思います*

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME