相場から自己負担金、支払い時期まで分かる「結婚式のお金」を編集部がまとめてみた! | DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

<結婚式の費用ガイド>相場から自己負担金、支払い時期まで分かる「結婚式のお金」を編集部がまとめてみた!

0クリップ

views

憧れの結婚式、 妥協はしたくないけど出費も気になり、 何にどのくらい必要で、 どうやって資金を工面したり支払ったりすればいいのか、 まずは結婚のお金の基本をしっかり学ぶ必要があるもの。 この記事では、相場から自己負担金、 支払い時期まで分かる「結婚式のお金」を 編集部がわかりやすいようにまとめてみました♡

結婚が決まったみなさま、
本当におめでとうございます♡

View this post on Instagram

いよいよこれから式に向けての準備が始まりますが、
気になるのはやっぱりお金のことですよね;
憧れの結婚式、
妥協はしたくないけど出費も気になり、
何にどのくらい必要で、
どうやって資金を工面したり支払ったりすればいいのか、
まずは結婚のお金の基本をしっかり学ぶ必要があるもの。
この記事では、相場から自己負担金、
支払い時期まで分かる「結婚式のお金」を
編集部がわかりやすいようにまとめてみました♡

結婚にかかるお金の総額

結婚式にかかるお金は平均354万9000円でており、
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」

内訳として、衣裳、挙式料、食事代はもちろん、
演出代、会場装飾、ギフトなどの費用が含まれています。
ただゲスト数や衣裳の着数、挙式スタイルなどによっても
ここの予算感は大きく変動するので、
目安程度で確認することが必要ですね。

結婚式費用内訳の相場

会場やゲストに関するお金/平均額

料理・飲物
└料理(1名当たり)/1万5500円
└飲物(1名当たり)/4000円

ギフト
└引出物(1名当たり)/5400円
└引菓子(1名当たり)/1300円
└プチギフト(1名当たり)/264円

会場装花 総額17万1000円

ペーパーアイテム
└招待状(1部当たり)/392円
└席次表(1部当たり)/390円
└席札(1部当たり)/176円
└プロフィールパンフレット(1部当たり)/310円

衣裳や美容に関するお金/平均額

新婦衣裳 総額47万9000円
└ウエディングドレス/26万6000円
└カラードレス/24万4000円
└白無垢/17万9000円
└色打ち掛け/26万9000円

新郎衣裳 総額17万円
└タキシード/12万9000円
└フロックコート/11万2000円
└紋服/9万9000円

ブーケ 総額4万7000円

ブライダルエステ 総額8万6000円

記録や映像演出に関するお金/平均額

当日の撮影
└スナップ撮影/21万6000円
└ビデオ撮影/20万円

別撮り
└スタジオ撮影/16万7000円
└ロケーション撮影/17万6000円

映像演出総額10万1000円

※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」

自己負担金って?

View this post on Instagram

結婚式にかかる費用についてお伝えしてきましたが、
すべての金額を自分たちで
負担するわけではないので 安心してくださいね♡

結婚式の費用からご祝儀、
そして親・親族からの援助などを引いた、
残りの金額が自己負担金になりますよ。
【結婚式の総額-もらえるお金(ご祝儀や親援助など)=ふたりが負担するお金】と覚えておきましょ!

ご祝儀の相場

View this post on Instagram

ゲストから頂くご祝儀は「もらえるお金」の代表格。
「結婚式のご祝儀は3万円が定番」と
思っている方も少なくないですよね!
私も基本的には3万円が相場で定番だと考えていました!
ただご祝儀は、家庭の考え方や年代、
そして贈る相手との関係性によって金額が異なりますし、
住んでいるエリアによっても違ってくるもの。

ちなみにご祝儀の平均額は以下。
親族/6万7000円
上司/3万9000円
恩師/3万7000円
友人・同僚/3万円

ご祝儀を結婚資金の一部として考えるのであれば、
総額いくらのご祝儀をいただけそうなのか、
事前に算出しておくことがポイント♡

大前提として・・・

大前提として、ご祝儀とは
「相手からのお祝いの気持ち」であることを忘れずに;
披露宴ではご祝儀を包むのが世間一般の常識・・・
とはいえ、
「もらって当然」
「ご祝儀をもらえるから自分たちの貯金は少なくても大丈夫」
という考えは避けるといいかなと思います。

結婚式の後には新生活も待っているわけですから、
おふたりでしっかり結婚資金を貯めて、
「ご祝儀に頼らなくても大丈夫!」
と言えることを考えてくださいね。

親族からの援助について

View this post on Instagram

親・親族に費用を負担してもらった人の割合は約75%と、
ほとんどのカップルが援助を受けているようです。
(調べ)
また、援助額については、
だいたい150万円前後が相場となっているようです。
結婚式に対する考え方や金銭感覚など、
各家庭の価値観によって異なるものなので、
本人同士で話し合って決めることが大切ですよ◎

また見込めそうな人はありがたく受け取って、
有意義に使わせてもらいましょう^^

職場や自治体などからお祝い金が出る場合も

福利厚生の一つとして
「お祝い金」が支給される職場は多いので、
就業規則などで確認しておきましょ♡

自治体や、職場が加入している、
健康保険組合などからもらえるケースも。
いずれも手続きに必要な書類を確認し、
もらい忘れがないようにしてくださいね*

自己負担額0円のケースも!?

自己負担額が0円になった
という先輩カップルも中にはいるよう。
例えば親や親族から結婚式費用の「援助があった」り、
結婚式場に直接申し込むのではなく、
格安結婚式のプロデュース会社に依頼なども、
自己負担を安くできる方法。

編集部のメンバーが実際に、
有名ホテル&専門式場なのに格安で挙げれる、
みんなに内緒でお得に結婚式が挙げられちゃう
サービスの秘密を徹底取材してきたので、ぜひ確認してみて!

有名ホテル&専門式場なのに格安で!?みんなに内緒でお得に結婚式が挙げられちゃう秘密を徹底取材♡*

結婚式費用の支払い方法も。

ウェディング診断

♡mii

名古屋の女子大を卒業後、ブライダル業界へ。素敵で可愛い花嫁さんを日本中にたくさん増やし、幸せいっぱいの毎日をつくるのが夢。ブライダルフラワーアレジメントを取得するほど、お花と結婚式が好き♥可愛いもの大好き♥花嫁さまが気になるウェディングの可愛いアイディアをたくさん発信しちゃいます。.:*♡

ウェディング診断

FOLLOW ME