【国際結婚をする予定の花嫁さん】〜どんな手続きが必要?結婚前にやっておくべき大切なこととは?**〜 - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

【国際結婚をする予定の花嫁さん】〜どんな手続きが必要?結婚前にやっておくべき大切なこととは?**〜

124クリップ

views

最近では、日本で働く海外の方や、オンラインなどでも簡単に海外の人と連絡のやり取りが出来たりして、以前よりも出会いも広がっていて、国際結婚をするカップルも増えています♡今回は、国際結婚をする花嫁さんが、必要な手続きや、どんな暮らしをしていくのか、見ていきたいと思います*

コピーしました


プレ花嫁のみなさま、こんにちは!
神奈川県のご当地ライターのゆいまるです♡*

最近では、日本で働く海外の方や、
オンラインなどでも簡単に海外の人と
連絡のやり取りが出来たりして、
以前よりも出会いも広がっていて、
国際結婚をするカップルも増えています♡

今回は、国際結婚をする花嫁さんが、
必要な手続きや、どんな暮らしをしていくのか、
見ていきたいと思います*

はじめに

 

日本での国際結婚は実は手間が多く、
時間がかかりやすい傾向にあります。

日本人同士での結婚であれば、
婚姻届を1枚提出すれば
夫婦としての関係が認められますが、
国際結婚はそうはいきません。

数多くの書類を準備して記入し、
複数の機関に提出する
必要があるのです。

そのため、あらかじめ手間や
時間がかかることを
把握しておく必要があります。

入籍したい日から逆算して、
計画的に早めの国際結婚の手続きを
進めていきましょう◎

国際結婚の手続きでの必要書類とは?

 

日本で国際結婚をする際、
必要な書類は
①婚姻届
②パスポート
③戸籍謄本
④婚姻要件具備証明書
です。

婚姻届

 

まずは婚姻届を提出します。
婚姻届は、日本人と同じ用紙を使用します。

婚姻届は市区町村窓口でもらったり、
法務省のHPからダウンロード、
もしくはコンビニで購入することもできます*

外国人の彼の氏名や父母名は、
アルファベットなどではなく
カタカナ(または漢字)で記入します。

彼の生年月日は西暦で、
本籍欄は国名を記入します。

氏の選択欄はチェック不要です。

最後の署名欄だけは、
必ず彼が自筆で行いましょう。

その他の部分は代筆しても構いません。

また日本人女性は必ず押印が必要ですが、
彼はなくても大丈夫です。

また婚姻届に必要な証人2名は
日本人でも、日本に住民票がある
外国人でも構いません◎

パスポート

 

外国籍であるパートナーの国籍を
証明するためには、
パスポートが必要です。

『国籍証明』となる外国人の
彼のパスポート。

顔写真があるページのコピーと
その『日本語訳』を提出します。

また日本語訳には翻訳者の氏名、
住所を文末に記入する必要があります。

翻訳は自分たちで行っても大丈夫です*

日本人でも、マイナンバーカードや
運転免許証といった
「顔写真付きの証明書」を
持っていない人は、
本人確認書類として
パスポートを使用しましょう。

戸籍謄本*

ウェディング診断

【神奈川公認】ゆいまる

法政大学を卒業後、ウェディングプランナーのお仕事のお手伝いを経て、ブライダル業界へ♡*全国の花嫁さんのお力になれるように、沢山の素敵な最新の情報をお届けしたいと思います♡

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME