【結婚式 マタニティ婚】満足度UP*ベビーと一緒に素敵な結婚式を♡マタニティ婚実現に向けてのポイントをご紹介!

1クリップ

views

一生に一度の結婚式に憧れや理想を抱く方も多いはず*結婚と同時に妊娠が分かったときに選べるのが、出産前に結婚式を挙げる「マタニティ婚」と出産後に結婚式を挙げる「パパママ婚」。どちらにするべきか悩んでいる花嫁さまも多いはず!この記事ではそんな花嫁さまにマタニティ婚を行う上でのポイントをお伝えします!


全国のプレ花嫁様
こんにちは♡

兵庫県プレ花嫁代表の
ちるちゃんと申します*

結婚と同時に妊娠が発覚!
だけど結婚式だってしたい…
という時に選べるのが
出産前に結婚式を行う
マタニティ婚と
出産後に結婚式を行う
パパママ婚です◎

この記事では
マタニティ婚かパパママ婚に迷う
新郎新婦さまや
マタニティ婚をお決めになった
新郎新婦さまに向けて
マタニティ婚の
メリットやデメリットをはじめ
マタニティ婚に関する
情報をお届けします*

マタニティ婚であれば
おなかの中に宿る
お子さまも含めて
素敵な式を挙げることができますので
事前準備をしっかり行い
満足感の高いお式にしましょう♡

マタニティ婚とは?


 
その名の通り、
妊婦さまの妊娠中に行われる
結婚式のことを
マタニティ婚と言います*

これまでは
結婚式を挙げてから
入籍→同居→妊娠という流れが
主流だったこともあり
妊娠してからの結婚を
通称「でき婚」などと呼び、
特に親世代や祖父母世代の方だと
若干ネガティブな印象を
持つ方も見受けられました。

しかし本来であれば、
「赤ちゃんを授かる」ことは
おめでたいこと*

時代の流れとともに
でき婚から授かり婚、おめでた婚などと
呼び名が変わり、
妊娠中でも結婚式を挙げる
カップルが増えています。

実際に妊娠が発覚してから
結婚式を行った先輩花嫁さまの内
約80%の方が
マタニティ婚を選んでいます!

今の時代において
妊娠をしたから結婚式は
まだ先に…というわけでもないので
ご安心くださいね♡

しかし妊婦である新婦さまのお身体は
とてもデリケート*
マタニティ婚を行う上で
たくさんのメリットがある反面で
デメリットや気を付けたいこともあるので
ご紹介していきます!

マタニティ婚のメリット


 
マタニティ婚のメリットは
なんと言っても
結婚と妊娠の喜びを
ダブルで感じられること♡

一生に一度の結婚式を
大好きなパートナーや
家族・友人だけでなく
ご自身のお子様とも過ごせるなんて
最高に幸せだと思いませんか?

将来的には
お二人の結婚式の写真を見ながら
この時あなたもお腹にいたよ*と
会話ができるのも
マタニティ婚だからこそ◎

ほかにも
ゲストに結婚と妊娠の報告を
同時にできますし、
性別当てクイズや
ベビーリングセレモニーなど
結婚式の演出に
マタニティ婚ならではの
演出も盛り込めます!

また妊娠中であれば
まだ赤ちゃん中心の生活ではないので
打ち合わせや準備も
比較的スムーズに進むかと思います*

マタニティ婚のデメリット


 
その反面、
もちろんマタニティ婚には
デメリットもあるので
事前に確認しておきましょう*

マタニティ婚では
つわりなど体調の関係で
思うように準備が進まないことも
多々あります。

また、お腹の張り方には
個人差があるため
着る予定だった衣裳が
急遽着れなくなり
変更になってしまう可能性もあります。

他にも身体に負担がかかる演出には
制限が出ることも…!

また最悪の場合は
体調不良等により
結婚式自体をキャンセルに…という
可能性もありますので
その点を頭に置いておく必要があります*

初めての妊娠だからこそ
新婦さまもご自身の体調の変化を
事前に予測することが
難しいかと思います*

そのため
都度ご自身の体調と相談しつつ
新郎さまやご家族
そしてプランナーさまと協力しながら
”無理のない”
結婚式を実施することが大切です♡

おすすめの時期は?*

ウェディング診断

【兵庫公認】ちるちゃん

国内外問わず旅行が大好き!アクティブさが自慢のちるちゃんです。自分の結婚式を通して知った情報やこれから兵庫県で結婚式を挙げる皆様のお役に立つような情報をたくさん発信していきます♡兵庫県は素敵なウェディングフォトスポットもたくさんあるので是非ご参照ください♡

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME