【長野 方言】可愛くないなんて言わせない!長野県の方言❀ - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

【長野 方言】可愛くないなんて言わせない!長野県の方言❀

248クリップ

views

誤解されることも多い信州弁の意味をご紹介いたします。 喧嘩っぽい、お年寄りみたい、意味が分からない・・・そんな方言のイメージを払拭します! 他県から引っ越してきた花嫁さまはぜひご覧ください。

コピーしました

みなさまこんにちは!
長野県ご当地ライターの★なごみ★です!

本日はとても魅力的な長野県の方言(信州弁)についての記事になっています。
皆様は長野県の方言の印象と聞くと、どう思われますか?うるさい、喧嘩っぽい、お年寄りみたいなどなど。若い長野県民は標準語に近い言葉を話しているので、あまり印象がないという方もいると思いますが、マイナスなイメージを抱いている方もいるのではないでしょうか?現に2021年の魅力度方言ランキングでは47都道府県中44位と下位にいます・・・。
この記事では、長野県の方言がなぜ評判が悪いのか?という理由と方言の特徴、方言の意味&例文も添えて紹介いたします!他県からきた花嫁さまはぜひ参考にしてください!

 

なぜ信州弁はイメージが悪いの?

信州弁は、単語の語頭が上がることが特徴です。標準語では「ぶ(→)どう」とアクセントが平坦ですが、信州弁だと「ぶ(↑)どう」と上がります。
このことによって、他県の方からは口調が強いと勘違いされやすくなってしまいます。
また、「~ねえ」や「~よお」と言った乱暴に感じてしまうことも関係しています。そのことが信州弁のイメージが悪い理由なのかなと思います!

 

信州弁が生まれたわけ

信州弁が生まれた理由は、隣接している県が関係しています。長野県は群馬・埼玉・新潟・富山・山梨・静岡・岐阜・愛知と8県と隣接しています!
そのため、北信エリア(長野市など)は新潟の方言、中信(松本市など)・南信(飯田市など)エリアは東海地方の方言、東信エリア(上田市など)は群馬の方言の影響を受けています。そこに長野県独自の方言も混ざって生まれたのが信州弁です❀

 

続きはコチラ♡

ウェディング診断
【長野公認】★なごみ★

【長野公認】★なごみ★

高校時代からブライダル業界に憧れて、ブライダル専門学校を卒業しました!学生時代には本物の結婚式を生徒たちでプロデュースしたりして奮闘しました。長野県の花嫁さまたちはもちろんですが、県外からでも「長野で式を挙げたい!」と思えるような記事を書いていきたいと思ってます!

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME