【二十四節気】って知ってる?⁂季節の指標を学んで日々の暮らしを豊かにしましょ♡ - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ - Page 2

【二十四節気】って知ってる?⁂季節の指標を学んで日々の暮らしを豊かにしましょ♡

105クリップ

views

みなさん、6月21日は何の日か知っていましたか? 正解は、、、【夏至】です* 本日はそんな夏至が含まれる 二十四節気についてご紹介させていただきます^^ 結婚式を控えている花嫁さまは 二十四節気を知って結婚式のスケジュールを 検討してみてくださいね♡

コピーしました

秋分(しゅうぶん)9月23日頃

昼夜の長さがほぼ同じになる日で
この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かって行く頃です。

秋分の日は彼岸の中日で前後3日間を秋彼岸といい、
先祖のお墓参りをする習慣があります。
「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として
国民の祝日になっているそうです。

寒露(かんろ)10月8日頃

草木に冷たい露が降りる頃という意味があります。

秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まってきます。
この頃から北の方から順番に
紅葉の便りが届きはじめます。

霜降(そうこう)10月23日頃

早朝に霜が降りはじめる頃という意味です。
晩秋を迎えて北の方では朝霜が降り、
山々は鮮やかな紅葉に染まる頃です。

立冬(りっとう)11月7日頃

この投稿をInstagramで見る

この日から立春の前日までが暦上では冬の季節*

木枯らしが吹き、冬の訪れを感じる頃です。
太陽の光が弱くなって日も短くなり、
木立ちの冬枯れが目立つようになってきます。

小雪(しょうせつ)11月22日頃

この投稿をInstagramで見る

冬とは言え、まだ雪はそれほど多くないという意味で、
冬の入口にあたります。

木々の葉が全て落ち葉に変わり、
山には初雪が舞い始める頃です。

大雪(たいせつ)12月7日頃

山には雪が降り積り、平地にも雪が降る頃。

本格的な冬の到来で、動物たちも冬ごもりを始めます。
年末の一年で最も慌ただしい頃ですよね。

冬至(とうじ)12月22日頃

この投稿をInstagramで見る

正午の太陽の高度が一年中で最も低く、
昼が最も短く、夜が最も長い日です。

この日を境に次第に日が長くなって行きますが、
寒さはますます厳しくなって行く頃です。

地方によっては、小豆粥や小豆で煮たカボチャを食べたり、
ゆず湯に入って身体を温める風習がありますよね*

小寒(しょうかん)1月5日頃

この投稿をInstagramで見る

池や川には氷がはり、寒さが厳しくなる頃です。
この日を「寒の入り」といい、寒さの始まりです。

そして、小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を
「寒中」「寒の内」といい、
寒中見舞いを出す時期とされていますよ*

大寒(だいかん)1月20日頃

この投稿をInstagramで見る

冷え込みもはげしく、寒さが最も厳しい頃です。

二十四節気の最後の節気で、
ここを乗り切れば春は目の前です*

いかがでしたでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

本日は二十四節気について紹介いたしました◎

結婚式を控えている花嫁さまは
季節を気にする方も多いのでは?

二十四節気の意味を知って
結婚式のスケジュールを立ってみてくださいね^^♡

ウェディング診断

tassy

たくさんの花嫁さまの笑顔を見たい♡笑顔を増やしたい♡
こんな思いからプラコレに仲間入り!
花嫁さまに役立つ情報をたくさん配信して、
たくさんの笑顔を生み出していきたいと思います*

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME