【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:𝐚𝐧𝐧.さん- | DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:𝐚𝐧𝐧.さん-

0クリップ

views

現在、このような時期で、結婚式を挙げるか迷っている プレ花嫁さまが多くいらっしゃいます。 そこでPLACOLE&DRESSYでは、挙式を終えられた花嫁さまに、 「実際に感じたコロナ禍の葛藤」「結婚式を決行した理由」などお伺いしたので、プレ花嫁の皆さまにリアルな声をお届け致します。

現在、このような時期で、結婚式を挙げるか迷っている
プレ花嫁さまが多くいらっしゃいます。
そこでPLACOLE&DRESSYでは
『私がコロナ禍で結婚式をした理由』という
特集企画を実施することが決定。

卒花インタビュー:ann.さん

今回このインタビューに答えてくださったのは、
DRESSY公認レポーターさまのann.さん。
2020年11月14日に東京會舘にて挙式を終えられたann.さんに、
「実際に感じたコロナ禍の葛藤」
「結婚式を決行した理由」
「迷われている花嫁さんへのメッセージ」をお伺い。


──いろいろな決断があったと思われますが、
この特別な時代で結婚式を挙げると決意した背景や
理由などもあれば教えて下さい。

もともとコロナ前の2019年2月に2020年11月の式を成約しており、約2年後の結婚式を楽しみにじっくり準備を進める予定でした。コロナ禍となり、まさかこのような世の中になるとは想像もしてなかったため、コロナ前に式を挙げられていればと後悔や落ち込む日々でした。1回目の緊急事態宣言の際には、秋になれば落ち着くだろうと思われていた方も多いかと思います。私もその1人で、夏ごろまでは様子を見ていましたがいよいよ迫る結婚式日程に準備を進めないわけにもいかず、先の見えない不確実な中での準備は身の入らないことも多くつらかったです。最終的には、ずっと楽しみにしてくれていた家族や友人の後押し、決行への考え方の一致もあり実施を決め、無事に執り行うことができました。
当初予定していた会社関係の招待を取りやめたり、出席予定の親族が来られなくなったりと思い描いていた通りの式の実現は叶いませんでしたし、結果的に無事に式を終えられたからこそ良かったと言えることもありますが、結婚式当日は本当に忘れられない1日になりました。

──結婚式準備期間で悩まれたこと、工夫されたことなどあれば教えてください。

招待にあたり、ゲストへの気遣いです。前広に何度もゲストへ個別に連絡を取り、招待にあたりこちらが気に掛けているということをしっかり伝えるよう意識しました。結婚式の話をするのに何故こんなにも頭を悩ませ、気を遣いながら連絡をしなければらないのだろうと落ち込むこともありましたが、こういった世の中になってしまった以上仕方ないと気持ちを整理し、私たちの結婚式開催に向き合ってくれるゲストの皆さんに心からの感謝の気持ちを持ちながら対応を進めました。

他には、当時関西から東京へ式の打ち合わせやドレス試着に向かっていたため、どうしてもコロナ禍の緊急事態宣言や移動自粛で思い通りのスケジュールで準備を進められなかったことがあります。ドレス試着を関西の店舗で調整いただいたり、リモート打ち合わせで対応を頂きなんとか乗り越えることができました。前撮りも希望していましたが、手配ができていない中でコロナ禍となり実現出来ず、結果的に式当日に後撮りを行いました。

──ご自身の結婚式で、役に立った情報や参考にされていたものは何かありますか?

インスタグラムでの花嫁ネットワークです。特にコロナ禍となり、日々新しい情報がめまぐるしく更新されていくことを実感しました。タイムリーな情報交換については、同じ時期に式を挙げられる花嫁さま、同じ会場の花嫁さまと連携をしながら準備を進められると良いかと思います。

──おふたりの結婚式で、特に心に残った周りの方々からのあたたかいお言葉や祝福メッセージはございますでしょうか?

当日を迎えるまでは、楽しみにしている!このコロナ禍で私たちの結婚式だけが楽しみだよ!といった声掛けが本当に嬉しかったです。当日は、声掛けよりもこれまでお世話になった皆様の、心からの笑顔を見られたことがとても幸せでした。余談ですが、私たちの式をきっかけにして交流が活発に再会したコミュニティがいくつもあり、これも嬉しい出来事でした。

──結婚式当日までに色々な想いを抱えられたと思いますが、当日無事に結婚式を結ばれた素直にお気持ちをお聞かせください。

人生で最高の1日!これにつきます。同時に、関わってくださった全ての皆様へ、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

──最後に、結婚式の延期や中止を余儀なくされている花嫁さまが多くいらっしゃいます。そんなプレ花嫁さまへメッセージをお願いします。

花嫁さまそれぞれ環境も異なり、一概にはなかなか申し上げ辛いのが心情です。その中でも、まずはご夫婦がお互いを尊重し大切に思いやりながら「結婚」出来たことそのものの幸せを感じられれば良いなと思います。1組でも多くの皆様が、無事に結婚式を迎えられることを願っています。

ann.さんプロフィール

View this post on Instagram

大学時代スタバのアルバイト先で出会い、
お付き合いを始めた素敵なおふたり。
2020年11月14日東京會舘にて
天候にも恵まれ、大切な方々に見守られ
無事に挙式披露宴を終えました。

『私がコロナ禍で結婚式をした理由』

ann.さんの他にも、
8名の卒花さんがインタビューに答えてくれています。
全員のインタビューがまとめてある記事、
その他の皆さんのインタビュー記事は
こちらからチェックしてみてくださいね♡

卒花インタビュー:AYAKAさん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:AYAKAさん-

卒花インタビュー:sakiさん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:sakiさん-

卒花インタビュー:Mayu𑁍︎さん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:Mayu𑁍︎さん-

卒花インタビュー:Ai♡さん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:A i ♡さん-

卒花インタビュー:ann.さん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:𝐚𝐧𝐧.さん-

卒花インタビュー:Airiさん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:Airiさん-

卒花インタビュー:RIKAさん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:RIKAさん-

卒花インタビュー:yuiさん

【取材】『私がコロナ禍で結婚式をした理由』この時期に結婚式をしたからそ感じた、リアルな思いとは?-BRIDE:YUIさん-

編集部オススメ(PR)

Dressy編集部の公式アカウントです♡厳選したウェディング情報、最新のオリジナルコーデ、リング、ブライダルフェア、お得なプラン情報など、特にオススメしたい記事をピックアップしてお届けします。

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME