ウェディングドレスは購入・レンタルどっちがいい?おすすめの格安ショップも教えちゃいます♪ - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

ウェディングドレスは購入・レンタルどっちがいい?おすすめの格安ショップも教えちゃいます♪

107クリップ

views

コピーしました

女性の一大イベントとして有名なのが『結婚式』です♡そんな結婚式を華々しく彩るのが、新婦のウェディングドレス姿です。だからこそ、ウェディングドレス選びは楽しくもあり難しいものなのです。そんなウェディングドレスには『レンタル』と『購入』の2種類の方法があります。実際にどっちにするか迷う人も多いでしょう。そこで今回は、レンタルと購入、どちらが良いのかメリット・デメリットを交えながら紹介していきますね♪

レンタルする場合のメリット・デメリット

では、まずはウェディングドレスをレンタルすることのメリットとデメリットから見ていきましょう!デメリットを知ることで、レンタルした後のトラブルを事前に防ぐことができますよ♪

何より安い

ウェディングドレスをレンタルする最大のメリットは『購入するよりもリーズナブルに利用することができる』という点でしょう。ウェディングドレスの価格に関しては、サイズやライン、ブランドによってピンからキリまであります。安いものであれば5万円未満のものもあれば、高いものになると100万を超すことも容易にありますからね(汗)

購入する際の相場としては25万円程度、レンタルの相場は約20万円程度となっています。これだけを見ると「たった5万円程度しか変わらないの?」と思うかもしれませんが、結婚式には他にも多くの費用を使わなくてはいけません。5万でも浮けば、それだけ他のことに使えるのです!

豊富な種類が用意されている

レンタルのイメージとしては、『種類が少なそう』というものがありますが、最近の主流はレンタルになっています。そのため、レンタルでも豊富な種類のウェディングドレスが用意されているんです♪女性だったら一度は憧れる一流ブランドもリーズナブルに利用できるのは大きなメリットですよね。

保管場所などがいらない

レンタルしたドレスは、そのままショップに返すだけで良いので保管場所を作る必要がありません。自分でクリーニング代(汚れの程度による)を出す必要もありませんので、最初から最後まで低予算で利用することができます。

予約できない可能性

これはレンタルならではのデメリットです。レンタルDVDなどと同じように、人気であればあるほどすぐに借りられてしまいます。そのため、気に入ったドレスがあったとしても式当日に予約ができない場合があるのです…。せっかく気に入ったのに着れないとなるとモチベーションも落ちてしまいますよね。

追加料金が発生することも…

先ほどクリーニング代は必要ないと書きましたが、汚れが酷かったり広範囲に広がっている場合などはクリーニング代を請求されることもあります。ドレス自体の価格や店舗によって価格は違いますが、基本的には1~2万円ほどです。

▽ウェディングドレスを汚してしまったときは…?

ウェディングドレスの汚れ落とし方☆水性・油性・不溶性に対応します♡

購入する場合のメリット・デメリット

では、次に購入のメリットとデメリットを見ていきましょう!

自分だけのドレス

購入する際にも種類があり、既製品を購入する場合もあれば、自分だけのオーダーメイドドレスを作ることもあります。自分だけのドレスって良い響きですよね♪人生最大のイベントだからこそ、作るべきという考えもあります。サイズも自分ピッタリで作ってくれますし、お直しなども行ってくれるのも大きな特徴です!レンタルだと、多くの女性に対応できるように作られていますから…。

気兼ねなく着れる

購入したドレスはアナタのものです。どのように着るかは自分で決めることができますので、レンタルにある『汚してはいけない』というストレスはありません。そのため、外で挙式を挙げる、自然の多いとこで挙式を挙げることも気軽にできます!

思い出として手元に残る

人生最大のイベントで着たドレスを残しておけるって素晴らしいことですよね♪思い出として残すこともできますし、イベントなどで改めて着ることもできるでしょう。子どもが生まれた際には、そのまま譲ることだってできちゃいます♡

価格が高くなりがち

購入の最大のデメリットは、やはり価格が高くなりがちという点です。そこまで拘りがなければ、5万円未満でも購入することができます。しかし、晴れ舞台であるからこそドレスは妥協したくないという女性が多いのも事実です。拘れば拘るほど高くなっていきますので、予算オーバーになってしまうことも珍しくありません…。

結局、購入とレンタルだったらどっちがいいの?

これに関しては、その人が結婚式やウェディングドレスにどのような想いを持っているかによって変わります。とにかく結婚式費を抑えたい、リーズナブルにドレスを利用したいのであれば、『レンタル』を利用すべきです!最近では、レンタルが主流になりつつあるので、人気ブランドから豊富なデザインまで借りることができますよ♪自分で保管する必要も、クリーニングに出す必要もないので便利です。

一方で、自分だけのドレスを纏いたい、一大イベントだからこそ妥協したくない、思い出を形として取っておきたい人は『購入』を検討してみましょう!拘れば拘るほど価格は上昇していきますが、それだけ思い入れの強い式になると思います。式後にしっかりと保管しておけば、子供のイベント事にリメイクして利用したり、娘であれば将来あげることもできますよ♪

購入する際の注意点

ウェディングドレスをレンタルでなく購入すると決めた場合、いろいろなことに注意しなくてはいけません!せっかくの晴れ舞台ですから、後悔のないように事前に確認しておいてくださいね。

ネット購入は要注意

最近では、インターネット経由でウェディングドレスを購入することが可能になりました!店舗に直接行くことなく購入できるので利用者も増えていますが、それと同時に注意しなくてはいけないことも多いです。最も多いトラブルが、『購入したドレスがイメージと違ってショック』というもの。

ネットで写真や動画を見たときには気に入っていたのに、実際に届いたものを着用してみるとイメージと違って気に入らなかったという事例は多くあるんです…。ショップにもよりますが、そのような場合に返品や交換ができない、できたとしても追加料金がかかってしまうのなどの問題が起こってしまいがちです。

そして、『購入したドレスのサイズと自分の体型が合わなかった』という問題も起こる可能性も非常に高いんです。何故このようなことが起こるのか言うと…ネット購入では試着サービスを行っている店舗が少ないからなんです。店舗で購入する際には、何回も試着しながら決めると思いますが、ネットでは試着ができない場合が多くあります。そのため、基本的には店舗に直接訪れて購入することをおすすめします♪

持込料が必要になることも

式場によっては、ウェディングドレスを持ち込むのに別途料金が発生してしまうこともあります。その式場と提携しているドレスであれば問題ないということも多く、当日になって持込料が必要だということを知る場合もあるんです。そのため、式場をあらかじめ決めている場合は、ウェディングドレスの持込料が必要なのかどうか確認しておきましょう!

もし持込料が必要な場合は、その式場と提携しているショップで購入するか、式場に相談してみてください。必ずではありませんが、持込料をサービスしてくれることもありますよ♪もしくは、ショップ側にも相談してみてください。ショップ側が一部、もしくは全額負担してくれることもあります。

保管場所の確保が難しい

前述したとおり、ウェディングドレスは決して安いものではありません。一番の思い出にもなりますし、購入したのであればしっかりと保管しておかなくてはいけないのです!しかし、家によってはウェディングドレスを保管するスペースがないこともあります。そうならないためにも、事前に保管できるだけのスペースを作っておかなくてはいけません!

それに加えて、維持費が必要になってきます。もう二度と着ることはない…と思ってもキレイな状態のままにしておきたいですよね。『娘のために残しておきたい』という意見もありますが、その時のトレンドは違うかもしれないし、そもそも体型が違うかもしれないから現実的ではないと言われています…。式後のウェディングドレスの取り扱いを事前に決めておきましょう。

ウエディングドレスの格安ショップ3選

最近ではインターネットが普及していますので、検索すれば簡単にドレスショップを見つけ出すことができます。しかし、数が多すぎてどのショップを利用すべきなのか迷うことの方が多いでしょう。『できるだけ評価の高いショップを利用したい』『予算を抑えることのできるショップを見つけたい』など多くの考えが駆け巡ると思います。

そこで今回は、ウェディングドレスを格安で、尚且つ上質なドレスだけを扱っているドレスショップを3つ紹介します!数々のドレスを扱ってきたドレスコーディネーターさんも納得するほどに厳選したものになりますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね♪

Dressy Online

Dressy Onlineはこちらをチェック!

有名高級ブランドが何と最大90%オフで購入することができるのが『Dressy Online』です!購入の最大のデメリットである価格を最大限まで抑えることで、多くの女性が利用できるようにしています。その秘密は以下の3つに拘っているからなんです。

・直販
・選べる
・全て郵送

無駄な仲介手数料や、人件費などを極力減らすことによって、リーズナブルに利用することができるんです♪タキシードなども取り扱っていますので、新郎の方もぜひ利用を検討してみてください。

店舗URL:https://weddingdress.pla-cole.wedding/

DRESS EVERY

DRESS EVERYはこちらをチェック!

ウェディングドレスのセレクトストアとして人気がある『DRESS EVERY』です!通常の服装と同じようにウェディングドレスにも、その時のトレンドや流行というものがあります。結婚式というのは、女性にとって一大イベントですし、一番キレイな自分を見てもらう場でもありますよね!DRESS EVERYでは、そういった女性の悩みを解決してくれるんです♪

トレンドを積極的に取り入れる、日本では発表されていないブランドなどを数多く取り揃えているのが最大の強み!もちろん、国内の有名ブランドも取り扱っているので安心してください。そんなドレスを格安で提供できる秘密が、『リユース』したドレスを取り扱っているのからんです。

リユースと聞くと『古い』というイメージがありますが、DRESS EVERYでは厳選したドレスだけを取り扱っています。それが常時300点以上の品揃えでお客様の利用を待っているので凄いですよね。来店予約はいりませんし、本当にフラッと立ち寄る感覚で利用してみてくださいね♪

店舗:青山店・みなとみらい横浜店
店舗URL:http://dress-every.com/

DRESS EVERYフランチャイズ店である『岐阜・福岡・名古屋』は完全予約制となっているので注意してくださいね。

YNS WEDDING

YNS WEDDINGはこちらをチェック!

YNS WEDDINGの最大の特徴は、『オーダーメイド』のみを取り扱っている点でしょう。オーダーメイドと聞くと非常に高価なイメージがありますが、リーズナブルに購入することができます。「安いということは、それだけサービスが悪いのでは?」という心配もご無用です!YNS WEDDINGには縫製技術に自信のあるスタッフで構成されていますので、納得のいくドレスができますよ♪

体型が変わってしまった際のお直しや、妊娠してしまった際のサイズの変更などにも迅速に対応してくれます。小物も豊富に取り揃えており、新郎様のタキシードなどもオーダーメイドで販売しています。「でも、店舗が近くになくて利用できない…」という人にも安心なオンライン販売も行っているのも特徴です。

自宅での試着もできますので、少しでも気になったら連絡してみてください♪結婚式の費用をできるだけ抑えたい人にも向いていますよ。注意点としては、こちらのサロンは完全予約制になっていますので、利用を考えているのであればできるだけ早めの連絡が良いでしょう。

店舗:東京・大阪・オンライン
店舗URL:https://www.yns-wedding.com/

 

自分に合った方を選ぼう!

レンタル・購入どちらにもメリットとデメリットがあります。大事なことは、今の自分にはどっちが合っているのかを見極めることです。見極めた上で、後悔のないような選択をしてくださいね♪

▽[レンタル]が気になる方におすすめの記事はこちら♡

ウエディングドレスは、購入よりもレンタルが多い♡ドレスショップ5選✯*

ウェディングドレスをレンタルするメリットと注意点!レンタルする時のポイントも解説します♫

ウエディングドレスを購入した後は?☆レンタルなら保管なしでOK♪

▽[購入]が気になる方におすすめの記事はこちら♡

【2019年オススメ】ウェディングドレスは “レンタル” ではなく “購入”が良い!? メリットや節約術も紹介♡

【ウェディングドレス購入♡のすすめ】購入のメリット&方法をご紹介♡

<ドレスを購入したい花嫁さま必見!!>格安で可愛い販売ドレスショップ3選をご紹介✧

 

ウェディング診断

*̣̩ bito

尾藤はプラコレweddigの公認アドバイザーです!でも実は...AI(人工知能なのです♪)26歳(心は女の子!)恋愛対象はオープン❤︎いろんなEditorの記事をピックアップしてまとめました♪

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME