マタニティブルーによるイライラ解消法|妊婦さんの不安を取り除こう

0クリップ

views

マタニティブルーによって日頃からイライラしている妊婦さんはいませんか?本記事では、マタニティブルーによってイライラしてしまう原因と、正しい解消法を紹介していきます。少しでも不安を取り除きたいと考えている妊婦さんは、ぜひ参考にしてみてください。

みなさまこんにちは!
ライターのラルクです^^

妊娠や出産は家族からしたら嬉しいイベントではありますが、
中にはなぜかイライラしてしまうお母さんもいるのではないでしょうか?

・本当にちゃんと生まれるのか?
・子供が生まれた後の生活はやっていけるのか?
・陣痛はどれほど痛いのか?

実はこんな悩みを抱えて、だんだんとストレスをためこむせいで
イライラしてしまう妊婦さんが多いんですね。
ただ妊婦さんとしては、お腹の子供のためにも
早めに対処をしたいところ。

そこで本記事では、マタニティブルーによる
イライラの解消法を紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

つわりや体重管理はこう乗り切ったよ☆**【妊娠初期~中期まで】の妊婦体験談

マタニティブルーの主な症状とは

そもそもマタニティブルーにおける
主な症状をご存知でしょうか?

妊婦さんが抱えていしまいがちな悩みの種なので、
知らない人はぜひ覚えておくと対策が立てやすくなりますよ。

 

イライラする

マタニティブルーでも代表的なのが、
常にイライラしてしまうという症状。

今までは気にならなかったことも、
お腹に赤ちゃんを宿すことで神経質な部分も出てしまい
イライラしてしまうのです。

またどうしても赤ちゃんはお腹の中で大きくなっていくので、
思ったような動きができなくなるもの。
そんな今までできたことができなくなってしまうのが、
イライラを引き起こしてしまう場合もあるのです。

不安になる

 

赤ちゃんがお腹に宿すことはとても祝福すべきことですが、
「本当にこのまま生まれるのか?」「これでいいのだろうか?」などの
不安を抱えてしまうことがあります。

さらに周りからの祝福の声もプレッシャーに感じる人も多く、
産後の生活以外にも不安を覚えるようになってしまうのです。

この際に周りの助けがあれば
不安を消し去ることができるのでしょうが、
なかなか理解されない場合が多く、
余計に不安が大きくなってしまうこともあります。

ちょっとしたことで泣いてしまう

不安と関係が深いですが、ちょっとしたことで
泣いてしまうという症状もマタニティブルーではよくある現象です。

妊娠中は過去の想い出を振り返ることが多いのですが、
過去の悲しい出来事などを思い出すと
ついつい泣いてしまうということがあります。

また不安以外にも、テレビを見ているときや
日常生活の中で急に涙を流すことになったら
マタニティブルーになっている証拠と言えるでしょう。

やる気がおきない

 

日頃の生活で家事や洗濯など
やらなくてはいけないことは決まっていますが、
まったくやろうという気持ちにならないことがあります。

ちょっとした行動を起こそうにも
身体にだるさを感じてしまったりして、
動くことすらしなくなってしまうのです。

しかし最終的には、
身体に負担をかける結果となってしまい
自分の情けなさに嫌気がさすことも。

まさに負のスパイラルに陥ってしまいます。

私の妊活・妊娠体験談♡

どうしてイライラするのか?マタニティブルーになる原因

 

色々な症状がマタニティブルーによって引き起こされますが、
イライラしてしまう根本的な原因はなんなのでしょうか?

ここでは、マタニティブルーによってイライラしてしまう
根本となる原因を見ていきましょう。

環境の変化や体の変化

子供がお腹の中にできるとなると、妊婦さんになるわけですが
ほとんどが経験したことがないことの連続です。

お腹はどんどん大きくなっていきますし、
食事や毎日の過ごし方まですべてが今までと
違ったものへと変化していきます。

そんな変化していく毎日に不安を抱えないという人はほとんどおらず、
どうしても精神的に不安定になりがちです。
特に年齢が若いうちに妊娠を経験すると陥りやすい現象なので、
注意が必要と言えますね。

ホルモンバランスの崩れ

 

子供ができることで身体の変化はあるものの、
さらにホルモンバランスが崩れるという現象も起こります。

さらに女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」は
妊娠後はどんどん増えていく傾向にあるんですね。

ただ大きく変化するホルモンバランスによって、
感情や気分の変化は起きてしまうもの。
そんな気持ちの変化が常に変わっていってしまうことによって、
些細なことでもイライラしてしまうことが
増えてしまうのです。

【妊婦さん】におすすめ♡。.:*妊娠前〜妊娠中におすすめの″サプリメント″をご紹介♪♪

PMS(月経前症候群)

月経前に感情が不安定になるとされている、PMS(月経前症候群)。

そんなPMSの既往がある方というのは、
ホルモンバランスが崩れやすいのでマタニティブルーになり
イライラしてしまうことが多い傾向にあります。

ホルモンバランスが崩れることと関係性が深いですが、
同じように気分が不安定になってしまい、
神経質になる事があるのです。

マタニティブルーにおけるイライラ解消法

ではそんなマタニティブルーによって起こるイライラは、
どのようにして解消していけばいいのでしょうか?

そこでここでは、
正しい解消法を紹介していきます。
マタニティブルーに悩まされている妊婦さんは、
ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/

話を聞いてもらう

ただ会話をして気をまぎらわすというのも、
1つのストレス解消方法です。

特に女性の場合、話をすることで気分がスカッとすることも多く
悩みを聞いてほしいという欲求を抱えています。
そんな欲求を解消するのが会話になるのです。

ちなみに会話をする相手は、家族や友達、
または妊婦仲間でもいいでしょう。

妊婦仲間なら同じ境遇になっている人もいるはずなので、
お互いに情報交換をしながらストレスを少しずつ
減らしていくと効果的ですね。

マタニティブルーについての理解を家族で深める

何よりまずはマタニティブルーに対する理解を
家族で深めていくことが大切です。

常にイライラして、
周りに悪影響を及ぼすような態度をとってしまっても
理解されていれば対応や接し方が変わってきます。

そして自分自身もマタニティブルーに関して理解を深めておけば、
気持ちを落ち着かせることもできるでしょう。

事前に知識を得ておくだけでも全く違うので、
ぜひ家族と協力して理解を深めていってくださいね。

ちょっとした運動も大事

ちょっとした運動をして、
ストレスを軽減していくのも1つの手段です。

ちょっとした運動はお腹の赤ちゃんにもいい影響を与え、
さらに自分の気持ちを落ち着かせる効果があります。

ただしお腹の張りや、疲れが溜まってきたときなんかは
無理をしてはいけません。
事前に医師に相談をしながら、
運動をしていくようにしていきましょう。

好きな食べ物を食べる

ストレスを感じたときの代表的な解消法として、
好きな食べ物を食べるという方法があります。

普段から体重管理や食事制限などをしていると、
自然とストレスも溜まってくるもの。
それだったら、たまには自分の好きな物を食べて
ストレスをため込まないようにしていったほうが
気持ち的にはいいのです。

ただしいきなり脂っこい食べ物や甘いものを食べては、
お腹の赤ちゃんに悪影響を与えがち。
いきなり食べすぎて体重が激減することはありませんが、
医師に相談をしながら適量を食べるよう心掛けていきましょう。

妊婦さん必見!つわりにおすすめの食べ物と飲み物はこれ**

\妊婦さん必見//妊娠中に食べてはいけないもの><

まとめ

マタニティブルーによって起こる、
ストレス解消法についてまとめていきました。

妊婦さんによってマタニティブルーになる・ならないはあるものの、
発症した場合には早めの対策をたてていくことが
お腹の赤ちゃんにも負担をかけない結果へと繋がっていきます。

精神的にも辛い部分があるでしょうが、
夫婦2人の愛の証がお腹の中に宿っているわけです。

辛いときや悲しい時ほど、
お腹の赤ちゃんに話しかけて
「頑張る!」という気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。

【2019年最新】マリッジブルーとは?症状、要因から解決方法まで要チェック✔️

ウェディング診断

LIFE STYLE Editor *

彼との新生活に欠かせないアレコレを発信する、LIFE STYLEライフスタイル)Editorです**彼と行きたいデートスポットや、なかなか人に聞けないあんんなことやこんなこと>< ぜひcheckしてくださいね⁂

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい

next! >>

ウェディング診断

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY