【鳥取 方言】鳥取県民にはこれが標準語!他県民には通じない!?鳥取県の方言12選&胸キュンフレーズをご紹介します♡ - DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース - Page 2

【鳥取 方言】鳥取県民にはこれが標準語!他県民には通じない!?鳥取県の方言12選&胸キュンフレーズをご紹介します♡

295クリップ

views

本日は鳥取県民にとっては、もはや標準語とも言える鳥取弁。だけど他県民にはなぜか通じない!?鳥取県の方言12選をご紹介します。併せて、鳥取県ならではのかわいらしい!胸キュンフレーズ5選もご紹介。鳥取県民のみなさまはもちろん、これから鳥取県に引っ越す予定がある方や観光で遊びに行く予定がある方など、みなさまぜひご覧あれ♡

コピーしました

鳥取県の方言01:「だんだん/ようこそ」

出典:unsplash

一見全く意味が異なる方言のようにも見える「だんだん/ようこそ」ですが、これらの言葉を標準語に変換すると「ありがとう」という意味になります。

標準語では歓迎の意味を込めて使う「ようこそ」という言葉。同じ言葉なのに鳥取弁にするとまた違った意味になるのには驚きです♡

鳥取県の方言02:「よだきい」

標準語では、「セコイ/最低」など、かなり強い否定的な言葉になる「よだきい」。ですが鳥取弁で話すことにより、少しまろやかに聞こえるのは筆者だけではないはずです。

そしてこの「よだきい」という方言ですが、大分県や宮崎県では「面倒/億劫」などといった意味で使用されています。同じ言葉でも使うエリアで意味が異なる点にも方言ならではの面白味を感じますね◎

鳥取県の方言03:「とじこく」

出典:写真AC

言葉を見るだけでは意味を想像することができない「とじこく」という言葉。標準語に変換すると「嘘をついている」という意味になります。

鳥取県ならではの独特の言い回しなので、はじめて聞く人にとってはなかなか聞き慣れない言葉かもしれませんね◎

鳥取県の方言04:「どろんけ」

言葉だけ見ると「泥だらけ」のことを言ってるのかしら?とも思える「どろんけ」という言葉。標準語に変換すると「雷」という意味になります。

鳥取県では、野菜や豆腐を入れた炊き込みご飯のことを「どろんけ飯」と呼んでいます。豆腐を炒める音が雷の音に似ていることから、雷のことをどろんけというようになったとのこと!今度豆腐を炒める機会があれば、雷の音に聞こえるか意識して聞いてみてくださいね!

鳥取弁ならではの言い回し12選

ウェディング診断
minaho

minaho

卒花としての経験も踏まえてプラコレのアドバイザーとして多くの花嫁さまにたくさんの情報をお届け中⸝⋆ 日々楽しみながら花嫁さまの参考になる記事もたくさん発信しています♡

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME