【在宅ワーク】を夫婦で仲良く快適に過ごす方法 | DRESSY(ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース

これで完ペキ♡【在宅ワーク】を夫婦で仲良く快適に過ごす方法♩*

108クリップ

views

コロナ対策として、在宅ワーク措置をとっている企業も増えてきましたよね。突然家で働くことになり、一緒にいる時間が長くなったため、ケンカも増えてしまった…!そうならないために、夫婦が仲良く快適に「在宅ワーク」できる方法をご紹介していきます*ぜひたくさん参考にしてみてくださいね♩

コピーしました

コロナ対策として、在宅ワーク措置をとっている企業も増えてきましたよね。
突然家で働くことになり、環境が整っていなかったり、夫婦でいつも一緒にいるため、ケンカが増えてしまったり。あわや「コロナ離婚」なんてことにも…?!
そうならないために、夫婦が仲良く快適に「在宅ワーク」できる方法をまとめました♩

実際、私たち夫婦も1LDKのお部屋で2人そろって在宅ワークとなりましたが、ケンカもせずに、お互い仕事に打ち込みながら毎日楽しく過ごせています^^
その秘訣もご紹介していきますね*

夫婦の支え合いが在宅ワーク成功のコツ♡在宅勤務を快適にする方法を紹介します♪

まずはお部屋の模様替え!

在宅ワークを始めてみると、まず気付くことがあります。それは「家で仕事をするのは意外と大変だ」ということ。
そもそもおうちはくつろぐための空間で、仕事をすることを想定していないお部屋づくりをしている方が多いと思います。
目の留まる先にはテレビやマンガ・ゲームで誘惑が多い、ローテーブルしかなくて一日座って仕事をするのはつらい。そんなお声も耳にします。

そこでおすすめなのが「在宅ワーク仕様」にお部屋を模様替え!
*2人がそれぞれ集中できるスペースをつくる
*椅子と机を用意する
*テレビから遠い場所にテーブルを配置してみる
特にこの3つは一度実践する価値ありです◎
お部屋が狭くて模様替えできないよ、という方も、普段は開け閉めの多いクローゼットを今の時期は開けない!と割り切れば、お部屋も広々と使えたりします。
また、ベランダやバルコニーをお部屋の延長と考えて、ベランダにキャンプ道具で仕事スペースを作ってみるのもアリです♡アウトドア気分で意外と仕事も捗りますよ♩

生活リズムはなるべく合わせる

朝起きてから、外にでることもなく、夜寝るまでずっと同じ空間にいるというのは、想像以上にしんどいもの。息が詰まってしまうよ!という方もいるかもしれません。
だからこそ大事になってくるのが、「生活リズムを合わせる」ということです。
朝起きる時間、ごはんを食べるタイミング、お風呂に入るタイミング、寝る時間。
これらを揃えることでいいことが2つ。

1つは、「奥さんが一人で家事をする負担」が激減します。
普段だったら自分がやっていても気にならない家事も、ずっと一日家にいるのに旦那さんが何も家事をやってくれなかったらイライラしてしまいますよね。
でも、朝起きるタイミングが同じであれば、朝ごはんの支度も一緒にできるし、たとえば朝ごはんを作っている間に洗濯機を回してもらったり、ちょっとしたことのお願いがしやすくなります。

2つ目は、「夫婦の会話の時間が増えること」です。
いつもの平日だったら、夜しか会えない旦那さんが、平日のお昼も一緒にいられるなんて、よくよく考えたらこの上ない幸せです^^♡
会社で勤務しているときと違って自分のタイミングでごはんを食べやすくなるのもいいですよね。旦那さんとタイミングを合わせて、休憩がてら一緒にランチをとることで夫婦のコミュニケーションの時間も増えます**
ランチの時間に、仕事の悩みを聞いてもらうもよし!全然関係のない面白話で盛り上がるもよし!この機会に夫婦の会話もぐっと増やして、ラブラブ度をアップさせちゃいましょう*

オンライン会議の日程を共有する

在宅ワークの基本ですが、相手の仕事の邪魔にならないように気をつけるのが夫婦の間でも大切なマナー。旦那さんにも、会社での顔があるわけですから、特にオンライン会議を行っている間は細心の注意を払うのがベター。
私たち夫婦は、それぞれのオンライン会議の時間を共有して、その時間になるとそっと別々の部屋に移動します。お部屋の生活感を見られたくないときは、窓際やバルコニーで会議をしたりもします。
そうすることで、オンライン会議中に家事の音や子供の声が入ってしまった!会議に集中できない!なんてことも起きず、ケンカも起きません。
おうちで仕事をするからこそ、相手の環境にも気をくばってあげることが大切だと思います*

三食献立を考えるのが大変!ときにはテイクアウトも利用して♡

在宅ワークが始まってからの私の悩みは、三食献立を考えること。
それまで、夫の分も毎日お弁当を作っていたので、そんなに苦ではないだろうと思っていましたが、仕事の傍ら家にある食材で献立を捻りだす。これが毎日続くと予想以上にしんどい…!
ところが、SNSなどで「テイクアウト始めました」というお店をよく見かけるようになり、地元の小さなご飯屋さんもテイクアウトを行っているお店が増えています。
なんと、ラーメン屋さんまでテイクアウトできるんですよ!私は驚くとともに、献立を考える苦しみから解放された気持ちになりました(笑)

今はUber Eatsもありますし、献立が思い浮かばないときは、思い切ってこういったものを利用するのもいいと思います◎外食ができない代わりに、美味しいご飯をおうちで食べて、リラックスするのも在宅ワークをうまくやる方法だと私は思います*

レシピがたくさん載っているサイトもご紹介しますね♩

*クラシル https://www.kurashiru.com/
*LOCARI  https://locari.jp/post_categories/56
*NADIA https://oceans-nadia.com/
*MACARONI https://macaro-ni.jp/category/recipe

身体はしっかり動かして!

普段から特に運動をしない私ですが、在宅ワークが始まってから特に身体のなまり、むくみを感じるようになりました。ヒールを履いて通勤をしているだけでも、いい運動になっていたのだなぁと実感しています。
そこで、心がけているのがストレッチや筋トレをこまめに行うこと。
ストレッチ、筋トレと聞くとちょっとハードルが高いなぁと思われる方も、屈伸をしたり、腕や首をぐるぐる回すだけでも全然違いますよ◎
意外とおすすめなのが、ラジオ体操です!気軽にできるのに体の隅々まで伸びる感じがします*旦那さんと並んで体操すれば、ほっこりした気持ちになりますよ♩^^

今人気の【オンラインヨガ】健康的な#おうち時間を過ごそう!#おうちヨガおすすめ5選♡

朝、夜と人通りが少ない時間には近場でお散歩もGOOD◎外の空気を吸って、自然に触れればこわばった気持ちもふんわりほぐれます。
「在宅ワーク」と聞くと、なんだかラクそうな感じがしますが、そんなことはありません。おうちにいても、外で働いているのと同じだけの仕事をしているのですから、それだけ心にも負担がかかっています。
身体を動かすことで、しっかりリフレッシュしましょう!

シャワーで済ませず湯舟につかろう

こんな時だからこそ、シャワーで済ませずお風呂に浸かってリラックス♩*
おうちにいても、疲れは溜まりますし外に出ない分、心にモヤモヤも溜まります。身体をあたためて入浴剤やバスソルトで好きな香りを楽しめば、おうちの中でも温泉気分。肩まで浸かって、在宅ワークで疲れた身体をねぎらうように、もみほぐしましょう。
免疫力を高めるのにも、身体をあたためるのは良いといわれています。
旦那さんと24時間一緒な分、お風呂では一人の時間を満喫するのもいいですね♡

\おうち時間にぴったり!//旦那さんもドキッとする♡おうちヘアアレンジやおすすめヘアケアをご紹介*

一緒に生きられるのが当たり前ではない!相手を大切に想う気持ち

この投稿をInstagramで見る

そして、一緒に過ごす時間が長い在宅ワークで何よりも大切なのは、相手を大切に想う気持ち。
一緒に生きられるのが当たり前ではないこの状況だから、旦那さんへの感謝の気持ちをなにかある度に思い出すようにしましょう。
少し腹立たしい言い方をするな、タイミングが悪いな、どうしてそういうことするのかな?…なんてイラッとすることも正直あると思います。私もよくあります。
でも、そんなときはすぐに怒らず深呼吸。
在宅ワークになり、環境が変わって戸惑いを感じているのは旦那さんも同じです。お互いを思い合い、協力しあって「在宅ワーク」という新たな環境を2人で心地のよいものにする努力をしてみてください*お互いを尊重する気持ちが持てたら、視野がぐんと広がるはず♡
これまで見ることのできなかった旦那さんのお仕事姿をおうちで見られる、反対に旦那さんに普段自分が頑張っている仕事中の姿を見てもらえる!そうして尊敬しあえる夫婦になっていきましょう♩

<夫婦円満の秘訣を伝授♡>1日中一緒にいると喧嘩になる夫婦に試して欲しい5つのこと

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?**
大変なときだからこそ、お互い手を取り合い、ともに戦う仲間のように在宅ワークという新たな環境にチャレンジしていきましょう^^♡
この時期を乗り越えた時、お二人の絆はさらに深いものとなっているはずです♩*

ウェディング診断
ご当地 花嫁ライター⁂*

ご当地 花嫁ライター⁂*

47都道府県に在住のご当地花嫁ライターさんそれぞれの記事です⁂* 住んでいるからこそ分かる「地域ネタ」や「地域の結婚式の感覚」を記事に盛り込んで、ライターさん自身が「これから結婚する花嫁」「その土地に嫁ぐことになった女性」の気持ちになって、自分たちがしている当たり前の結婚式情報はもちろん、最近地元ではやっている手土産さん、ドレスショップ、ブーケ、フォトスポットなど、地元ならではの情報を純粋に書いて発信します♡♥

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2024年6月号
2024年5月号
2024年4月号
2024年4月号
2024年3月号
2024年2月号
2024年1月号
2023年12月号
2023年11月号
2023年10月号
2023年9月号
2023年8月号
2023年7月号
2023年6月号
2023年5月号
2023年4月号
2023年3月号
2023年2月号
2023年1月号
2022年12月号
2022年11月号
2022年10月号
2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号

FOLLOW ME