夫婦でケンカしないためのお金事情 | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

夫婦でお金でもめないために…!夫婦のお金事情のいろいろ*

5クリップ

views

恋人と一緒に同棲をしたり、もしくは結婚されたりして一緒に住むようになると、お金の使い方を2人で話し合ったりすることも多いかと思います*共働きの場合は、お互いの収入がある上で、どう割り振りをするのか、がとても大切になってくるかと思います!今回は、夫婦でのお金事情について見ていきたいと思います◎

プレ花嫁のみなさま、こんにちは!

神奈川県のご当地ライターのゆいまるです♡*

恋人と一緒に同棲をしたり、もしくは結婚されたりして一緒に住むようになると、お金の使い方を2人で話し合ったりすることも多いかと思います*

共働きの場合は、お互いの収入がある上で、どう割り振りをするのか、がとても大切になってくるかと思います!

今回は、夫婦でのお金事情について見ていきたいと思います◎

お金の管理はどちらがする

みなさんのご家庭では、お金の管理はどちらがしていますか?

片働きの場合では、妻が夫の財布を握っているか、逆に夫が財布を握っていて、お小遣い制にしている方が多いようです。

共働きの場合であれば、お互いに収入があるため、家計の支出をどちらから出すのか…。

そして、それぞれ毎月どのくらいを自由に使って、いくらを貯金に回すのか、とちょっと話し合いが必要になってきます。

片働きも共働きも、「夫婦一緒の財布」としてそこから考えていく必要があります◎

オープンに“見える化”することで、余計な出費をなくし、貯蓄に回すお金も明確になります!

自由に使えるお金と貯金に回すお金

毎月の支出は過ごしていくうちに明確になってくるものだと思います。

自由に使えるお金、貯金といったところはみなさんどのように管理していますか??

共働きでもなかなかお金が貯まらない…。そういう方も多いのではないでしょうか?

貯金をするのに、まず明確な目標がないとお金を貯める意味が分からない…ということになりかねません。

夫婦で“近い将来にどんなことをしたいか”、ということをまずお二人で話し合うことがとても大切になってきます!◎

例えば来年沖縄旅行に行きたい!

3年以内に車の買い替えをしたい!

10年以内にマイホームが欲しい!

など、今後の計画を話し合って、そのためにはいくらずつ貯金をしたら良いのか、と逆算をして考える必要があります*

すると、貯金額が先に出てくるので、支出、貯金が明確になります*

あと残りは自由に使えるお金として、振り分けることができます♪

お二人で貯金をするために、お金の情報共有をすることはとても大切になってきます!

貯蓄専用口座を作る

貯蓄をしようと思ったら、まずは貯蓄用の共有口座を必ずつくることがオススメです◎

専用口座を作ったら、毎月の貯蓄額を決め、お給料が入ったら必ずその金額を先に入れるようにルール化しましょう*

会社によっては、複数の口座に給与を振り込みができる仕組みもあるので、利用すると確実です!

夫婦で話し合って「マイホームのために、10年以内に1,000万円貯める」などという目標をつくって口座と一緒に共有してください*

お互いふたりで頑張れるように、明るい未来の目標を考え、話し合いましょう☆

将来、何にいくらお金がかかるのかを把握する

夫婦・家族の夢に対する貯金額の予定は話し合って、めどはつきそうです。

それ以外に、今後のライフプランによって将来何にいくらお金がかかるのか?という点まで把握する必要があります。

しかしそこまで把握して、貯金をしようとしている人も少なくないのではないでしょうか?

結婚したての新婚時代は、まだ独身生活の名残があってお金に対してもルーズになりがちです。。

しかし、子どもの有無やマイホーム購入、老後の貯蓄はどうするかなどお金と時間に余裕があるうちに話し合っておくことが大切です!

「いつ何が起こるか」「金額はどの程度かかるのか」など、できるだけ具体的に話し合いましょう◎

例えば実際に、ライフプランを考える上で、夫婦お二人であれば、スムーズに考えられるかもしれません。

しかし子どもが出来たら、その子の人生も背負っていくため、その子の人生のことも考える必要があります!

1人お子様がいる家庭であれば、今後の兄弟のこと、子どもの教育費のこと。

子ども一人につき1000万円以上かかるということをよく耳にすると思います。

教育費は進む道次第で大幅に変わってきますが、それ以外に、塾や習い事代に費やされる金額のことを考えるとお金もどんどん嵩んでいきます。

その辺りもご夫婦2人でよく話し合う必要がありそうです◎

老後の貯蓄までは結婚したばかりのご夫婦であれば想像もつかないかもしれません。。

想像の出来る現実味のあるところまでの、将来の出費を把握しておくと、お金の不安がなくなり、貯蓄のモチベーションも高くなります☆

そうはいっても、具体的な金額は自分たちだけではわからないという人も多いと思います。。

その場合、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみるのがオススメです☆

保険ショップなどでは、無料でライフプランニングとお金のシミュレーションを相談できます。

そして、現在の家計管理についてもアドバイスしてもらえるので、心強いですよ!*

ファイナンシャルプランナーであれば、ライフプランの予定を話してみると、その時々でどのくらいお金がかかるのかがわかります☆

平均的な数字となって出てくるので、とても想像がしやすいかと思います!*

私も結婚をして夫婦になってから、お互いの保険の見直しをするために、ファイナンシャルプランナーの方に相談しました*

子どもが出来てからどの場面でどのくらいのお金がかかってくるのか、など知れてそれを考えた上でのマイホームだったり、色々と考えるのにとても参考になりました!!

 

円満な新婚生活のための第一歩として

まさに、その第一歩がお金に関する話し合いだと思います◎

結婚するということは、将来を誓いあったパートナーとずっと一緒にいられる夢のあること…♡

その一方で、現実的に考えなければならないこともたくさんあり、お金の管理はその最たるものであると言えます。

楽しい新婚生活を送りたいと思うのであれば、面倒臭がらずきっちりお金について話し合いましょう!!

実生活のことを決める過程を通してパートナーとの信頼関係も築くことができますし、二人のライフプランを考えるきっかけにもなるはずです*

まとめ

片働き、共働きなど色々な家庭があるかと思います。

基本はご夫婦二人で、お金と将来の夢の共有をすることがとても大切なことが分かったかと思います◎

急な出費が出来たときでも、お互いに支え合うことも必要です。

急な出費で困らないためにも予め貯蓄をしておくことはとても大切ですね!

そして、お互いの貯金をオープンに“見える化”することでケンカを防ぐことができます。

毎月給料が入ったらまずは共有することが大切ですね*

結婚する前は、一人だけの財布だったのが、結婚して一緒に生活をするようになると、二人で生活していくプランでのお金の情報管理の共有がとても大切になってきます。

相手を疑ったり、自分だけ節約しているのに…などと思うことが出てきてしまうと、ケンカにも繋がってしまいます。。

そうならないために、ルールを決めることがオススメです!*

私のうちでは、給料が入ったら2人で話し合います☆

次の月や直近に大きな出費があるのなら、そのために貯蓄しなくてはなりません。

お金の大事な出費の部分は必ず共有して、そのためにまず最初にお金をよけておきます。

そして、よけたお金以外に支出を出し、支出以外のお金は貯金に回します。

よく二人で話し合って、貯金にいくら入れるのか、をその都度決めていく必要があります◎

ご夫婦二人の将来の人生設計を楽しみながら、そして、悩みながらもお金の管理をご夫婦で話し合いながら学んでいけると素敵ですね*

結婚してから、楽しい毎日をお送りするためにも、お二人での話す機会を今から大切にしてみてくださいね☆

↓おすすめの記事はこちら**

新生活を始める夫婦必見!お金を浮かせるワザ♡

結婚したら保険に入ろう!貯蓄型保険について♡♡

備えあれば憂いなし!新婚カップルがやるべき「保険の見直し」のポイントとは

\子どもの保険が必要なのはこんな時!/保険の種類とメリットもチェック♡**

新婚の新生活はお金がないもの!!|お金がない夫婦がすべき節約術を紹介♡**

 

ウェディング診断
キービジュアル

ゆいまる

法政大学を卒業後、ウェディングプランナーのお仕事のお手伝いを経て、ブライダル業界へ♡*全国の花嫁さんのお力になれるように、沢山の素敵な最新の情報をお届けしたいと思います♡

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい

next! >>

ウェディング診断

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY