マスク着用で心配!夏の結婚式での熱中症対策まとめ | DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレスの魔法に_byプラコレ

マスク着用で熱中症が心配><夏の結婚式での熱中症対策をまとめました♡

7クリップ

views

今回は、これからの時期に行う結婚式で気をつけたい、熱中症対策についてご紹介していきます*コロナウイルスの影響で、マスクを着用することが増え、熱中症のリスクが上がっているとも言われています><結婚式でできる熱中症への備えや演出などもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね*

みなさんこんにちは*
Dressy編集部です^^

今回は、これからの時期の結婚式に向けて
チェックしておきたい
熱中症対策についてです*

コロナウイルスの影響で
人と会う場所では、
マスクの着用が新常識となっていますね*

結婚式でも、
マスク着用にて出席されるゲストも
いらっしゃるかもしれません。

マスク着用下では、熱中症のリスクも上がるため、
例年よりもしっかりと熱中症対策を行いたいところ*

暑い時期に結婚式を挙げる予定がある
というお二人には、
ぜひ知っておいてほしい熱中症の知識と
結婚式でできる熱中症の対策について
ご紹介していきます*

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

夏の結婚式メリットデメリット

今年2020年は、
春先まで緊急事態宣言が
出されていたことから、
春に予定されていた方の結婚式を後ろ倒しにした
というカップルも少なくありません。

まず、夏に行う結婚式のメリットとデメリットを
ご紹介していきます*

 

メリット

①天候に恵まれることが多い

梅雨が明けた後、晴れの日が多くなるのが夏*

青空の下で結婚式を行うのは
花嫁さまの憧れでもありますよね♡

天候に恵まれることが多いというのは、
最大のメリットと言えます*

②費用が安くなる場合がある

春と秋は、過ごしやすい気候であるために
非常に人気のある季節*

いわゆるウェディングのハイシーズンに当たります。

一方で、厳しい暑さなどの理由で人気の低い夏と、
寒い時期の冬は、ウェディングのオフシーズン*

結婚式にかかる費用が、
春と秋に比べて
抑えられる可能性があります♩

抑えた分の費用で、
夏ならではの演出を楽しむのも
素敵ですよね^^

③夏休み期間でゲストが集まりやすい

夏休みやお盆休みがあり、
長期休暇を取りやすい時期*

遠方からゲストを集める場合にはぴったり♩

ゲストの予定を考慮して、
連休であれば中日ではなく
初めか終わりかに寄せるようにすると
親切ですね^^

④ナイトウェディングにピッタリ

他の時期だと肌寒いことが多い
ナイトウェディング。

夏に行うことで、気温も下がることなく、
また夕方の少し明るい時間帯から
暗くなる時間帯にかけて
景色の移ろいを感じながら
ロマンチックな時間を過ごすことができます*

⑤避暑地でのウェディングが魅力に

ちょっとしたリゾートで式を行いたいと
考えているカップルにとって
夏の季節に避暑地で行う場合には、
ゲストにも喜ばれる場合があります*

アクセスが良い場所であれば
なお負担が少なく参加してもらうことができますよ♩

⑥披露宴なら浴衣などで夏ならではの演出ができる

披露宴や二次会は
ドレスを着用するのが一般的ですが、
夏に行うのであれば
あえて浴衣でのウェディングパーティー
というのもとても素敵な演出になります*

ゲストにも、
「浴衣で来てね」と伝え
カチッとした雰囲気ではない
夏の宴を楽しむような会にすることも可能♡

 

デメリット

①ドレスの崩れ・汗・化粧崩れが気になる

夏の暑さによる
ドレスの着崩れや化粧落ち、
特に露出の多い背中の汗などは
花嫁さまにとってもゲストにとっても
気になるポイント><

空調の整った会場を選ぶこと、
駅近などの会場アクセスの良い場所を選ぶなどの
配慮をすると親切ですね!

②引き出物のお菓子に気を使う

暑さで溶けないもの、腐らないもの
を選ぶことが大切。

また、暑い日に重い荷物を持って帰るのは
ゲストにとって大変な負担になります><

重い荷物は後日郵送とし、
プチギフトなどの荷物にならないものだけを
持ち帰ってもらうようにしましょう*

③夕立や台風に注意

夏の時期は、昼間は晴れることが多いものの、
急な夕立になることもしばしば。

特にガーデンでのナイトウェディングをお考えの方は
対策を会場と話し合っておくと安心ですね!

また、夏の終わり頃から秋にかけて
台風が起こりやすくなるというのも
考えておくようにしましょう。

④暑い中の移動が大変

暑い中、ゲストが会場まで来るのが大変><

特に高齢のゲストがいる場合などには
特に心配になりますよね。

駅からのアクセスの良い場所や
車で一緒に乗せてきてもらえる場所などを
選ぶと良いですね*

⑤和装が心配という声も

和装を着たいけれど暑さが心配
という花嫁さまも多いよう。

ガーデン挙式でなければ
会場の空調が効いているので
夏でも問題なく和装をお楽しみいただけますよ*

⑥ガーデンウェディングには注意が必要

暑さが厳しい中での
長時間のガーデンウェディングは
ゲストにとってもお二人にとっても
大きな負担となります><

直射日光が当たる場所での
真夏のウェディングは少し心配。

ブーケトスやフラワーシャワーで
どうしてもゲストを外で待たせてしまう場合には
木陰で休める場所を作ったり日よけを準備したりして
対策を考えてみるようにしましょう*

 

ここからは、熱中症について
詳しく解説していきます*

熱中症とは

熱中症とは、
体温が上がって、
体内の水分・塩分のバランスが崩れたり
体温の調節機能が働かなくなったりして
体温の上昇やめまい、痙攣、頭痛などの
様々な症状を引き起こす病気のこと><

(暑さで体温のコントロールができなくなり
熱が体にこもってしまった状態です)

重症度によって3段階に分類することができます*

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

〈症状〉
・立ちくらみ(脳への血流が不十分になることによる)
・筋肉痛・筋肉の硬直(発汗に伴う塩分不足で生じるこむら返り)
・大量の発汗

Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

〈症状〉
・頭痛
・気分不快
・吐き気
・嘔吐
・倦怠感
・虚脱感

Ⅲ度:入院して集中治療の必要のある重症

〈症状〉
・意識障害
・痙攣
・手足の運動障害
・高体温(体に触ると暑い)
・水分を自分で摂ることができない

 

※高温の場所で起こる、
熱による障害を総称して「熱中症」と言います。
その中でも、
「日射病」=強い直射日光が原因
「熱射病」=締め切った室内や車内で起こるもの
と言われています。

参考①:全日本病院協会 みんなの医療ガイド
参考②:西東京市Web

 

熱中症が起こりやすい場所

熱中症は、真夏の炎天下、
暑い中で長時間運動していた場合などに
起きやすいと想像してしまいますよね。

しかし、実際は、このようなケースばかりではなく
梅雨の合間に気温が上がった日などにも
多く起こります><

体が暑さに慣れていない状態の時に起こりやすい
とも言えるのです。

具体的に以下のような環境下では
特に注意が必要となります。
・気温が高い
・湿度が高い
・風が弱い&日差しが強い
・照り返しが強い
・急に暑くなった

気温が低い場合でも、
湿度が高い日には、熱中症にかかりやすくなります。

参考①:全日本病院協会 みんなの医療ガイド

 

熱中症になりやすい人

〈乳幼児〉

大人よりも新陳代謝が活発で体温が高いのが特徴。
汗を体外に出す汗腺の発達が未熟のため、
体温のコントロールをうまく行うことができません><

顔が赤くなっていたり、汗をたくさんかいているときには
すぐに涼しい場所に移動させてあげましょう。

〈高齢者〉

年をとると、体内の水分量の割合が少なくなり、
さらに高齢者は、暑さや喉の渇きを感じにくいと言われています。

加えて心機能や腎機能が低下していると
熱中症が重症化しやすくなる傾向にあるため
注意が必要です。

〈その他〉

肥満の人、寝不足や疲れなどで体調が悪い時、
二日酔いや下痢などで体内の水分が減っている時も
熱中症にかかりやすくなります。

参考①:全日本病院協会 みんなの医療ガイド

 

熱中症の予防で大切なこと4つ

①暑さを避ける

外にいる時には、
日陰にいるようにする、
日傘や帽子をかぶるなどの対策が効果的。

室内では、
直射日光を避け、
風通しを良くしたり室温を調節したり
するのが有効です*

②服装を工夫する

熱中症対策の理想の服装は、
外からの熱の吸収を抑えつつ
体内の熱をスムーズに逃がしてくれる服装です*

素材は、吸収性や通気性の良い
綿や麻がおすすめ。

また、熱がこもらないように
襟元や袖口が開いたデザインの服を着るのも
良いですね*

速乾性のあるインナーを着て
汗を逃すことも、熱中症予防につながりますよ*

③こまめに水分補給を行う

汗をかくと、知らず知らずのうちに
体内の水分が失われています。

喉が渇いたと感じた時にはすでに
脱水症状が始まっているとも言われています><

水分補給のためにNGな飲み物としては、
コーヒー・緑茶などのカフェインを多く含むものや、
アルコール類が挙げられます。
利尿作用があるため水分補給にならず、逆効果。

汗をかくとミネラルも一緒に失われます。
スポーツ飲料はミネラル補給はできるものの
糖分が多いのが気をつけたいところ。
ミネラルと水分を一緒に補給するには
麦茶がおすすめです*
(麦茶はノンカフェインなので
利尿作用もなく安心ですね!)

④日頃から暑さに慣れておく

予防法としては
日頃からウォーキングなどの軽い運動を行なって
汗をかいておく習慣を付けることも大切です*

 

もし熱中症になってしまったら?

夏に結婚式を行うという新郎新婦さまは、
万が一に備えて、熱中症になってしまったゲストへの
対応を考えておくと安心です*

熱中症の判断基準

気温や湿度が高い環境の中で、
立ちくらみ・こむら返り・呼びかけへの反応がおかしい
痙攣がある・歩けない・体がだるい又は熱い
などの症状が見られた場合には、
すぐに熱中症が疑われます。

中でも、
・高体温
・汗をかいていなくて触ると熱い
・ズキズキとする頭痛
・めまい
・吐き気
・意識障害
がある場合には重症です。
重症の場合には、すぐに医療機関への
搬送が必要となります。

 

熱中症の応急処置(軽症の場合)

熱中症を発症してしまったら、
以下のような応急処置を行いましょう。

*Ⅱ度の中等症、Ⅲ度の重症が疑われる場合には
応急処置と同時に、すぐに医療機関を受診してください。

①涼しい環境に移す

外であれば風通しの良い日陰、
室内ならクーラーが効いている部屋に
移動しましょう。

②脱衣と冷却

衣類を脱がせて、体の熱を外に出します。
靴や靴下も脱がせるようにしましょう。

氷嚢で、首・脇の下・太ももの付け根など
太い血管が通っている部分を冷やして
体温を下げます。

③水分と塩分を補給する

経口補水液を摂取するのが一番。

しかし、意識障害がある場合には
水分が気道に流れ込む可能性があるので
行わないようにします。

また、吐き気や嘔吐の障害がある場合には、
すでに胃腸の働きが鈍っている可能性があるので、
口からの水分摂取は避けましょう。

*医療機関での治療

医療機関では、冷却の他に
点滴での、水分や塩分、栄養補給などが行われます。

参考①:全日本病院協会 みんなの医療ガイド

 

結婚式で取り入れたい熱中症対策

①ウェルカムスペースでのドリンクやおしぼり

暑い中会場まで足を運んでくれるゲストに
まず初めに冷たいドリンクとおしぼりを用意して
すぐに涼んでもらえるようにしておきましょう*

②メイク直しができるスペースやグッズを用意

特に女性ゲストは
メイクの崩れや衣装の崩れが
気になりますよね><

化粧室におくアメニティーに
汗拭きシート、制汗スプレー、
あぶらとり紙などがあると
いざという時にゲストからも喜ばれます*

また、タオルを一人一人に
用意しておくのも良いですね^^

③「涼」を感じる夏ならではのグッズを用意

うちわや扇子など、
夏ならではの涼アイテムを
用意しておくのも素敵♡

受付でゲストにプレゼントしたり、
席札にする工夫をしたりと
色々なアイディアが湧いてきそうですね**

④ドライアイスを用意

ゲストの各テーブルに
ドライアイスを用いた
テーブルコーディネートを行うことで、
涼しく感じることができ、
会場の気温も下がるので
快適に過ごすことができますよ♡

おしゃれなテーブルコーデの
アイディアです*

⑤アイスバーやかき氷でおもてなし

夏ならではの演出として
おしゃれで可愛いアイスバーや
かき氷を用意するのも良いですね♡

思わず写真を撮りたくなるような
素敵なおもてなしになりますよ♩

⑥日焼け止め

外に出る演出がある時には、
ゲストに使ってもらえるよう
日焼け止めを準備しておくと
とても親切ですね!

⑦シャトルバスを用意

駅から徒歩となる場合には、
数分歩くだけでも汗だくになり
せっかくのゲストの衣装やお化粧が
台無しになってしまうことも><

短い距離でも送迎のシャトルバスやタクシーを
手配しておくと親切で喜ばれますよ♩

⑧なるべくガーデンより室内で

 

ガーデンでの挙式に憧れるという方も
多いと思いますが、
ゲストにとって過酷な環境になってしまわないか
考える必要があります><

ガーデンで行う場合には
ゲストは日陰で過ごせるなどの
配慮が必要になる場合もありますね*

室内でも夏らしい演出をすることが可能ですので
お二人で考えてみるのも楽しいですね♡

⑨クーラーの効きすぎに対する配慮も

外の暑さとは反対に、
会場ではクーラーが効き、ゲストの中には
寒いと感じでしまう方も。

そんな時のために、
自由に使うことができる
ブランケットなどを用意しておくと
親切ですね^^

⑩給水しやすい環境を整える

式の演出の途中だと、
ゲストが水分補給を遠慮してしまうことも
多いですよね><

飲みたい時にすぐに飲んでもらえるように
各テーブルにお水を用意したり
給水タイム・給水スポットを用意したり
という配慮をしてあげると、
ゲストも過ごしやすくなりますよ*

 

いかがでしたか?

今回は、熱中症のことや対策について
ご紹介してきました^^

夏の結婚式で気をつけるべきことについて
参考になりましたでしょうか?*

熱中症に十分気を付けながら、
一生に一度の結婚式が
ゲストとかけがえのない一日になることを
心からお祈りしています*

ウェディング診断

kanae*+

プラコレのSNSがきっかけで、ブライダルに関わりたいと思うように* 一度は諦めかけるも、教員・ライターの経験を経て、プラコレにjoin♩ 将来はゲストみんなが楽しめるオリジナリティ溢れる式を挙げたい*+ 花嫁さんがワクワクするようなwedding記事をお届けします♡ 旅と島と犬猫が大好き*

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME