結婚して福岡で新生活!馴染めるか不安なあなたへ | Dressy(ドレシー)byプラコレウェディング

【福岡の新生活】結婚して福岡に来た花嫁さま必見!馴染めるか不安なあなたへ**

1クリップ

views

結婚を機に他県から福岡へ引っ越しをされるケースも少なくありません。見知らぬ土地での新生活、ちょっと不安に感じることもありますよね!ですが、福岡のことをある程度知っていればそんな風に不安になるという事は少し和らげることもできると思います。 今回はそんな福岡ビギナーのあなたへ、福岡の結婚の風習や人柄の特徴について紹介したいと思います。

これから結婚して、今まで住んでいた街を離れて福岡で新婚生活を…。

きっと不安に思うこともあると思います。

大切な彼氏と暮らすことを考えると幸せにも思うけれど、
その反面、両親や仲の良かった友人と離れることを思うと、
少し寂しくも感じられるのではないでしょうか?

生活の環境が大きく変わってしまうのではないか?
という不安も少しはあることと思います。

旦那さまや両親や友人の前では
強がってみせるのだけれど、一人になればその不安に
押しつぶされそうになったりしていませんか?

いわゆる「マリッジブルー」というものですね。

でもそれはとても自然なこと。

福岡という街を知らないからこそ不安にもなるんですよね。

福岡のことをある程度知っていれば
そんな風に不安になるということは
きっとなくなります!

というわけで、今回は福岡の結婚の風習や人柄
について紹介したいと思います。

 

福岡の結婚に関わる風習

全国的に、結婚式の費用が今はリーズナブルに
なったこともあるせいか、
その土地の行事や習わしを結納から
キチンと行うカップルは割と多いものです。

福岡ならではの行事や習わしとはどんなものなのでしょう。
ここで、興味深い風習について紹介してみたいと思います♪

 

福岡の結納とは?

最近では結納の代わりに、
両家の顔合わせのために食事会のみ
という場合もあるようですが、やはり
きちんと結納をするという家もあります。

婿方の両親と仲人夫妻と本人が
嫁方へ結納品を持っていくというのが
福岡の習わしです。

このときには、アワビを干して長くしたものや、
純白無垢の扇子、小袖料(結納金を包んだもの)、
するめ、こんぶ、お酒、鯛や鰹節などが
結納品として嫁方に贈られます。

 

御知家(おちや)

結納の際には、福岡の独特の習わしで、
「お茶」を贈呈する風習もあります。

なぜお茶?と思われるかもしれませんが、
これにはきちんと理由があります。

お茶を贈る理由は、
お茶の木の特徴と夫婦となるふたりに
なぞられているんです。

 

理由①

お茶の木は種をまいて育てるものです。

しかし、お茶の木は一度は植え替えることが
できるのですが、二度目の植え替えは根付きません。

このお茶の木の特徴から
「貞女は二夫にまみえず(貞女は両夫に見えず」
という教えになぞられているんです。

理由②

染物をするときにお茶を使うと
染まるスピードを早めることができます。

このことから、結婚の際にお茶を贈ることで、
相手の家風に早く染まれるようにと
願いが込められているのです。

理由③

お茶の木はやせた土地であったとしても、
しっかり根を貼ることができることで知られています。

このことから、
力強く困難にも負けずに暮らせるように
という思いが込められています。

 

このような理由から、
福岡ではお茶が結納品として贈られるのです。

ほかにも、
「番茶は一回しかお茶が出ないので、嫁も1回だけ実家を出る」
という意味もあるようです。

面白いですね♪

<福岡の人しか知らない♡>家族・夫婦で楽しめるオススメな福岡の場所!!

福岡の夫婦&カップルの皆様必見!!コロナが落ち着いたら行きたい♡福岡のデートスポットをご紹介。.:*♡

海の幸も絶品!美味しいものがたくさん!グルメの街福岡

ウェディング診断

【福岡公認】mayumi

海外・国内のウェディングプランナーを10年経験し、ウェディングメディアのライターに転向しました。趣味は旅行とワークアウト(筋トレ)です。たくさんの結婚式をさまざまな舞台でお手伝いさせていただいた経験を元に、これから結婚式を挙げられるみなさんのお役に立てれば幸いです。

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

FOLLOW ME