妊娠中の食事は5つの注意が必要|妊婦に良い・悪い食べ物を知ろう** - DRESSY (ドレシー)|ウェディングドレス・ファッション・エンタメニュース - Page 4

妊娠中の食事は5つの注意が必要|妊婦に良い・悪い食べ物を知ろう**

105クリップ

views

妊娠をした方の中で、どんな食事をとればいいのか分からない方はいませんか?本記事では、妊娠中の食事で気を付けるべき5つの注意点を解説しつつ、妊婦さんに良い・悪いとされている食べ物を紹介していきます。少しでも子供に悪影響を与えない食事をとりたい方は参考にどうぞ。

コピーしました

妊婦に悪いとされている食べ物

次は、妊婦さんにとっては悪いとされている食べ物についてです。

身体に悪影響を及ぼすものばかりを選んだので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

カフェインやアルコール系

水分の中で最も摂取していけないのが、カフェインやアルコールが含まれる飲み物です。

基本的に妊婦さんが摂取したものというのは、そのままお腹の赤ちゃんへ届いてしまいます。
カフェインやアルコールは胎児の成長や発達に悪影響を及ぼしてしまいかねません。

なので妊娠中において、カフェインなら適量を、アルコールは決して飲まないように心がけましょう。

 

生で食べれる肉・魚系(生ハム、刺身、魚卵など)

生で食べれるお肉や魚なども摂取は控えましょう。
というのも生肉や魚に含まれていることがあるリステリア菌は妊娠中だと最も感染しやすいとされているからです。

ちなみにリステリア菌に感染すると、食中毒の症状を引き起こす可能性を秘めています。

胎盤を通して赤ちゃんに感染しないとも言えないので、もし食べるとしても必ず火を通してから食べるようにしていきましょう。

 

ナチュラルチーズ

チーズの中でも加熱調理をされていないナチュラルチーズは危険性があるので食べないのがおススメです。

そのまま食べてしまうと、リステリア菌が繁殖している可能性を秘めているので、食中毒になる可能性があります。

ただしピザなどの火を通した料理の場合は問題ありませんが、できるだけリスクを取らないのが賢明です。

 

生卵

妊娠中はどうしても下痢や嘔吐を繰り返し起こしがちになってしまいます。
そんな中、生卵はさらに下痢や嘔吐を促進させる可能性があるので摂取は控えるようにしましょう。

できる限り加熱調理をして、生で食べないようにしていくのが得策です。

 

まとめ

妊娠中に食べ物を食べる際の注意点や、食べてもいい・悪い食事について解説してきました

どうしても初めて妊娠をされた方には、制限が多すぎて気持ち的にマイナスに感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし正しい食事をちゃんと摂取していけば、将来的には健康体の赤ちゃんが生まれることは確かです。

なのでぜひ将来の赤ちゃんのためにも、正しい食事を摂取するように心がけてくださいね(^^)

 

マタニティブルーによるイライラ解消法|妊婦さんの不安を取り除こう

【プレママたち必見♡】体験したからこそわかる!<妊娠中の食べ物とつわり>について**

退職?それとも育休?妊娠したらすぐに考えたい復帰方法

ウェディング診断

【滋賀公認】ラルク

冠婚葬祭の会社に約7年間勤務。その後、実務経験を活かして、ウェディング関連の専属Webライターへ転身。得意なことは【花嫁さまの気持ちを理解した執筆】です♪男性目線ならではの花嫁さんに役立つ情報を、わかりやすく発信していきます^ ^

ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年9月号
2022年8月号
2022年7月号
2022年6月号
2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME