~妊娠中の食生活~注意しなくてはいけない食べ物とは?

106クリップ

views

お腹の赤ちゃんの体は妊婦さんが食べたものを栄養としてつくられていきます。なので妊娠中の食べ物には妊娠前よりいっそう気を配りたいですね。普段と同様、バランスのとれた食事が一番ですが、普段よりも意識して摂るべき栄養素や、逆に妊娠中は避けた方がよいNGな食べ物があります。NGな食べ物をチェックしていきたいと思います!

コピーしました
【5月はとっても豪華◎*】式場探しで特典が貰えるサイトランキング♡♥各社のキャンペーン内容をまとめました♡

プレ花嫁のみなさま、こんにちは!
ご当地ライターのゆいまるです♡*

おなかの赤ちゃんの体は
妊婦さんが食べたものを栄養として
つくられていきます。

なので妊娠中の食べ物には
妊娠前よりいっそう気を配りたいですね。

普段と同様、バランスのとれた食事が一番ですが、
普段よりも意識して摂るべき栄養素や、
逆に妊娠中は避けた方がよいNGな食べ物があります。

妊婦さん自身とおなかの赤ちゃんの健康を守るために、
妊娠中の食事の基本的なことを知っておきましょう*

<はじめに>

妊娠中に妊婦さんの食事で注意したいことは、
普通の大人が食べたり
飲んだりしても大丈夫なものでも、
妊婦さんの場合は胎盤を通して
おなかの赤ちゃんに届くことで、
赤ちゃんの成長や発達に影響を及ぼす
可能性があるということ。

妊娠中は完全に避けた方がよいものと、
一定量を超えて食べ過ぎない方が
よいものがあります。

なかには妊婦さん自身の好物で
「食べたい」「飲みたい」と思うことも
あるかもしれませんが、
人生の中で妊娠中(授乳中を含む場合もあり)は
限られた、とても大切な期間。

おなかの赤ちゃんの健康を第一に考えて、
食品や飲み物を選んでいきましょう*

1、「肉の生食や不十分な加熱」は要注意

〇生肉(ユッケ、レアステーキ、生ハムなど)


妊娠中は特に、リステリア菌に感染しやくすくなり、
胎盤を通して赤ちゃんにも届きやすく、
リステリア食中毒が胎児に影響を与えるため、
生肉・しっかりと加熱のされていない肉や加工品は
食べないようにしましょう。

食べる際は必ず中まで十分に火を通しましょう。

「トキソプラズマ」は多くの温血動物に寄生します。
ほぼすべてのほ乳類や鳥類は
感染の可能性がありますが、
特に「羊肉・豚肉・鹿肉は寄生しやすい」と
いわれているので注意が必要です!

「トキソプラズマ」は「生食や不十分な加熱」による
感染が知られていますが、
包丁やまな板などの調理器具から
ほかの食材や手にうつることもあります。

この感染を防ぐために、
妊娠中の「肉の生食」は控えるようにしましょう!

「トキソプラズマ」は、加熱が不十分な肉、
ネコのふんや土などに寄生する原虫。

妊娠中に「トキソプラズマ」という
原虫の一種に初感染すると、
胎児は30~40%の確率で
「先天性トキソプラズマ感染症」を発症します。

「先天性トキソプラズマ感染症」を発症すると、
水頭症や脳内石灰化などによって
発達が遅れる可能性があります。

妊娠中に初感染した場合、
胎児にも感染が心配されるので
注意が必要です。

食べたら必ず感染するわけではありませんが、
生肉(非加熱食肉・乾燥食肉のもの)は避けましょう。

大型回遊魚もNG!

ウェディング診断

【神奈川公認】ゆいまる

法政大学を卒業後、ウェディングプランナーのお仕事のお手伝いを経て、ブライダル業界へ♡*全国の花嫁さんのお力になれるように、沢山の素敵な最新の情報をお届けしたいと思います♡

【2022年最新版】指輪迷子必見!芸能人の結婚指輪ブランド”全てをまとめました💍
ウェディング診断

BACK NUMBER

バックナンバー

2022年5月号
2022年4月号
2022年3月号
2022年2月号
2022年1月号
2021年12月号
2021年11月号
2021年10月号
2021年9月号
2021年8月号
2021年7月号

FOLLOW ME