元プランナー直伝!結婚式準備でケンカにならないための5つのコツとは♡

views

結婚式の準備期間にケンカになってしまうカップルは実はとっても多いこと、皆さんはご存知でしたでしょうか。今回は、元ウェディングプランナーである筆者が、結婚準備でケンカになる原因とその解決法についてお伝えします♪これを読んでふたり仲良く結婚準備を進めましょう!
ウェディング診断

結婚式の準備期間にケンカになってしまうカップルは実はとっても多いこと、皆さんはご存知でしたでしょうか。今回は、元ウェディングプランナーである筆者が、結婚準備でケンカになる原因とその解決法についてお伝えします♪これを読んでふたり仲良く結婚準備を進めましょう!」

 

結婚式準備でケンカしてしまうのはこんなとき

結婚式はお二人の楽しみにしているイベントです!結婚式準備は本来ワクワクして楽しいものですが、意外にカップルのケンカの原因にもなりやすいのが本当のところ。それでは一体どのようなときにケンカになってしまうのでしょう。ここでよくあるケンカの原因やきっかけについて紹介します。

 

「彼が結婚式にあまり興味を持ってくれない!」と感じるとき

そもそも結婚式により高い興味を持つのは女性である傾向が高いため、「彼があまり興味を持ってないみたいに感じる」と思うこともしばしばです。こういうときに女性は「なんで二人の結婚式なのに、彼が何のアイデアも出してくれないんだろう」と寂しい気持ちになるもの。つい彼に「ねぇ、結婚式のことどうでもいいんでしょ!何にも意見してくれないし」とつらく当たってしまうことがあります。
男性としては、ほとんどの場合「結婚式に興味を持っていない」わけではなく、「何をどう考えればよいか見当もつかない」のです。そこに悪気はないことが多く、「え?そんなことないのに・・・」と怒られて不愉快になってしまいケンカになってしまうことは珍しくありません。

 

「彼が結婚式準備を手伝ってくれない!」と感じるとき

これもよくありますが、結婚式準備を手伝ってくれない彼にイライラしてしまうというケースです。例えば招待客のリストを作ったり、席次表の下書きを作ったりと、結婚式準備にはたくさん決めることや作成するものがありますが、これらを彼が率先してやろうとしないことは多いです。
「なんか手伝ってくれてもいいんじゃない?」とあなたが彼に言うときにはあなたの怒りはかなりのレベルに達しているため、ついついその言い方もきつくなりがちです。彼にしてみれば、「手伝うって言っても何をすればいいのか分からなかっただけなのにそんなに言わなくたっていいじゃないか」となり、ぶつかってしまうのです。

 

準備物が多くて心に余裕がなくなるとき

結婚式の3カ月前頃から、おふたりと担当プランナーとの打ち合わせが開始します。このころから準備するものが急激に増えてくるのが特徴です。食事のメニューやケーキのデザイン、そしてアルバムの種類やムービー撮影のオプションなど、決めることがとにかく山のようにあるわけです。さらには、手作りアイテムで結婚式にオリジナリティを持たせようとすればするほど、どんどん準備物が増えていきます。
こういった、「やることが多すぎる」という状態になると、人はつい心に余裕をなくしがち。こういう時にこそカップルのケンカは起こってしまうのです。その直接的な原因はとても些細なものであることがほとんどです。どちらかと言えば結婚式と関係のないことでのケンカがほとんど。日々のちょっとしたことが普段以上に気に障り相手につらく当たってしまうためおこってしまうのです。そしてほとんどの場合女性の方からケンカを吹っかけてしまうことが多いのも特徴です。

 

打合せや結婚式準備に彼の予定がなかなか合わないとき

衣裳を決めるための衣裳店での打ち合わせや、結婚式場でのプランナーとの打ち合わせに彼とあなたの予定をうまく合わせられないときにもストレスが溜まりやすいです。特に彼の仕事が忙しく、結婚式の打ち合わせになかなか来られないとなるとあなたとしては、「何よ!私たちの結婚式なのに全然予定を合わせてくれないのね。どうせ結婚式より仕事の方が大事なんでしょ」と思ってしまうもの。
彼としてはどうしても大切な仕事のアポイントを優先しただけかもしれませんが、それがあなたの気持ちを大きく乱してしまう可能性はありますよね。このように、結婚式準備のためになかなか彼が時間を作ってくれないときにもケンカは起こりやすいです。

 

彼とケンカせずに結婚式準備を進める5つのコツとは

さて、結婚式準備でよくカップルがケンカになりがちな状況については説明した通りですが、ここからはケンカにならないためのコツについてです。せっかく結婚式の準備をするのですから、仲良く楽しみながら準備期間までをも思い出にしたいですよね!ではそのために心がけるべき5つのポイントを紹介しましょう♪

ポイント①時間に余裕をもって結婚式場を早めに決める

もしもまだ結婚式場を決めていない場合は、結婚式場は早めに決めるに越したことはないということを覚えておきましょう!というのも、結婚式までの期間がしっかりあればそれだけゆっくりと準備を進めることが可能です。時間が無ければどうしても焦ってしまうもの。焦ることで心が忙しくなり、つい彼に辛くあたってしまうことは非常に多いです。式場選びは早めに進めましょう!

ポイント②打ち合わせの日程を早めに決めておく

彼が忙しい人であれば、全ての予定を前もって早めに決めておくのが良いです。結婚式の打ち合わせは大体3回から4回です。結婚式3、4カ月前から月に1度くらいの間隔でおこなわれるのが一般的。であれば早めに打ち合わせの日程を決めておくことで彼も都合をつけやすくなりますよね。どれだけ忙しくても結婚式のために月に1度時間を作ることはそこまで難しいことではないはずです。プランナーに相談し、「早めに先々の打ち合わせ日を決めておきたい」と言えばきっと柔軟に応じてくれるでしょう。

ポイント③準備するものはあらかじめ手分けしておく

ケンカの原因になりやすいのが「彼が準備に協力してくれない」という点です。これを防ぐためには、彼が具体的に何をどう手伝えばよいかを把握できるよう、役割分担を明確にしておくのがおすすめ。例えば、「私はこれをやるから、あなたはこれをやってくれる?」と頼んでおけば、彼の方も何をいつまでにすればよいかが分かります。これによって、彼の中で「これは自分の仕事なんだ」と責任感が生まれます。

ポイント④彼が強く興味を持つものに関連する何かを結婚式に取り入れる

ケンカの原因にありがちな理由として「彼が結婚式に興味が無さそう」に見えるというものがあります。これは主に、彼の方が結婚式というものが良く分からず、何をどのように興味を持って入り込んでいけば良いのかが分からないときに起こってしまいます。
であれば、彼が興味を持てる何かを結婚式に取り入れてみるのはいかがでしょう。例えば披露宴の演出の中に「彼が好きな何か」に関連するものを入れてみるのです。もし彼が猛烈なサッカーファンであれば、結婚式のデコレーションにサッカーボールをモチーフにしたものを取り入れるなど、やり方は何でも構いません。彼に興味を持ってもらえさえすれば、きっと彼がもっと積極的に準備に協力してくれるはずですよ!

ポイント⑤イライラするときは一旦ひと呼吸おく

どうしても結婚式が迫ってくると忙しくなり、イライラしてしまいケンカになりやすいのは事実です。最後におすすめなのは、「イライラするときは一旦落ち着く」という方法です。
彼とあなたは結婚するのです。その関係性はとても深いものでしょう。ですが逆に言えば、思っていることをストレートに言える家族のような関係でもありますよね。友達なら少し遠慮することでも、家族ならつい感情をぶつけてしまうことがあるように、結婚が決まったカップルも遠慮なくものを言ってしまいがち。イライラしたときにはすぐに感情を彼にぶつけず、一旦その場は黙ってひと呼吸おいてみてください。1分経てば気持ちが落ち着き、「そんなにイライラするほどのことではなかったな」と思えることも多いものですよ♪

 

まとめ

結婚式の準備中にケンカをしてしまうカップルは実はとっても多いです。ですが、せっかく結婚式の準備をするのなら、もっと楽しく仲良く進めていく方が良いに決まっていますよね!ここでお話ししたことを参考に、ぜひ楽しみながら準備を進めてみてください。結婚式当日だけでなく、準備期間さえも素敵な思い出になるに違いありませんよ♡

↓結婚式準備に関する記事はこちらからチェック♡

これからどうすればいいの・・・?? 結婚式準備マニュアル✨✨

結婚式準備が始まる前にぜひ見て欲しい‼︎結婚式準備での喧嘩の乗り越え方‼︎

↓ウェディングムービーに関する記事はこちらからチェック!

プロフィールムービーってどうすればいいの?おすすめ業者や自分で作る時のポイントや注意点をまとめました♡

結婚式の余興ムービーを作る具体的な手順!☆確認作業がとにかく大事です☆

結婚式のプロフィールムービーおすすめ12曲と作り方のコツ

ウェディング診断

LIFE STYLE Editor *

彼との新生活に欠かせないアレコレを発信する、LIFE STYLEライフスタイル)Editorです**彼と行きたいデートスポットや、なかなか人に聞けないあんんなことやこんなこと>< ぜひcheckしてくださいね⁂

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

おしゃれなウエディングアイディアをいつでもどこでも集められちゃう

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY