【出産費用を赤裸々公開!】実際に出産ってどのくらいお金がかかるの?リアルな金額を教えちゃいます♡

views

「妊娠したことが結婚のきっかけになった」という人も少なくありません。しかし、これからお子様を迎えるための費用負担を考えると、結婚式の費用負担が重荷になるのでは??と考える方のために、実際に出産を2回経験した私が費用について赤裸々に公開しちゃいます^^妊娠する前に知っていてほしい情報もありますので、これから妊活をする前の方にも是非見ていただきたい内容です♫妊娠したかも。。。と感じたら、妊娠検査薬を使う方もいれば、すぐに病院へ向かう方もいるでしょう。でもちょっと待って!産婦人科には早く行っても意味がないんです!
ウェディング診断

妊娠をきっかけに結婚を考えることを、【授かり婚】と呼ぶのを知ってますか?

今では「妊娠したことが結婚のきっかけになった」という人も少なくありません。

しかし、これからお子様を迎えるための費用負担を考えると、結婚式の費用負担が重荷になるのでは??と考える方のために、

実際に出産を2回経験した私が費用について赤裸々に公開しちゃいます^^

妊娠する前に知っていてほしい情報もありますので、これから妊活をする前の方にも是非見ていただきたい内容です♫

葉酸は妊娠前から必要!赤ちゃんの病気のリスクを下げる驚くべき効果とは?**

妊娠期間中に発生する費用

もしかしたら妊娠したかも。。。と感じたら、

妊娠検査薬を使う方もいれば、すぐに病院へ向かう方もいるでしょう。

でもちょっと待って!

産婦人科は早く行っても実はあまり意味がないことを知っていますか?

産婦人科で、「おめでとうございます!妊娠していますね」という言葉がもらえるのは、

実は赤ちゃんの心音が確認できたタイミング。

最後に生理が来た日を妊娠0週0日目と言います。
(産婦人科では必ず最終生理日から出産予定日を計算するので、妊活中の方は、生理が来た日は必ず記録を残しましょうね!)

心音が確認できるのは、最後に生理が来た日から約5~6週間後(妊娠5週目)になるので、

初めて産婦人科に行く場合は、そのくらいを目安に行くと何度も足を運ばなくていいのでお勧めです!

この日の医療費は完全に自己負担ですが、後日請求できる場合もあるので、医療明細は必ず保管しておきましょう。
また、まだまだ体調は不安定な状態なので、安定期に入るまでは、家族以外への妊娠の報告は控えておきましょう

つわりがはじまる/母子手帳(親子手帳)をもらいに行く

つわりは、妊娠確定する前後から始まります。
あまりにもひどい場合は、妊娠5週目を待たずに産婦人科へ行ってくださいね!

病院で妊娠の確定をもらったら、病院で書類をもらうので、それをもって役所へ行きます。
窓口は【保健センター】【福祉センター】【健康支援センター】など、地域によって呼び方が違うので、お住まいの自治体で確認してください。

そこで母子手帳(地域によっては親子手帳といいます)を発行してもらいます。
母子手帳は地域によってデザイン・大きさが異なりますので、市販の母子手帳ケースを使う場合は、受け取ってからの購入が安心!

(私は母子手帳受け取り前に購入して、サイズが全然違っていて失敗しました(涙))

母子手帳と一緒にもらうのが、【妊婦健康診査受診票】というつづり。
これは、これから産婦人科へ検診に行く際にかかる費用を自治体が負担する回数券のようなものです。

(自治体によって呼び方や負担金額が異なります)

ちなみに、産婦人科での検診の目安は

*妊娠確定~妊娠6ヶ月 4週間に1回

*妊娠7か月~妊娠9ヶ月 2週間に1回

*妊娠10か月~出産日 1週間に1回

と、約15回程通うようになります。

この回数券を使えば、約10ヶ月間の検診費用の負担がかなり軽くなり、

私はトータル2万円くらいで収まりました。

 

ただし、この回数券は基本的にそのエリアの病院しか使えないことが多いので、

里帰り出産の場合は、別途自腹での支払いが必要になります
(後日、自腹で払った費用を一部請求することが可能な自治体もあります。)

里帰り出産をする場合は、妊娠8~9か月くらいまでに妊婦健診(または診察)を

受けなければならないので、約3~5回くらいは自腹で負担することになります。

(里帰り出産の方が費用負担は大きくなります)

陣痛が来た!/出産のための入院費が発生

通常、陣痛が来るまでは自宅待機と言われます。
陣痛が来て、病院に着いたら、その日から出産費用のうちの入院費(食事代など)が発生します。

*個人病院か総合病院か

*個室か大部屋か

*お産に必要な備品セット(病院が用意してくれる)の内容

まずはこの辺りで費用が変わってきます。

私の場合、一人目は個室しかない病院だったので、強制的に個室。
二人目の場合は、大部屋が満室のため、大部屋価格で個室を使わせていただきました(ラッキー!)

さあ!産まれるぞ!となったら、

*自然分娩か帝王切開か

*無痛分娩、水中分娩などのオプション

ここで費用が変わります。

自然分娩は、全額負担ですが、帝王切開は手術になるので、【女性特有の病気】に対する医療保険に入っていたり、

手術・入院にまつわる保険に入っている人は、後日(保険申請から約10日以内)に保険がおります。

私は帝王切開だったので、手術5万円、入院1万円×10日間、計15万円の保険がおりました

妊婦は保険に入りにくいって知ってた!?

私はたまたま、結婚して妊活前に保険に入っていたので、この保険金を受け取ることが出来ましたが、妊娠してから保険に加入するのは、かなり審査が厳しくなります。

妊娠や出産に関連する主な入院の可能性がある疾病は、重症のつわりや切迫早産、切迫流産、そして、帝王切開など。

妊娠期間中は「保険に入っていると安心」ではありますので、妊活前にある程度備えておいてもいいかもしれませんね^^

「保険に入る前に妊娠してしまった。。」と思っている人も安心してください♪

先程の疾病は、健康保険や高額療養費が適用となるため、1カ月の医療費負担は、9万円ほどで済みます。

「そのぐらいなら貯蓄で賄える!」あるいは「いざとなったら貯蓄から払おう!」と思えるのなら、医療保険は入らずに

貯蓄でもカバーできます!

反対に、「保険でカバーしたい」と思う場合は、入院日額5,000円の医療保険をベースに検討してみてください。

なお、入院日額5,000円の医療保険の一生分の保険料は、100万円前後と言われているので、

「なんとなく不安」ではなく、健康保険の保障を忘れずに、支払う保険料の総額を意識して、【医療保険に入る・入らない】を検討してくださいね。

出産後の入院生活

出産後は、普通分娩の人で5~7日、帝王切開の人で10~14日程、入院します。

その期間に、助産師さんに授乳の仕方、沐浴の仕方、ミルクの作り方、おむつの替え方などレクチャーを受けます。

赤ちゃんが生まれてからすぐに、三時間おきの授乳生活が始まります。

夜中の2時、3時だろうが関係なく、助産師さんからの「授乳の時間ですよ~!」の合図。。

慣れないうちはハードですよね><

だからこそ、楽しみと言えば食事の時間♪

出産後は、通常通りの食事が提供されます。

特に、鉄分不足になりやすいので、私が入院していた病院では、鉄分強化ウエハースや、プルーングミなどのお菓子も付いていました^^

また、夜中の授乳のこともあり、【夜食】のお菓子(プリンやムースなど)も付いていました♫

「高級産婦人科」と言われるところは、毎回の食事にハーブティーが付いていたり、

一流レストランのシェフの料理が味わえたりするので、そのあたりが入院費として大きく変わってくるところかと思います!

また、エステやマッサージが付いているところも!

ママ友をつくろう!

同じタイミングで出産したママ達とは、授乳の時間に毎時間会うようになります。

最初は知らない人の前でおっぱいを出して授乳するのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、

2~3回目になるとだんだん【裸の付き合い】のようになってきて、挨拶を交わしたり、

赤ちゃんの話をしたりするようになります^^

病院によっては、一緒にディナーをする機会があるところも!

退院後も、赤ちゃんの1ヶ月、3か月、8ヶ月…など検診に行かなくてはならないのですが、

同じタイミングで生まれた子は、検診も同じタイミングなので、そのたびに顔を合わせることになります。

誕生日が近いからこそ、情報交換をすることも出来たり、一緒に食事や買い物に行ったりすることもできるので、

産院での出会いは、ぜひ大切にしていただけたらと思います^^

\ 幸せも3倍!♡*.// お子さまと迎える【ファミリーウェディング】の魅力をご紹介♡

結果出産にいくらかかったの?

≪一人目≫

総合病院/全国でも有名な産婦人科ドクターがいる/帝王切開/全員個室/食事は通常の病院食よりは質の良いものが提供

10日間の入院で、総額59万円

(42万円は出産育児一時金が支給されるため、差し引き17万円をクレジットカードで支払い)

その後、医療保険から15万円、高額療養費の申請で8万円戻ってきたので、実際には6万円の黒字。

 

≪二人目≫

一般的な大学病院/帝王切開/大部屋が満室のため個室利用/食事は病院の普通食と同じ

14日間の入院で、総額36万円

(42万円は出産育児一時金が支給されるため、病院での支払い無し)

その後、医療保険から17万円、出産育児一時金の余り6万円で、23万円の黒字。

更に、田舎に引っ越していたため、少子化対策の費用として、市から5万円のお祝い金。

結果・・・

全国平均は50万円だそうです。出産育児一時金の42万円を差し引くと、約8万円の出費。

8万円以上かかった場合は、高額療養費としてお金が返ってくるので、

出産には、約8万円の出費と思うと安心かも!

ただし、帝王切開や無痛分娩など、手術が関わってくる場合は、

さらに10万円前後の出費は見ておいたほうが良さそう!

女性特有の病気に対する保険もあると安心♪

 

病院や出産方法、地域によっても変わってくると思いますが、

ぜひ、一例として参考にされてくださいね^^

【金の切れ目は縁の切れ目】って本当?><新婚夫婦の金銭事情*

ウェディング診断

ためぐ。

ブライダル業界18年。どっぷりウエディングに漬かってます!^^
ハマるととことん突き詰めるタイプで、ある日突然【片付け】にハマり、整理収納アドバイザーの資格も取りました(笑)
自身の結婚・出産・子育ての経験を活かし、お客様に寄り添ったご案内を心がけております♪

関連キーワード

RELATED POSTS あわせて読みたい
ウェディング診断

おしゃれなウエディングアイディアをいつでもどこでも集められちゃう

FOLLOW ME

ウェディングアイデアを見つける

CATEGORY